Mac + Traktorの不具合、macOS Sierraで解決か?

 

MacでTraktorを使用しているユーザーを悩ましてきたCore Audio関連の不具合

NIのTraktor製作チームとベータテスト参加ユーザーの間で、現在もテストが続いていますが、Traktorユーザーフォーラムにも、その経過報告が、ちらほらと寄せられはじめています。

 

一部のベータテスト参加ユーザーの書き込みでは、

macOS SierraとTraktorの組み合わせでは、(長時間のプレイでも)音質劣化やオーディオ・ドロップアウト(音飛び)などの不具合が解消されてるということです。

しかし、まだTraktor製作チームからの公式な発表はありません。

 

参照元:

Testing MacOS Sierra Public Beta !!! Core Audio is fixed” 100% percent confirmation. | NI Traktor Forumのスレッド

  

Macの新OS・Sierra自体、まだ公式にはリリースされていないベータ版の状態なので、Native instrumens社はそれらの組み合わせの動作保証はしていません。

今のところは、いわゆる人柱状態です。

上記のスレッド作成者でTraktorフォーラムメンバーのMichaelKMusic氏の報告によると、

MacOS Sierra public beta 6 と Traktor 2.10.3.29の組み合わせで、約5時間に及ぶテストを実行。

その結果、今までにあった不具合は全く確認されなかったということです。

 

彼のセットアップは以下の状態。

4Decks使用で、

そのうちの2DecksをDVS。

他の2decksをStems若しくはRemixdeck。それにエフェクト。

それらにキーロック機能もオン。レイテンシーは128。サンプルレートは、41000 hz。

 

この状態でもCPU使用量は30%だったそうです。

 

また、彼の考察では、最近のTraktorは、機能が増えたことによりPCのスペック要求が高くなっているので、ロースペックのPCを使用していると不具合も多くなるのでは?ということです。

 

※ 個人的には(経験上)、Traktorに関しては、2013年以降のMacBook Airや2011年の非レティナMacBook Proクラスの性能のPCなら、動作に問題はないと思っていますが、、。

(ただし、上記のMichaelKMusic氏のような特盛MAXなセットアップだと、MacBook Airレベルだとキツいのかもしれませんが。)

 

これらの情報は、まだ数人のテスターのみからの報告なので完全に鵜呑みにすることはできませんが、期待は持てそうです。

 

もしご自分でもmacOS SierraとTraktorでテストをしてみたい場合は、外付けのSSDやHDDにSierraをインストールして、そこにTraktorを入れてテストしてみるのが、安全な方法かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク