MacBook Airのディスプレイを見やすくして目をいたわる4つの方法

 

非の打ち所のないノートPCであるMacBook Airだが、ディスプレイの性能が唯一弱点と言えるかもしれない。デフォルトで使うととにかく目が疲れる。

私は、以下の4点の方法で、MacBook Air使用時のディスプレイの快適度を向上させている。

これからその4つの方法を見てみよう。

1. カスタムカラープロファイルの導入と、プロファイルチェンジャーのメニューバー常駐化

2. Brightness Sliderの使用

3. Tranquilityの使用

4. f.luxの常駐化

 

と、その前に、

MacBook AirのようにRetina液晶ではないMacを使っている場合は、ディスプレイのコントラストを上げた方が画面がハッキリとして見やすくなります。

方法は、環境設定を開いて、アクセシビリティをクリック。

18 5.54.44

ディスプレイの項目にある、「コントラストをあげる」にチェックを入れます。

-18 5.55.09  

これで、コントラストを上げる前よりは良い感じなるはずです。

それでは、MaBook Airのディスプレイをもっと見やすくするための本題にまいりましょう。

スポンサーリンク

1. カスタムカラープロファイルの導入 + Profilemenuでメニューバー常駐化

カスタムカラープロファイルの使用は、今ではかなりポピュラーな改善方法になったようだ。

以下のサイトが詳しいので、ぜひ参考にしてほしい。

リンク先: 液晶キレイ! MacBook Air用 Newカラープロファイル(for LG,AUO)

上記のサイトで気に入ったプロファイルも入手できる。幾つかプロファイルを入手できたら、Profilemenuというアプリを導入しよう。

Profilemenuは、複数のカラープロファイルを、メニューバー上で管理できます。それにより瞬時に複数のカラープロファイル変更することが可能になる。

スクリーンショット33

矢印

スクリーンショット 26 

詳しい使い方や導入方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

MacBook Airのカラープロファイルを常に一発で変更できるようにする方法

上記の拙著の方法で、複数のプロファイルをメニューバー上で簡単に変更できるようになる。プロファイルの切り替えが一発で変更でき、より利便性が増すのでオススメです。

   

2. Brightness Sliderの使用

「Brightness Slider」はメニューバーに常駐してスライダー形式でディスプレイの輝度を調整を可能にするソフト。

Brightness Slider
Developer: デベロッパ:ACT Productions
Price: Free

このアプリの良いところは、デフォのシステムの輝度調整より細かく調整可能なところだ。

キーボードのF1とF2でのデフォルトの輝度調整は16段階とこれもまあまあ細かいが、最低輝度の1と真っ暗の0の間の調整がもっと欲しい時がある。暗い場所だと、最低輝度の1でもまだ明るい。

Brightness Sliderは最低輝度の1よりも暗く調整することが可能だ。

スクリーンショット45

  

3. Tranquilityの使用

このソフトが今回のメインテーマ。「Tranquility」 いうナイスなアプリ。

ダウンロード先:

Tranquility1.1.2 @github.com

(Githubでソースコードが公開されているソフトなので安心感が高い。)

  

私は、夜はオレンジ色のやわらかい照明でPCを使っているので、白色系が背景のサイトなどがかなり眩しく感じる。

そんなときに便利なのが、このTranquilityというアプリ。

Tranquilityの動作はいたってシンプルで、基本的には画面のカラーを反転させるだけ。

ただ反転させるだけだが、使ってみると、これがとても目に優しい。

もちろんカラーを反転させるので、黒などの暗めの色は、逆に、若干明るめになってしまうが、一般的なWebサイトは明るい色が多いので、使用する価値は高いと思う。

ただし、画像や動画は、写真のネガを見ているようになるので鑑賞には全く向かない。あくまで、暗い場所でテキストを読むときに効果を発揮するアプリだ。

  

実はこのアプリを使わずとも、システム環境設定のアクセシビリティーのディスプレイの「カラーを反転」のチェックを入れれば良いのだが、このTranquilityはその作業工程をメニューバーのアイコン(もしくはDockのアイコン)に集約してくれる。これがかなり便利。

スクリーンショット 29

矢印

スクリーンショット 2015-07-22 22.07.29

  

上記画像のように、

メニューバーのアプリアイコンをタップした後、「Switch to Night」の項目をタップでオンオフの切り替えができる。(これだと2アクション)

それでも十分に便利なのだが、

私は、TranquilityのアプリアイコンをDockに入れている。

この方法だと、一度、Dockにあるアプリアイコンを一度タップするだけで起動のオンオフが出来て尚のこと便利だ。

スクリーンショット 2015-07-22 22.47.15

  

以前はブラウザ(Firefox)のアドオンでダークなナイトモードが使える「Night Mode Eye Guard」を使っていたが、OS丸ごとナイトモードに出来るTranquilityに移行し快適度が増した。

しかし、Night Mode Eye Guardは、動画の鑑賞時にカラーが反転することがなく普通に見られるので、暗い場所でテキストも動画も見たい場合の選択肢になり得る。(ただし、 Youtube鑑賞時にシークバーが消えて見えなくなってしまう不具合がある。そこが若干使いづらい。)

  

他にも、ブルーライトをカットするとの触れ込みの「f.lux」などもあるが、リソースを結構消費しているように感じた。加えて、Winで使用していた時ネットワーク接続の要求がしつこかったりと自分にはあまり馴染まなかった。

 

ここ数年いろいろ試行錯誤してきたが、上記三点の方法が個人的には最適解だ。これらの方法のおかげでMacBook Airのディスプレイの使用感が、以前よりずっと快適になったと思う。

追記(F.LUXについて)

2016年6月紆余曲折を経てF.LUXを再び使用しています。ブルーライトカットのため画面がオレンジ色っぽくなるのが気持ち悪かったのですが、3ヶ月ほど我慢していたら、慣れてしまい、以外と快適と感じるようになりました。

色目は結構くせがあるので、好き嫌いが分かれると思いますが、目には良いそうなので試してみては?

Mac版のf.luxに関しては、一度現在地を登録してしまえば、それ以上ネットの接続(Phone Home)を試し見ることはないようです。

f.luxダウンロード先:https://justgetflux.com/

実は、f.luxには、上記のTranquilityと同一の機能である「画面のカラーを反転」が、付加機能として盛り込まれています。

fluxをインストールするとメニューバーにアイコンが現れるので、それをクリック。

Color EffectsのDarkroomにチェックを入れると、Tranquilityと同様の「画面のカラーを反転」エフェクトにすることができます。

5.31.42

しかし、そこまで到達するまでのアクションが、メニューバー → Color Effects → Darkroomにチェックと3つあるので、Dockに起動用アイコンを置けるTranquilityの方がより素早くディスプレイにエフェクトを掛けることができます。

現在は、

上記1番から3番のアプリとF.LUXをその時のTPOに応じて併用しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする