TraktorとMacの不具合はSierraで解決が濃厚な模様

macos-sierra-traktor

このブログでも追いかけているTraktorとMacのCore Audio由来の不具合に関する動向。

どうやら、新OSのmacOS Sierraにて解決が濃厚になってきました。

Native Instruments(NI)社のコミュニティサイト内のTraktorのフォーラムにて、続々とユーザーからの不具合が解決しているという報告が上がってきています。

参照元:

Testing MacOS Sierra Public Beta !!! Core Audio is fixed” 100% percent confirmation. | NI Traktor Forum

 

ただしSierraは今のところはNI社の公式のサポート外なので、確実を期したい方はもう少し待った方が良いかもしれません。

SierraとNI製のハードウェアに関する動作確認の発表はNIからすでにありましたが、ソフトウェア側の対応に関しては、未だ公式には発表されていないのでサポート外となっています。

参照ページ(2016年9月26日現在):

Traktorの仕様書のページ (システム要件では未だEL Capitanまでの表記)

Traktorフォーラムのモデレーターであるカルロス・サントス氏の発言(2016年9月20日)

macOS SierraとNI製品の互換性(ソフトウェアの互換性は確認されているが公式のサポートはまだの状態)

また、NI社から、古い自社製ハードウェアのサポートの打ち切りが発表されました。

  • TRAKTOR KONTROL S4 MK1 (第一世代)
  • TRAKTOR AUDIO 2 MK1 (第一世代)
  • AUDIO 2 DJ
  • AUDIO 4 DJ
  • AUDIO 8 DJ

※ AUDIO 8 DJに関しては、Sierraでも問題なく使用できているという報告も(Traktorフォーラムで)一部のユーザーからあがってきてはいるようです。

NI側の公式の発表では、上記の古いハードウェアを継続使用するならOSは上げない方が良いと言っています。

追記:一部のユーザーからの報告では、Sierra+Traktorで、ブラウザのスクロールが正確に動かない不具合に直面しているようです。

参照:

https://www.native-instruments.com/forum/threads/testing-macos-sierra-public-beta-core-audio-is-fixed-100-percent-confirmation.308513/page-4#post-1533409

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク