SafariのYouTube環境を向上させるYouTubeCenter(開発版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前に記事にしたSafari用のYoutubeを視聴しやすくするアドオン「Youtube Center」ですが、(私の環境だと)サイト埋め込みのYoutube動画がうまく再生されないバグが散発的に起きていました。一応安定版のはずなんですけどバグが多いみたいです。

SafariのYouTube鑑賞をより便利にするアドオンYoutbe Center
今回もMac版Safariメインブラウザ化計画の続きです。 SafariでYouTubeをもっと視聴しやすくしたいの。デフォル...

 

解決方法を探していたら、開発版が出ていることがわかったので、乗り換えてみました。

 

開発版に乗り換えた結果、不具合は収まりました。

加えて、嬉しいことに、デフォルトのプレイヤーサイズも大きくすることが可能になったので、「YouTube – Always Theater Mode」を使用する必要がなくなりました。

また、オートプレイの抑制もちゃんと効くようになったので、「remove youtube autoplay」も必要なくなり、「Youtube Center」一つでOKになりました。

 

ただし、この「Youtube Center」の開発版はSafari用の拡張機能としての提供にはなっていません。Tampermonkeyを用いたスクリプトとしての提供になっています。

詳しい導入方法は過去に記事にしていますのでそちらを参考にしてください。

SafariでYouTubeをもっと見やすく! Tampermonkeyを使った改善法
前回に続き、SafariでYoutubeを快適に鑑賞するためのTipsです。 今回は、SafariでもFirefox用のスクリプトを使...

 

YoutbeCenter開発版ダウンロード先

https://github.com/YePpHa/YouTubeCenter/wiki/Developer-Version

 

上記のリンクのUserscript: YouTubeCenter.user.jsをクリックしてダウンロード。ただし、事前にTampermonkeyを導入しておく必要があります。

* 同ページにSafari用の拡張機能バージョンもダウンロード可能ですが、こちらは私の環境では、音だけ出て映像が映らない不具合があったので利用をやめました。

 

以下に、開発版Youtube Centerの設定画面を載せておきます。変更していない箇所は省略して載せていません。参考にしてください。

設定方法自体は、以前の安定版Youtube Centerと変わりませんので過去記事と合わせて参考にしてください。

* また、こちらは開発版ですので予期しない不具合が出る可能性が十分にあります。ご自分の責任の上で導入してください。

 

スポンサーリンク

YoutbeCenterの設定

*画像クリックで拡大可能です。

 

  

   

   

   

  

   

   

   

   

    

     

   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク