Macのネットワークユーティリティでポートチェックしてセキュリティーを高める

サードパーティのFirewallソフトを導入しているので、余計なポートは開いてはいないだろうと思っていたが、念のため一応チェックしてみた。

スポンサーリンク

方法

Spotlightで「ネット」とタイプ。

スクリーンショット 2015-10-04 12.53.23

ネットワークユーティリティを起動させる。

通常のローカル・ループバック・アドレス「127.0.0.1」をオープンポートスキャンするアドレスとして登録して、「開始」を押す。

スクリーンショット 2015-10-04 12.52.52

結構時間がかかるので気長に待つ。(5分以上かかった。)

自分の場合、631番と13668番が開いているそうだ。

631番は結構有名でプリントサーバのポート番号。自分は現在使用しているMacbook airではプリンタは使用しないのでとりあえず閉じる。

閉じる方法はいろいろあるが、自分の場合はアプリケーションファイアウォールのHands Off!を使った。

Hands Off!の追加を押して以下のような設定画面で、ブロックしたいポート番号を入力すればOK。この方法が一番お手軽。(もちろんMurus BasicやMurus Pro、Little Snitchなどのファイアウォールを使うのもいいでしょう。)

スクリーンショット 2015-10-04 13.05.51

次に、13668番だが、こちら何用のポートなのか最初は全く分からなかった。Web検索にかけても殆ど情報ない。英語の情報を探ってもはっきりしたことがわからない。

とりあえず上記の方法でHandsOff!を使い13668番もブロックしてみた。

その後すぐにMacに不具合発生。

Freemanという、メモリ解放アプリを使っているのだが、コレがタスク実行に失敗する。(正確には「整理失敗」。)

13668番のブロックを解除するときちんと働いてくれるので、どうやらこのFreemanが13668番を使っているようだ。

Hands Off!でアウトバウンド通信の警告が出る「nc」というプロセスのアウトバウンドも通してあげないと、Freeman.appで不具合を起こす。

ちなみにこのFreeman、全てのタスクを自動でやってくれるので、手間いらず。

しかも、他の競合のメモリ解放アプリと違い、スワップファイルを作らずメモリ解放をしてくれるのでSSDの消耗にも優しくシステムの高速化が期待できる。

メモリ解放のスピードもトップクラスでとても重宝している。

これで240円はお得感あり。

FreeMan
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥240

忘れそうなので自分用のメモとしてとりあえず記しておいた。

以上。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする