Time Machineで見えないユーザーライブラリなどの不可視フォルダを表示する方法

 

By: Yandle

 

 

Time Machine内では隠されているuser/libraryのフォルダにアクセスしたい時の備忘録。

Firefoxの設定ファイルのレストアなどで、user/libraryに入りたい時に必要な不可視ファイルの表示方法を紹介。

スポンサーリンク

やり方

ターミタルを使ってファイルを表示させる

ターミナルで、以下のコマンドを入力する
表示したいとき

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -bool True
killall Finder

隠したいとき

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -bool false
killall Finder

以上のコマンドをアプリ化してより便利にする方法

以上のコマンドをAutomatorでアプリ化して、アプリのアイコンを押すだけでShow/Hideの切り替えを可能にする。(ちなみにサードパーティのFinder拡張アプリの「XtraFinder」を導入する方法も簡単だが、今回は外部のアプリに頼らないよりシンプルに方法を紹介する。)

※ ON用とOFF用の2つを作る必要が有ります。

1  Automatorを起動する。

スクリーンショット 2015-09-26 22.08.30

2  シェルスクリプトを実行を選択する

スクリーンショット 2015-09-26 22.09.14

3  先に紹介したコマンドを入力する

スクリーンショット 2015-09-26 22.09.54

4  「command+S」で保存

スクリーンショット 2015-09-26 22.10.36

保存先のフォルダにアイコンができていれば完成

スクリーンショット 2015-09-26 22.11.40

上記の方法を応用して、automatorの最初の選択を「アプリケーション」にしないで「ワークフロー」にして、定番アプリのBetterTouchToolと組み合わせる方法もアリ。

それだと、マウスジェスチャーやショートカットキーでのオンオフ切り替えもできますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする