モバイルに便利な超小型な冷却用PCスタンド (MacBook Pro & Air、PC共用)

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近、MacBook Pro 15(2105)の温度がひどいことになっていたので、冷却用PCスタンドでその対策を施してみた。

スポンサーリンク

我がMacBook Proは容易に高温になる

まだ購入後一年ちょっとしか経っていないが、暑い地域で使用していることもあり、70度超えが頻発する(70度は筐体内部の温度。CPUの温度は90度を超える)。

  

 

私の環境では、以下の状態の時、特にMacの温度が上昇する。

『DAWソフトのPropellerhead Reason10を使用しているとき』(*1)
『Logic Pro Xで重めなプラグインを使っているとき』
『SafariやSRware Iron(Webブラウザー)で、Googleマップのストリートビューを閲覧しているとき』

 

(*1)参考記事:

  Propellerhead Reasonについての考察メモ。 Propellerhead Reason10とMacBoo...

   

Logic Pro X使用時。負荷が高めのプラグインを使用するとあっさりCPUの温度が90度辺りまで上昇する。

(ちなみに、軽くWebブラウジングしているときやiTunesで音楽を聴いているときなどは、30度台から50度前半を行ったり来たり。)

 

上記の三つは、どれもCPUをシバキ倒す作業なので仕方がないのかもしれない。

とはいえ、Macが長時間高温状態になるのは、(末長く健やかに使用していく上で)可能なかぎり避けた方が良いのは確かだろう。

 

実際は、Derman fancontrolsmcfancontrolなどのサードパーティ製のファンコントロールアプリを使ってファンを強制的に回せば、筐体内部の温度はかなり下がる。

     Mac用のファンコントロール(回転速度の制御)アプリはMacs Fan Controlを使っていました。しかしこソフト...

このファンコントロールアプリを使う方法は効果的だが、使用し過ぎるとファン自体の劣化を早める恐れもある。

 


 

そんなこんなで、ここ最近時間をかけて色々対策を講じてみた結果、以下の2つの作業でMacBook Proの温度が下がることがわかった。

 

1. MacBook Proの内部のお掃除
2. 冷却用PCスタンドの使用
 
 
 1. の内部の掃除に関しては、裏ぶたを特殊なドライバーを使って開く必要があるので、Appleの保証期間中に行うのは推奨できない。
 
  
MacBookの裏ぶたを外すためのドライバーは通販で簡単に入手できるが、
Macの内部を開くときや清掃時に、内部を損傷させた場合、Appleの保証適用から外れる可能性が高い。
なので、個人的には、Macの保証が切れた頃にやるようにしている。(環境によっては一年程度でも埃はかなり溜まることも。)
 
 
また、MacBookでも型や年代で必要なドライバーの型式(ネジ穴の型)が異なる場合があるので、ドライバー購入は、キッチリ調べてからにした方が良い。

参考記事:

MacBook Air11インチの2013年モデルを使用し始めてはや2年。 USBポートが若干ゆるんできた。そんなに力を入れなくても抜...

 

 

2. の冷却用PCスタンドの使用。こちらは簡単に対策できて効果も高い。

私の場合、移動の多い生活なので、据置型の冷却スタンドは日本の自宅以外では使用できない。できれば日常的ににハイパワーな冷却スタンドを使用したいところだが、海外生活では妥協し、コンパクトなものを使っています。

 

可能なら定番のこいつを使いたい。

 

私が海外のお供で使用しているのはこっち。

単に底部に隙間を作ってあげるだけだが、これだけでも効果は思いのほかある模様。

最初、自分は本などで代用していたのが、本だと安定感が良くないのと本に触れる部分が意外と熱くなったので本を台にするのは止めた。

 

アマゾンでは上記のように色々な会社から同じようなモバイル向けスタンド発売されてが、中身はほぼ同じだった。(2回別のところから購入したが、ロゴがあかナシかだけでまるっきり一緒だった。)

 

ひっつけて一個にまとめることが出来る。

 

表側

裏側

 

しっかりゴムが付いているので安定感が凄く良い。

 

移動の多い私にとってはこのコンパクトな冷却スタンドは必需品と化しています。

 

この冷却スタンドを使いつつ、扇風機をあててあげると一層効果が増します。移動の多いモバイラーさんにはお勧めの逸品です。安いしね。。

 

Mac用のファンコントロールに関する新しい記事あります。

*2018年6月現在、私はフリーのDerman fancontrolの使用をやめて「TGPRO」と言うファンコントロール・ソフト(シェアウェア)を使用しています。

こちらの方がMacのファンモジュールへの負担が低いようです。

 

TG PROのレビューと解説記事あります。良かったら参考にしてみてください。

TG PROの解説からすぐに読みたい方は、こちらからどうぞ。     Macが高温になりやすい季節になってきましたが、皆さまい...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク