Korg nanokey2やnanoKontrol2(約三千円)を買うとReason Liteが無料(DJにもオススメのDAW)

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

nanoKey2やnanoKontrol2、nanoPadなどのKorg社製のコントローラー(約三千円)を購入すると(*1)、Propellerhead社のDAWソフト「Reason Lite(*2)」が無料でゲットできます。

実はこれ、かなりお得なオファーです。

 

*1 参考記事:

  突然ですが、現在、PluginboutiqueでAAS社の人気シンセサイザー「Ultra Analog」の機能限定版 「...

 

*2「Reason Lite」は「Reason10(フルバージョン、完全版)」の機能限定版。(WindowsとMacに対応しています。)

スポンサーリンク

Reason Lite

Reasonは、操作系統がシンプルで、他と比べても習得がしやすいソフトです。

加えて、易しいだけじゃなく奥も深い。使うほどに良さが実感できると思いますよ。

(私は、はまり過ぎてブログの更新もおろそかになっています。。)

Reason Liteの主な特徴

http://www.korg.com/jp/news/2018/0528/  のKorgニュースよリ抜粋。)

Propellerhead Reason Lite

 

*Reasonの定評ある音楽作成ワークフロー:技術的なことに気を散らすことなく音楽制作に集中できる。
*スタジオ・グレードのレコーディング/ミキシング・ツールを使用して、作品を完璧に仕上げることが可能。
*9つのプレミアム・インストゥルメントを搭載:シンセ、サンプラー、ドラム・マシン。
*11のエフェクト・プロセッサーを搭載:リバーブ、ディレイ、イコライザー、ディストーションなど。
*Softubeのギター/ベース・アンプ。
*2GB以上のサウンド、ループ、サンプル。
*VSTとRack Extensionプラグインであなたのサウンドを拡張。

  

上記の情報だとReason Lite(機能限定版)がどんなものか、ちょっとイメージしづらいですね。。

もう少し分かるように 、以下に資料を載せておきます。

 

Propellerhead Reason各バージョンの比較 

Propellerhead Reasonには三つのバージョンがあります。

  • Reason10完全版。定価399ドル。)
  • Reason Essentials(現在は、Reason10 Introにリニューアルされています。定価99ドル。)
  • Resason Limited(現在は、Reason Liteにリニューアルされています。Korgのコントローラーに付属。)

 

*旧版のLimitedから刷新されて誕生したLiteですが、まだ出たばかりで詳しい資料がありません。旧版のLimitedと比べると若干の違いがあるようです(後述します)。

*EssentialsはIntroにリニューアルされて、こちらも機能が若干変更されています。(https://shop.propellerheads.se/product/reason-10-intro/

 

 

以下の画像は、旧版のReason Limited、Essentialsと、Reason完全版との比較図です。 

(出典:https://www.propellerheads.se/reason-limited

 

上記画像のように、完全版と機能限定版の間の大きな違いは、
  • 付属の音源やエフェクトなどのツールの搭載数が違う
  • 一つのプロジェクト内(一曲中)で使用できるトラック数に制限がある
ことです。
 
曲中で使用できるトラック数
  
* 完全版のReason10:無制限にトラック作成が可能です。
 
* ライト版のReason10 Intro(99ドル):36個まで。
(16個のインストゥルメント・トラックと16個のオーディオトラック 合計最大32台のトラックを持つことができます。)
*旧版であるReason Essentialは無制限でした。
   
* Korgのコントローラーおまけ版のReason Limited16個まで。
(8つのインストゥルメント・トラックと8つのオーディオトラック 合計最大16台のトラックを持つことができます。)
*新しいLiteについては未確認。
 

 

それ以外の細かいReason完全版と機能限定版の違いは、以下のリンクの記事が参考になると思います。

Reason 9/9 Essentials/Limited の違い #1 By Kiryu – The Beatles Works (Reason解説で有名な Kiryu – The Beatles Works 様が分かりやすくまとめてくださっています。こちらも完全版と旧版のLimitedとの比較です。)
    
 

KorgのおまけのReasonが、Limited版からLite版になって変わったことは以下の三点

喜ばしいことに、Limited版からLite版になって制限がかなり緩和されました。

 

特筆すべき変化は、以下の三点。

 以前のバージョンのLimited版だとReason用の拡張プラグイン「Rack Extension」を使用できませんでしたが、今回のバージョンはLite版でも使用可能になっています。

 

また、以前のバージョン(v9)までは、他社製のプラグイン(VST)を使用できませんでしたが、今回のバージョン(完全版のv10またはLite版でも)VSTが使用可能になっています。

 

⑶ 加えて、Reason Liteには、正規版のReason10の目玉機能の一つであるシンセ「Europa」が付属している!!!

3000円のコントローラーのおまけに、100ドル級の最新鋭シンセ。頭おかしい。。

 

 

未確認情報ですが、以下の画像を見るとKong Drum Designerも付いてる??よね?

KongのReason Liteの紹介サイト(http://www.korg.com/jp/news/2018/0528/)より

 

私はトラックメイキングに、Logic Pro XとReason10を使用しています。

LogicにはビートメイキングツールとしてDrum Machine DesignerとUltraBeatが付属します。どちらもナイスなツールです。

しかし、個人的にはReasonのKongの方が直感的で使いやすく感じています。切れ味鋭い音を簡単に出すことができるので。。(しかも新たに「Drum Sequencer」が仲間に加えられて、より制作がしやすくなりました。)

  


 

特にハウスなどの四つ打ち系のDJなら、最初はLite版からでもそこそこ楽しめるのではないかと思います。

先に述べたように、Korgのコントローラーおまけ版のReason limited(旧版)では、一曲中に作成できるトラック数は16個まで。(8つのインストゥルメント・トラックと8つのオーディオトラックの合計で最大16台。)

(*新しいLiteの最大トラック数は確認できませんでした。)

 

トラック数に制限があっても、シンプルなハウスやテクノなら結構何とかなってしまいますが、より複雑なことをしようと思うと困る場面が出てくるかもしれません。

そこで、私のオススメは、Traktorの「Remix Deck」でプレイする「ループ素材」をReason Liteで作成することです。(ビートや、ベース、リードなど個々のループを作成し、それをTraktorなどのDJソフトウェアで使用する。)

インストゥルメント・トラックの最大台数が8トラック程度でもかなり高品質なモノが作成できるはずです。

 

Traktor Remixdeck


  

Lite版を使ってみてReasonが気に入り、その後、Lite版の機能では物足りなくなったら、完全版に移行を考えればよいでしょう。

過去には限定版(LimitedやEssentials)ユーザー向けのお得なセールが開催されていたので、今後ものんびり待っていれば、完全版を安く購入するチャンスはあるはずです。

(私もKorg nanoKey2付属のReason Limitedを持っていて、セール時にそこからアップグレードしたので安く完全版を買うことができました。)

 

しかも今月の6月13日まで限定で、新しいDrum Sequencer(69ドル相当)を無料でダウンロードすることができる!

Korgの安いコントローラー(nanokey2など)に付属するLite版でも貰えちゃう。

これは凄い。。絶対貰っておいた方がいいブツですよ。

このDrum Sequencer、とても良くできています。ビートメイキングがサクサク進む。

 

 ReasonはDJにもオススメのDAW

Reasonは、肩ひじ張らず気軽に曲作りの楽しさが味わえるDAWです。

数あるDAWソフトの中でも、ずば抜けて直感的なGUIとシンプルな操作性を有するDAW。それがReason。

個人的には、習得がやさしいと定評のあるAppleのGarageBandと比較しても、Reasonはものにしやすいと思います。(理論より直感系なDAW。)

なので、DAWソフトの習得に時間を割くのが難しい多忙なDJや、いままで他のDAW(DTM)ソフトでつまずき、トラックメイキングを諦めていたDJの方には、特にオススメ。

 

他のDAWと比べると、シンプルな分、細かい部分で大味だなと思うところ(*)もありますが、それは他のDAWと比べるからであって、このReasonだけも曲を作ることは十二分に可能です。

(*)多機能で(初心者にとっては)やや難解なLogic Pro Xなどと比較すると、シーケンサーとMIDI打ち込み機能が若干弱め。とはいえトラックメイキングに必要なツールは一式揃っています。

 

音作り(サウンドデザイン)に関しては数あるDAWの中でもトップクラス

シーケンサーやMIDIエディターに関してはシンプルを貫くReasonですが、

音作り(サウンドデザイン)では、数あるDAWの中でも随一の応用力を持っています。

シンセやサンプラーの音源とエフェクト、ユーティリティなどを自由自在に組み合わせることにより、複雑なオリジナリティーにあふれる自分だけのサウンドを創造することができます。

また、その組み合わされたモジュールを合体してCombinatorと呼ばれる一組のコントロールツールとて保存し、いつでも必要なときに呼び出すことが可能です。

複数の音源やエフェクト、ユーティリティなどを複雑に組み合わせ、それらをひとまとまりのコントロールツールとしてロードすることができる。

  

また、ラックを表示中にTabキーを押すと、ラックに収納されている各モジュールの背面が現れ、それらをGUIによる疑似的なケーブルを用いてパッチングすることで、より複雑な音作りができるようになっています。

ラック表示時にTABキーを押すと各モジュールの背面が表示される。ケーブルでパッチングが可能。これもReasonの真骨頂。

 

付属の音源(シンセなど)の完成度が高い!

Reasonに付属する音源は、超即戦力な音源ばかり。他社製のシンセなどを導入しなくてもReason付属の音源だけでもクオリティの高い楽曲の制作が可能です。

(加えて、現行バージョンのReasonからは、外部のプラグイン(VST)も使用できるようになりました。)

 

Lite版にも付属する超定番シンセ「Thor」

 

Reason(完全版)のv10から新たに追加された「Grain」

Grainは新しいサンプル マニピュレーター・シンセサイザー。私のお気に入りのシンセ。

 

Reason Liteが無料で付属するKorgのコントローラー

以下のKorg社のコントローラーを買うともらえるおまけ一覧:
http://korg-license-center.com

Nanokey2

 

Nanokontrol2

 

NanoPad2

 

もっと多機能なnanoKEY Studio、nanoKONTROL Studioでも、もちろんもらえます!

 

 

microKEY Air

 

microKEY2

 

TRITON taktile

 

詳しい記事:

  突然ですが、現在、PluginboutiqueでAAS社の人気シンセサイザー「Ultra Analog」の機能限定版 「...

AKAIのコントローラーでもReason Liteが貰えるようになりました!

MPD218

 

MPD226

 

MPK225

 

MPK261

 

MPK mini mk2

 

LPK25 Wireless

 

LPD8 Wireless

 

 詳しい情報は以下のAKAIのページへ(英文)

http://www.akaipro.com/news/articles/akai-professional-team-with-propellerhead-software-to-create-reason-lite-for-high-powered-akai-controllers

http://www.akaipro.com 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク