MacのファイアウォールアプリMurusとVallumのセットがブラックブライデー特価

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Macのセキュリティーを向上させるためには不可欠な感があるファイアウォール・アプリケーション。

普通に買うと結構高い買い物になります。 今ブラックフライデー中で、お得になっていますよ!

スポンサーリンク

Macに対するファイアウォールソフトには大きくわけて2つ異なるアプローチがある

Macに対するファイアウォールソフトには大きくわけて2つ異なるアプローチがあるります。

 

一つは、アプリケーション単位で通信の許可不許可を制御していく

アプリケーション・ファイアウォール

 

もう一つが、パケットフィルタを制御する

PF(ファイアウォール)

 

 

私は「アプリケーション・ファイアウォール」とPF、両方使用しています。

  

「アプリケーション・ファイアウォール」で、代表的なソフトは、HandsOff!Little Snitch

私はHandsOff!を使用中です。インストールしたアプリが勝手に外部と通信しないように自動監視したい私には、このソフトは非常に有効です。

  

 

かたや、PF(ファイアウォール)。

こちらは、パケット単位で通信を制御、監視するファイアウォール・ソフトです。

PFは、アプリケーション・ファイアウォールと比べても、設定がやや難解なのですが、活用できるようになるとセキュリティーの更なる向上が見込めます。

 

こちらの代表的なソフトは、イタリア製のMurus。(私も使用中です。)

screenshot

 

Murusは非常に良くできたソフトで、難解なパケットフィルタを制御する設定を、ほぼ自動化してくれます。

プリセットを選んでその後微調整すればいいだけ。

なので、従来のPF(ファイアウォール)とは比較なならないほど容易な運用が可能になりました。かなりお手軽です。 

 

記事あります。

フリーのMac用ファイアウォール「Murus Firewall」の設定方法 〜MacBook Airのセキュリティ対策 4
   旅先などで、国内外の公共無線LANなど、信頼度の低い通信設備に接続する可能性のあるMacには、ぜひ入れておきたいオススメのファ...

 

Murusで特定のサイトをブロックする方法 (Murusの使い方 その2)
手頃な価格だが多機能。そして慣れるととても使いやすいMac用のパケットフィルタ(ネットワーク・ファイアウォール・アプリ)「Murus」。 ...

 

Murusの使い方 その3 「Network interface」
Murus導入当初は、設定画面左側に表示することができる「Network Interfances」の記号じみたマーク群の意味がよくわからなか...

 

Vallum

そして、このMurusが、数年前からアプリケーション・ファイアウォールの開発を始めました。

Vallum」と言うソフトです。

  

Vallumの通常価格は、15ドルです。

販売価格が40ドル前後するLittle SnitchやHandsOff!などの競合ソフト比べ、かなり安価に設定されています。

 

このVallum。まだ新しいソフトですが、Murus同様、海外のギーク達の間では好評になっているようす。

(個人的にはアプリケーション・ファイアウォールはHandsOff!を使用しているので、Vallumはまだ購入していないのですが、気になるアプリでした。)

    

MurusとVallumのセットが半額の17.50ドル!!

今回、そのVallumとMurusのセットの特別価格セールが、今期のブラックフライデーセールに登場しています。

通常価格35ドルのところが、半額の17.50ドルになっています。

 

MurusVallum
 Murus Pro Bundle – Black Friday Edition
17.50!

 

サードパーティのファイアウォールの導入を検討している方には、かなりお得な嬉しいオファーかと思います。

この価格で、PFとアプリケーション・ファイアウォールの両方が手に入るとは。。良い時代になったものです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク