MacのSiriを完全にオフにする方法

macOS Sierraのアクティビティモニタを見たら、システム環境設定で停止させているはずのSiriがバックグラウンドでが動いていたので完全にオフにします。

アクティビティモニタを見てみるとわかるが、システム環境設定で、「Siriを有効する」にチェックを入れていなくても、なぜか、Siriのプロセスはバックグラウンドで動き続けている。

自分用の備忘録ですが、ここに置いておきます。

スポンサーリンク

方法

一時的にSIPを切る必要があるので、自己責任で行ってください。

SIPを無効にする

1. リカバリモードで起動。(Powerボタンを押したらすぐに、CommandとRキーをアップルマークが出るまで押し続けることで、リカバリモードの起動ができます。)

 

2. 上部メニューバーのユーティリティのターミナルを起動。

 

3. csrutil disable と入力し、Enterキーを押す。

 

4. 再起動する。

 

SiriのPlist(プロパティリスト)を編集する

次に、Siriの自動起動の原因になっているcom.apple.Siri.plistを編集します。

1. ターミナルを開く。

 

2.  sudo nano /System/Library/LaunchAgents/com.apple.Siri.plist  とタイプする。(コピペでOK。)

これで、Root権限でnanoエディタでcom.apple.Siri.plistの内部を編集できるようになります。

 

3. 文字列の中の  <key>Disabled</key> <false/> を探す。

<key>Disabled</key> <false/> から <key>Disabled</key> <true/> に変更する。

* 文字を打って変更する時、カーソルをその部分まで持ってこないと編集できないので注意。

 

4. ControlキーとXキーを押して、その後、yキーを押す。その後Enterキーを押す。

 

5. Macを終了させる。

 

SIPを有効にする

このままではセキュリティに問題があるので、SIPを再びオンにする必要があります。

 

1. 再び、リカバリーモードで起動する。

(Powerボタンを押したらすぐに、CommandとRキーをアップルマークが出るまで押し続けることで、リカバリモードの起動ができます。)

 

2. 上部メニューバーのユーティリティのターミナルを起動。

 

3. csrutil enable と入力し、Enterキーを押す。

 

4. 再起動する。

 

 

アクティビティモニタの右上の検索窓にSiriと入力して、何も出てこなければ作業成功です。

元に戻したい場合は、この作業の逆をやれば良いです。

 

参考記事:http://apple.stackexchange.com/questions/258816/how-to-completely-disable-siri-on-sierra

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク