ローカルスナップショットをオフ(MacBook AirのSSDをいたわる その1)

 

 

Macbook AirのSSDは壊れると交換費用がバカにならないので、余計なデータは極力書き込ませないようにしている。SSDは丈夫になったのでこのような設定は、おまじないに過ぎないかのもしれないが、自分に必要がない機能はオフにしておきたい。

自分の環境では、大事な作業時には外付けのHDDにTimemachineでこまめにバックアップを取っている。

ローカルスナップショットとは、簡単に言うとTimemachine用の外付けHDDがMacに接続されていないときでも、Mac自身の内蔵ストレージに一時的にバックアップデータを書き込んでおく機能。

ローカルスナップショットで、わざわざリソースを消費するバックアップデータをSSDに書き込む必要はないと思っている。この辺の考え方は人それぞれだろう。

私は、自分が必要なときに手動でバックアップを行うようにしているので、ローカルスナップショットの必要性は感じていない。したかってオフにする。

スポンサーリンク

ローカルスナップショットをオフにする方法

ターミナルを起動して

sudo tmutil disablelocal

と入力。

戻す時は、

sudo tmutil enablelocal

と入力。

以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする