FL STUDIO 12のクロスグレード版が11,800円(多分過去最安)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FL STUDIO 12 SIGNATURE BUNDLE クロスグレード版(*)11,800(税込み)で販売中です。

日本の(音楽関連商品販売業者の)ロックオンで12/25まで上記の価格でセール中

追記(2017年12月14日現在):価格が上昇してしまったようです。(16,416

これは安い!(私の知る限り恐らく過去最安かと思います。)

 

詳細はこちら
 

(*)クロスグレード版とは、他のDAWソフトのユーザーが対象。

クロスグレード版

FL STUDIO 12 SIGNATURE BUNDLE クロスグレード版は、他社製音楽制作ソフトウェア (デモ版、トライアル版、インターフェイスやMIDIキーボード等にバンドルされた無償版を除く) や対象ハードウェアをお使いの方がご購入して頂けるパッケージです。
ソフトウェアの内容は通常版と同一となります。

クロスグレード対象製品の例は以下のとおりです:

Propellahead : Reason

Bitwig : Bitwig Studio

Ableton : Live

Steinberg : Nuendo / Cubase

Cakewalk : Sonar

Apple : Logic Pro

Avid : ProTools

Magix : Sequoia / Samplitude

MOTU : Digital Performer

PreSonus : Studio One Professional

Internet : Singer Song Writer / ABILITY

Sony Creative Software : ACID / Vegas

Novation : Launch シリーズ

Native Instruments : TRAKTOR / MASCHINE / KOMPLETE KONTROL S シリーズ

  

FL Studioの国内代理店のフックアップ社のサイトを参照:

http://hookup.co.jp/products/image-line-software/fl-studio-12

クログレ対象にNIのTraktorが入っているのが良いですね!「DJからプロデューサーを目指すなら、安くしておくからFL使ってよ!」って事でしょうか。

 

今回のセールはFL Studio 12 SIGNATURE版

FL Studioにはいくつかのエディションがあるのですが、今回セールになっているのは上から2番目のSIGNATUREです。

詳しくは、以下のサイトを参考にしてください。

FL Studio@wiki

「エディションまたはバンドルによる違い」

 

FL Studioと言えば、Mac用のアルファ版が出てかなりの時間が過ぎましたが、進展のニュースがほとんど聞かれなかったので、開発に苦労しているのかなぁと思っていました。

ですがここにきて(10月に)、待望のMac用のベータ版がリリースされました

ここまで来れば、Mac版正式リリースもあともう少しかもしれません。

ところで懸念されるのが、「Windows版所有者にMac版が無料で提供されるのかどうか?」と言うことですが、今のところははっきりしていません。

ですので、Mac版のみ欲しい方は、もう少し待った方が安全かもしれません。

 

* 現在のMacベータ版で出来ないこと一覧は、こちらを参照してください。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク