お値段以上の高級感「Jisoncase」のMacBook用ケース 作りが良くておすすめです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旧型(2015年モデル)のMacBook Proの15インチ用に買ったケース&カバーが、なかなか良いものだったのでレビューがてら紹介します。

  

プラスチック製のハードカバーは外すのが大変

MacBook用のカバーでといえば、プラスチック製の固いはめ込み式のタイプが定番ですが、あれ、自分は好きじゃありません。

こんなやつ。

このタイプのもの(と言うかまんまコレ)を、MacBook Air用に2度ほど買ったことがあります。

プラ製のハードカバーば一度装着してしまうと隙間なくガッチリはめ込まれるので、外すのが大変。私の場合、外すときにカバー自体割れてしまい同じものを買い直しました。

懲りずに再び買ったそのカバーもずっと使っていると熱がこもるのが嫌で、結局短期間で使うのをやめてしまいました。

やめる時もまたひと苦労で、カバーを外すのがやはりが大変だった。固すぎ!

ああでもないこうでもないといじくりまわして、硬いプラスチックの爪の部分でMacBook Airの筐体に傷をつけてしまいました。単に自分が不器用なだけなのかもしれませんが、散々な思い出。

 

私のように付けたり外したりする予定がない方なら、プラ製のハードケースはがさばらないし、見た目的にもスマートで良いかもしれません。

 

ハードケースタイプは種類が多くて質はピンキリのようです。ちまたで高評価なのは、日本企業のパワーサポート社製の商品。中国企業のノーブランドの物と比べると結構なお値段。

MacBook Pro Retina 15インチ用

MacBook Pro Retina 13インチ用

  

スポンサーリンク

JisoncaseのMacBook(Pro, Air)用ケース

革製のカバーの方が着脱しやすくてMacBookに優しい

プラ製のカバーはもう懲り懲りだったので、現在は(従来から使っているMacBook Air用に)着脱が容易なレザーカバーを見つけて、それをずっと愛用しています。

熱がこもる作業の時は簡単に外すことができるのでこっちの方が自分の使い方には合っているようです。

   

先日購入したMacBook Proでも、同様のPUレザー製のカバーを買ってみました。今回はちょっと高めのJisoncaseというブランドのものです。

これ、中々良いモノです。

この価格にしては、質感は高いと思います。

 

 作りは、かなりカッチリ&シッカリしています。

プロテクト力は、他のカバーと比較しても高い方だと思います。

しかし、その分若干重めです。もともと重めな15インチに装着すると少々ずっしりきます。

 

綺麗な化粧箱に入って届きました。

 

他のMacBook用のこのタイプのレザーケースだと、なぜか角の部分がカバーされていない商品が多いのですが、こちらのケースはちゃんと角まで守られています。

やはり安心感が違いますよ。

 

安いものだとこんな感じで角の部分が守られていないものが多いのです。

KuGi Apple Macbook Pro 13インチ 2016 ケース 高品質シェルカバー PUレザー カバー 超薄型 超軽量 衝撃吸収 バンパー 傷つけ防止 MacBook Pro Touch Bar搭載モデル に対応 保護カバー ブラック

KuGi Apple Macbook Pro 13インチ 2016 ケース 高品質シェルカバー PUレザー カバー 超薄型 超軽量 衝撃吸収 バンパー 傷つけ防止 MacBook Pro Touch Bar搭載モデル に対応 保護カバー ブラック

[NEXARY] MacBook Pro Retina 13 インチ ハードケース / デュアルマイク 対応、金型跡無し、丈夫なゴム足、ACアダプタポーチ セット (半透明 PR13 マットブラック)

[NEXARY] MacBook Pro Retina 13 インチ ハードケース / デュアルマイク 対応、金型跡無し、丈夫なゴム足、ACアダプタポーチ セット (半透明 PR13 マットブラック)

 

 細かな部分の縫製処理も丁寧。 


サービスショット、、。

 

このカバーのマイナスポイントが、コレ。

ディスプレイ側を固定する留め具がゴム製なのです。

※ 写真のゴム紐が一部ほつれて見えるのは、実際ほつれているのではなくマウスポインタです。

この見た目は、人によっては気になる方もいるでしょうね。

私的には見た目自体はそれほど気にならないのですが、ほんの少し(約5ミリほど)ディスプレイの角がゴムで隠れてしまうのがいただけない。

ちょっと隠れているだけなので、使用上の不便まではないのですが、他の部分がよくできている分、やはりこの辺はなんとかして欲しかった。もう慣れてしまったので、気にならなくなりましたけど。。

ゴム紐の強度自体は悪くはなさそうです。 まあ、最悪ゴムが緩んで来れば、自分で新しいゴム紐を縫い付ければ良いかな。。

 

追記:

最近はディスプレイをゴムで固定せずに使っています。上側のカバーを折り曲げて角度を付けることが出来るのです。この方がリンゴも光りますよ。

 この角度が何気に作業しやすい。

 

MacBookをしまうときもゴムをとめずにそのままもう一つのケースに入れています。

  

 

 

裏面

排熱用の通気口があります。

このJisoncaseは、素材自体に排熱効果のあるものを使用しているそうです。そのせいか、または、この通気口せいか、従来からMacBook Airで使っている安いケースと比べると熱がそこまで籠らない感じです。

 

もちろん、MacBookが熱くなりがちな高負荷な作業をする場合は、ケースを取り外して使うのが安全ですが、その前に、以下の画像のように、ディスプレイ側のプロテクターを折りたたんで、MacBookを浮かせて排熱効果をあげるのも良いかも。

 


そして、このパームレスト。感触がサラリとしていて気持ちが良い。

このケースでもパームレスト全体がプロテクトされていますが、安物だとスペースキーがあるキーボード最下部にカバーが干渉していることが多い。

このJisoncaseは、その部分も綺麗に処理されています。

総評

この品質で4000円前後で買えるなら、お買い得だと思います。

短所は、

ディスプレイ側を固定する素材がゴム紐製なこと。そのゴム留めが(ほんの少しではあるが)ディスプレイの角を隠してしまっていること。
若干重いところ。
PUレザーは本皮よりは軽いが、本皮ほどは耐久性に富んではいない。

  

長所は、

適切な素材の選定、通気口付き、細かな部分の処理など、作りや質感がお値段以上にしっかりしていること。
プロテクト力が他の商品と比較しても高めなこと。
プラケースと比べ圧倒的に着脱しやすいこと。
他の同様の製品と比べ高級感があること。

私の結論:買って良かった!

 

MacBook Pro 15 Retinaディスプレイモデル用(〜2015年モデルまで対応)

 

MacBook Pro 13 Retinaディスプレイモデル用(〜2015年モデルまで対応)

 

MacBook Air13インチ用

 

MacBook Air11インチ用

 

MacBook 12インチ用

次回は、MacBook用に買った、もう一つのケースを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク