Murusで特定のサイトをブロックする方法 (Murusの使い方 その2)

手頃な価格だが多機能。そして慣れるととても使いやすいMac用のパケットフィルタ(ネットワーク・ファイアウォール・アプリ)「Murus」。

アウトバンド制御が可能な有料版のMarus Basicなら特定のIPアドレス、Hostsを遮断できます。設定も簡単。

もしかしたら誰かの役に立つかもしれないので、以下にその設定方法を記しておきます。

(先ほど試したところ無料版のMurus Liteでもこの作業は可能なようです。)

スポンサーリンク

一番簡単な方法は、設定画面左下にある「blocked-hosts」を使用する方法

1_1

まず、Murus設定画面の上部にある正三角形と逆三角形のマークのうち、正三角形の方をクリックして、外向きネットワーク制御の設定画面に入る。

地球にスパナマークのDNSマークについている正三角形マークが緑色になっているのを確認。

(万が一、赤や黄色の場合はカーソルをDNSのアイコンに持って行き、『X』ボタンで一度消去。

その後、左のサービスライブラリーから、DNSのアイコンを元にあった位置にドラッグアンドドロップ。これで緑色になるはず。)

左下の「blocked-host」を使用する。

1_2



「blocked-host」アイコン左上のルーペマークをクリック。

2

出てきた設定窓の『+』をクリック。

3_1

下の図のように、ブロックしたいIPアドレスかネットワークアドレス(Host名)を記入する。

その右横の『+』をクリックで登録。

3_3

登録できた。

3_5

下の画像は、試しにgoogleやyahoo Japanをブロックしてみたところ。IPアドレスだけではなく、ネットワークアドレス(Hosts)でも簡単に登録できる。

Host名で「www.」があるものは、きちんと「www.」もつけないとエラーになるので注意。

4_01

登録できた。

4_2

ルールーを設定し終わったら、設定画面右端の上にある三角形マークをを押してファイアウォール実行でOK。

もう一つの便利方法も紹介しておきます。。

自分でカスタムグループを作って管理する方法

自分でルールを作成して、そのルールをブラックリストに放り込む方法。

この方法の利点は、ルールをプロファイル化(グループ化)できるので、その時々のTPOに応じて特定のルールのみブロックしたり解除したりと細かい設定が可能になる。

設定画面左中部の「グループライブラリー」の歯車マークをクリック。

add new custom groupを選択して、新しいカスタムルールを作成。

4_3

「new_group」が作成できた。(「new_group」の名称はもちろん変更可能。)

その右上にあるルーペをクリック。

4_6

設定窓が現れる。

4_7

ブロックしたいIPアドレスかHostsを記入する。複数あるなら、「+」ボタンで付け足していく。

(手持ちのHostファイルあるなら、そこから読み込んで適用する事もできる。)

ブロックしたいアドレスを適応し終わると、new_groupのアイコンに登録したアドレスやHostの数が記載される。

下の画像では、アドレスを1個だけ登録したので、『1』となっている。

4_9

左側中ほどの「グループライブラリー」と書いてある場所の隣にある『ー』ボタンをクリック。

Block List登録用の窓が現れる。

5_2

その窓に、先ほどのnew_groupをドラッグアンドドロップする。

12

設定が終われば、右上端の三角ボタンをクリックし、実行。

以上がMurus Basicを使った、Hosts、ネットワークアドレスでのブロック方法でした。

お疲れさま、、。

Murusの簡易的な使用法や、インバウンドのみの制御に絞った無料版のMurus Liteの使い方は、前に書いた記事を参照してみてください。

フリーのMac用ファイアウォール「Murus Firewall」の設定方法 〜MacBook Airのセキュリティ対策 4



Murus Basicのネットワークインターフェイスに関する説明を書きました

Murusの設定方法 その3 「Network interface」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする