macOS Sierraの3本指ポップアップ辞書のフォントサイズ変更方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


文章閲覧時に便利な三本指ポップアップで呼び出せる辞書.appだが、フォントが小さすぎて目が疲れる。

過去に、その小さいフォントサイズを大きくする方法を紹介済みだが、El Capitanからはその方法は使えなくなった。

参考記事:

Macの3本指ポップアップ辞書のフォントサイズ変更方法(Yosemiteまで)

 

これは、El Capitan以降、SIP(System Integrity Protecton)と言うセキュリティ強化機能が導入されたためで、

以前のように簡単には、システムに関連するファイルの変更が出来なくなったことが大きな理由だ。

また、フォントの大きさを司る設定ファイルの場所自体も変更され探しにくくなってしまった。

そのせいか、(海外のサイトをウロウロしてみたが、)ネット上にはSiarraの辞書のフォントサイズ変更方法を見つけることは出来なかった。

試行錯誤の末、設定方法がわかったので、ここに備忘録として公開しておく。

スポンサーリンク

用意する道具

1. macOS SierraがインストールされているMac

(当方はEl Capitanを使用していないので、El Capitanでは未検証です。)

2. EasyFind
EasyFind
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料
 
Mac App Storeで無料にて提供されている、痒いところまで手がとどく便利なファイル検索アプリ。
 
3. CotEditor
CotEditor
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
 
こちらもMac App Storeで無料にて提供されている、使いやすい多機能エディタ。ただし、ご自分の使いやすいエディタをお持ちならそちらで代用可能かと思います。
  
   
  
  

手順

1. SIPの一時的な解除

一時的にSIPの解除が必要。SIPについてよくわからない人は、各自よく調べてください。危険が伴います。納得した上で、自己責任で行ってください。

SIPの解除方法

(この記事の最後にSIPを再びオンにする方法も記してあります。)

Macを終了させる。

CommandとRキーを押しながら電源キーを押して起動。(リカバリーモードで起動)

ユーティリティのターミナルを起動を起動し

csrutil disable

と入力したあとEnteキーを押す。

その後、再起動。

2. EasyFindで設定ファイルを見つけ出す

私がフォントサイズを変えたい辞書は以下の2つ。

 

1  三省堂WISDOM英語辞典

2  三省堂スーパー大辞林国語辞典

 

この2つは特に使用頻度が高いので、とりあえずはこの2つのフォントサイズのみを変更する。

 

以下に、三省堂WISDOM英語辞典のフォントサイズ変更方法を図解で説明していくが、三省堂スーパー大辞林国語辞典も全く同じ方法で変更が可能。

 

 

EasyFindを起動

EasyFindの初期設定方法

左上のsettingをクリックして、出てきたSetting for Search File ContentsのScan All Filesにチェックを入れる。

 

次に、左のSearch Forセクションで、Files&Folderを選択。

Operatorのところは、Phraseを選択。(ただし、Phraseで探しているファイルが出てこない場合はAll Wordsの方が良いかも。)

ComparisionでIgnore Caseを選択。

Pakage ContensとInvisivel Files&Folderにチェックを入れる。

 

*上記画像で、右上のMacSSDとなっているところは、ご自分のMacの(システムが入っている)HDDを選択してください。

  

 

EasyFindを使って、三省堂WISDOM英語辞典のフォントサイズを司る設定ファイルを探す

検索窓に、

Sanseido The WISDOM English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary

と記入してEnterで検索。

検索結果は、通常、一件のみでてくるはず。

(上記の私の場合は、デフォルトファイルを自分で保存しているので、もう一件出てきているか。通常は一件のはず。)

 

ちなみに、三省堂スーパー大辞林国語辞典のフォントサイズを変更させたい場合は、ここの検索窓に

Sanseido Super Daijirin.dictionary

と入力すれば良い。

出てきた検索結果を選択した後、EasyFindの上部ツールバーにある「Reaval in Finder」をクリック。

該当のファイルが、Finderに表示される。

 

Finderに出てきた「Sanseido The WISDOM English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary」を、Optionキーを押しながらデスクトップにドラッグ&ドロップしてコピーする。

※ ここで、オリジナルの「Sanseido The WISDOM English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary」が開かれているFinderは閉じずにそのまま残しておこう。

のちに、コピーした「Sanseido The WISDOM English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary」を修正後、オリジナルと入れ替える作業が必要になるので。

 

コピーしたファイルのパッケージ内容を開く。

ファイルを選択して右クリックし、「パッケージ内容を表示」で開くことができる。

そのファイルの中のContents > Resourseと移動して、

その中のDefaultStyle.cssをCotEditorで編集していく。

 

 

3. CotEditorでDefaultStyle.cssを編集

CotEditorを起動させ、そこにDefaultStyle.cssをドラッグ&ドロップする。

大体10列目くらいにある 「font-size 〇〇pt;」を自分の好みの数値に調整する。

私の場合、MacBook Proの15インチで、ディスプレイの解像度を一番細かいものにしているが、16ptがちょうど良い感じになった。

(この数値はご自分で最適値を試行錯誤して探すしかないと思う。)

 

数値を設定し終わったら、それをCommandとSキーを押して保存。

CotEditorを終了させる。

 

4. 修正済みファイルとオリジナルファイルを入れ替える

次に、先ほどから開いておいた、

オリジナルの「Sanseido The WISDOM English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary」に、

修正済みのコピーした「Sanseido The WISDOM English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary」をオリジナルと入れ替える。

 

デスクトップにあるコピーの「Sanseido The WISDOM English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary」ファイルをオリジナルがある場所にドラッグ&ドロップすればOK。(※ この作業には、管理者のパス入力が必要。)

Macを終了させる。

  

再び、リカバリーモードで起動する(SIPをオンにするため)

CommandとRキーをい押しながら電源キーを押して起動。

ユーティリティのターミナルを起動。

再びSIPを有効にし直す方法は、、

csrutil enable

と入力して、再起動。

 

 

以上で、辞書ファイルのフォントサイズが変更できる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク