MacのSafariでYoutubeのシアターモードのレイアウトが大きくなり過ぎる原因が分かった

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

最近、SafariでYoutubeを開くとレイアウトが崩れることが頻発

画面が大きくなるシアターモードにしてみると?

              ⬇

動画が面が大きくなり過ぎて、プログレスバーが隠れてしまう。。

 

なぜか、MacのSafariでYoutubeを開いて「シアターモード」にするとレイアウトが大きくなり過ぎる。。

 

Safariの設定で、Youtubeの拡大率は、100%に設定してある。

 

Safariの設定で、Youtubeの拡大率は、100%に設定してある。それにも関わらず、Youtubeでシアターモードにすると動画画面がSafiariのウインドウに収まりきらずに、動画のプログレスバーが隠れてしまうのだ。

 

原因が分かった

ここ最近ずっともやもやしていたのだが、やっと原因が分かった。

 

犯人は、拡張機能で利用している「複数のデバイス間でブックマークの同期が出来る」Pocketだった。(*追記あり)

 

 

私は、Pocketで、あとで読みたいサイトやブログをブックマークして、MacBookやWindows PC、Androidで、そのブックマークにアクセス出来るようにしている。

AndroidにはPocketのアプリを入れているが、MacにはPocketのアプリは入れずに、SafariにPocketの拡張機能を入れてブックマークしている。

 

MacでPocketのブックマーク(Pocketでは「マイリスト」と言う)をチェックしたいときは、Safariから自分のPocketのアカウントページに読みに行くスタイルで利用している。

Safariで自分のPocketのアカウントページを開いたところ

 

私は、気になったYoutubeの動画をよくブックマークしていて、時間のあるときに落ち着いてそれらのYoutube動画を視聴する。

その場合、大体Pocket経由で見に行っていた。

これが原因でした。 

(Pocket経由ではなく、直でYoutubeを見に行った時は問題ない。)

 

SafariのPocketのサイトの拡大率設定が、100%ではなく、125%になっていた。

 

なぜか、Pocket側の拡大率が、移行先のYoutube側にも反映されてしまうようだ。

 (Youtube側の拡大率が100%に設定されていても、Pocket側の拡大率が、移行先のYoutubeにも適用されてしまうと言うことらしい。)

  

 

なので、Pocket側の拡大率を100%設定し直してあげると、移行先のYoutubeの拡大率も100%になり、シアターモードにしても綺麗にSafariの画面内にプレイヤーが収まるようになった。

 

シアターモードにしてもYoutubeのプレイヤー画面が崩れなくなった。

 

追記(2018年3月13日):Google検索からでも同様の症状

そしてこれ今日気づきましたが、

Googleの検索ページを上記のPocketのように拡大率を125%などにしていると、同じことが起こります。

Pocketが犯人と言うより、Safari側の問題と言うのが濃厚です。

なので、Google検索のページの拡大率も100%に固定しておいた方が良さそうですね。

今回は、 「2015年モデルまでのMagSafeタイプのMacBook ProやAirで使用可能なお勧めモバイルバッテリー」 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク