海外旅行に持っていくMacBookはどれがベストか?

 

海外旅行に持ち運ぶMacBookはどれが良いのか? 個人的には、今までの旅の経験上、それは意外とはっきりしています。

 

スポンサーリンク

大型のPro15は荷物の多い海外への長旅には不向きかもしれない

前回はMacBook proの13インチと15インチモデルの、主にスペック上の比較について触れてきました。

今回は、それらの重量とサイズ感について海外旅行に帯同する面で考察を深めていきたいと思います。

 

長時間MacBook Pro 15インチと13インチをじっくり使い比べてみました。

結果、やはりどう考えても15インチの方が表示領域が広く快適です。たった2インチの違いなのに、使用上の快適度は倍以上の違いを感じさせます。持ち運びを含めない純粋な使用感だけに絞れば、15インチモデルが圧倒的に優れていると言ってしまって良いでしょう。

15インチの見やすいディスプレイは、まさにRetinaの本領発揮といったところです。

 
しかしながら、15インチはモバイルするには結構な重量(2.04 kg)があります。
ちなみな私は、現在モバイル用途で使用しているMacbook Air 11インチの前は、MacBook Pro 15とほぼ同じ重量の13インチのポリカネードのMacBookを使っていました(重量:2.27kg)。
 
しかし今となっては、(そこそこ体力がある成人男性の)私個人でも、この15インチProを持って海外をほっつき歩くのを想像したあと、ちょっと考え込んでしまいました。
    
旅先では、あまりに重いノートPCを使用していると、宿に置きっぱなしで外出してしまうことも増えるでしょう。

東南アジアや南アジアあたりをウロウロしている自分の周りでは、MacやPCの盗難はありふれた話です。海外では唯一のプライベート空間である宿の中でも貴重品の扱いに関しては気が抜けません。。

 

 

その点現在使っているAir11インチは非常に優秀です。
 
 
 
MacBook Air11インチなら、どこへでも気軽に肌身離さず持ち歩くことが可能です。小さければ、ホテル室内の隠し場所にも困らない。

 
治安の悪いところに行くときは手ぶらが安全なので、PCは宿に置いて持ち運ばないことも多いですのが、いざとなれば、体に張り付けてズボンの中に隠し、手ぶらを装う事さえ出来てしまう(しないよね、普通)。
  
私的な事ですが、海外ではそこそこ治安の悪いところにも足を運びます。そんな時は、身の回りのセキュリティや持ち物の管理に注意を払わざる得ません。海外の旅ではホテルの部屋以外は殆どが公共の場なので、常に未知の他者の目に晒されていると思って行動せざる得ません。ことさら貴重品の管理に神経を使います。
   
ただし、ごく一般的な海外旅行ならMacBook程度の貴重品の管理に、そこまで神経質になる必要はないのかもしれませんが。。
 
セキュリティを考慮に入れた機種選択に関しては、ご自身の渡航先やよく利用する宿泊施設のレベルなどを熟考して、慎重に決断されるのが良いでしょう。


本格的な動画編集や、LogicなどのDAWの作業には断然15インチMacBook Proがフィットしますが、上記のセキュリティやモバイル性も考えると、大きなPro15の購入を気軽に決断する事は出来ません。
   
 
以前は、現在の15インチモデルとほとんど変わらない重量のポリカーネードタイプのMacBookを海外旅でも使っていましたが、MacBook Airの取り回しの良さに慣れてしまった今となっては、2kgを超えるノートを持ち運ぶのは正直しんどい。
旅の生活の中で、荷物は軽ければ軽いほど日々の移動が楽になるのを身を持って学習してきました。身軽だと自然と行動力もグンと増します。
   
海外で長期間快適に動き回るなら1.6kg弱の13proが、個人的にはギリギリのラインだと思われます。
 
旅の移動にのみスポットライトを当てるなら、MacBook Air 11インチモデルは、まさに異次元な快適さを旅人にもたらしてくれます。
 
高々数百グラムの差など大したことがないと思っていましたが、いざ長時間持ち運んでいるとそのわずかな差が、旅の快適度を大きく左右することに気付かされます。
 
  
とはいえ、MacBook Pro 15インチは、元気な方が国内の短距離な(通勤などの)移動や、車での移動で持ち運ぶ程度なら、許容できる重量、大きさだとは思います。(MacBook Proの15インチモデルは、開いた状態だとかなりデカく感じますが、閉じると結構コンパクトですし。)
 
 

私自身の結論

あちこち動き回る海外旅行なら断然MacBook Air。(特に11インチモデルは素晴らしく便利。)
また、(ポートが電源供給も含め1つのみと)拡張性を気になさらない方なら、新型MacBook 12インチモデルは旅のお供には最高でしょうね。
 
渡航先が海外で中長期の旅行なら、重量的にMacBook Pro13インチが快適度を大きくは損なわないであろうギリギリのライン。
  
車移動や通勤程度の行動範囲なら、MacBook Proの15インチでも何とかなるかもしれないが、他に多くの荷物がある海外旅行では、かなりの無理をしないといけない場面に遭遇することがあるかもしれません(特に、荷物を抱えてあちこち頻繁に移動するバックパッカー的な旅の場合はなおさらでしょう)。

  
※ 新型MacBook Proが発売された現在では、15インチも(約10%)軽くなりましたので、そこまで悪くはない選択かと思います。
 
 
ここから2017年2月追記
 
と、こんな記事を書いておきながら、かくいう私は、最近旧型(2015年)のMacBook Pro 15インチモデルを購入してしまいました。
 
DAW用途を考えるこれ以外の選択はなかったので仕方ありません。
もちろん、今ではこの旧型MacBook Pro 15が旅のメイン機です。
   
  

2kgオーバーの15インチMacBook Proを持って海外をほっつき歩くのは、やはり体力がいりますよw。

このMacBooK ProとDAW用のオーディオインターフェイス、DJ用のポータブルミキサーとコントローラー、ヘッドホン、その他外付けHDD、SSD、タブレットなど。それら機材類でかなりの重さになっています。
それに、着替えや何やらで17kgは必ず超えてしまいます。(*1
  
そこそこ体力のある成人男子の私でも、この重さの荷物を持って、気温が常に30超えで湿度も高い東南アジア界隈をうろつくのは結構大変です。
  
それらの荷物を、このコールマンの50Lのザックに入れて運んでいます。
50Lクラスの大容量ザックの中では最軽量クラス。
それにもかかわらず、背中や腰の部分のクッションがしっかりしているので、長時間でもなんとか背負って行動する事ができる。助かっています。

  
*1 歩きメインで気楽に海外で動き回るなら、(バックパックで背中に荷物を背負っても)10kg以内に抑えたい。いくら何でも17kgは重すぎる。移動が嫌になるレベル。
  
また、最近流行りのLCC(格安航空会社)を使う旅なら、機内持ち込みは7kg以内が多い。預け荷物を追加すると結構出費が増えて、せっかくのLCCの安さを享受できない。
その辺を考えると私の選択は愚かですね。。
 
今なら、新型のMacBook Pro 13インチモデルが、旅のお供としては最適解ではないかと感じています。
  
私の場合は、海外で旅というより生活しているので、クリエイティブな作業さえも全てを一台で済ませられる15インチ以外の選択肢はなかったのです。
 

先日、MacBook Pro購入ついでに、このケースをAmazonで購入しました(2017年1月)。撥水加工でプロテクトも中々いい感じです。そして、何と言っても軽い。おすすめです。

GEARMAX インナーケース マックブックケース Macbook Pro 15/Macbook Pro Retina 15 /ラップトップ 用ケース 14インチまで対応 撥水加工 オシャレ (15.4インチ, グレー)

15インチ用

13インチ用

レビュー記事書きました。

超軽い! MacBook用GEARMAXインナーケース

 
はじめてのマック2016 ~Windowsとは違うMacのキホン~ (Mac Fan Special)

次回は、

「MacBookの代わりにWindowsのノートはどうだろう?」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク