SafariでYouTubeをもっと見やすく! Tampermonkeyを使った改善法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に続き、SafariでYoutubeを快適に鑑賞するためのTipsです。

今回は、SafariでもFirefox用のスクリプトを使えるようにするアドオンTampermonkeyを使用したYoutube改良方法です。

 

新たに記事を追加しました。こちらも参考にしてください。

SafariのYouTube環境を向上させるYouTubeCenter(開発版)
以前に記事にしたSafari用のYoutubeを視聴しやすくするアドオン「Youtube Center」ですが、(私の環境だと)サイト埋め込...

 

Tampermonkey

Tampermonkeyは、Firefoxで人気のアドオンGreasemonkeyのSafari用代替アドオンです。

そのGreasemonkyとは、Web閲覧を便利にする「スクリプト」を実行するための乗り物のようなものです。

Tampermonkeyを使えば、FirefoxのGreasemonky用のスクリプトがSafariにも適用できます。(全てのFirefox用スクリプトが動くわけではないようですが、私が試してみたスクリプト15個ほどは全て機能しました。)

 

このTamermonkeyを使って以下の2つのスクリプトを導入します。

YouTube Always Theater Mode:Youtubeを常にシアターモード(大きい方の画面)で開くようにするためのスクリプト
Remove youtube autoplay:YouTubeが自動で次の動画を再生するのを抑制させるスクリプト

 

上記の2つは、前回の記事で紹介したYoutbeCenterに存在する機能なのですが、私の環境では動いてくれません。

なので、それらのかわりに働いてくれるこの2つのスクリプトをTamermonkeyに導入します。

 

ちなみにTamermonkeyのインストール方法は過去に記事にしたのでそちらを参考にしてください。

Mac版Safari向けおすすめアドオン その2
前回に続き今回もMac版Safariのアドオンの紹介です。3つ必須のアドオンを紹介します。 NoMoreiTunes NoMoreiTu...

 

スポンサーリンク

YouTube Always Theater Mode

ダウンロード&インストール先:https://greasyfork.org/ja/scripts/10523-youtube-always-theater-mode

上記のリンクに飛んで、「スクリプトをインストール」をクリックで自動的にTampermonkeyにYouTube Always Theater Modeがインストールされます。

 

このスクリプトを導入すると、YouTubeの再生画面を開くと自動的にシアターモード(大きい方の画面)に切り替えてくれます。

通常は自分でシアターモードボタンをクリックでプレイヤーがシアターモード(大きいにプレイヤー)になるのですが、私は常にシアターモードの方が良いのでこのスクリプトは欠かせません。

シアターモードなら「あなたへのおすすめ」動画のおぞましいサムネイルをほぼ見なくてすむので。

 

 

Remove youtube autoplay

ダウンロード&インストール先:https://greasyfork.org/en/scripts/7893-remove-youtube-autoplay

こちらのスクリプトも上記のリンクに飛んで、「スクリプトをインストール」をクリックで自動的にTampermonkeyにremove youtube autoplayがインストールされます。

 

このremove youtube autoplayをインストールすると、自動的にYouTubeの「次の動画が再生される」のを防ぎます。

インストール後の設定は特に必要ありません。もし自動再生に戻したい場合は、Tampermonkeyのダッシュボードでremove youtube autoplayをオフにすればOKです。

TampermonkeyをインストールするとSafariのメニューバー上にTamermonkeyのアイコンが現れます。
前回の記事で紹介したYoutbeCenterとこのTampermonkey+上記二つのスクリプトでYoutubeの鑑賞がより快適になると思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク