【60%OFF】iZotope『Ozone 9 Standard』(アシスタント機能付きマスタリング総合ツール)クロスグレード版(無料配布中のOzone ElemensからでもOK)

iZotope『Ozone 9 Standard』のセールが行われています。

しかし今回は条件があって、iZotope社のElements製品シリーズを所有している方向けのクロスグレードセールです。

現在無料配布されているOzone 9 ElementsからでもOKです。

iZotopeのOzone 9は、現代的な音楽製作においては必須の感さえあるマスタリング用ソフトウェア。マスタリングをソフトウェアがアシストしてくれる先進の機能「Master Assistant」も搭載しています。

こだわりがなければ、マスタリングはこれ一本でほとんどの工程を完了させることが可能です。

iZotope『Ozone 9 Standard』

通常価格:249ドル → セール特価:99ドル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iZotope Ozone 9 Standard(先進のマスタリングツール)

解説動画(13分弱):

iZotope Ozone 9 新機能解説・使い方|AI(人工知能)で簡単に最適なマスタリング結果を実現するプラグイン

Ozone9 Standard一つで、ほぼ全てのマスタリング工程が完成できる流れになっています。

しかも、(誤解を恐れずに言うと)プロレベルのマスタリングの知識がなくても、Ozoneならなんとかなってしまう(ハイレベルなサウンドをいとも簡単に獲得できてしまう)恐ろしいソフトです。

かなりの部分の操作系統を、Ozoneにおまかせ(機械学習による自動化)することも可能です。

iZotope Ozone 9:概要

機能の紹介:

【Ozone 9】新機能の紹介

Ozone 9がこれまでにない新しいローエンドのリアルタイム楽器分離のための処理により、音楽にバランスをもたらす方法を学びましょう。

(機械学習を活用した超高速のワークフロー。)

Tonal Balance Control、Imager、NKS統合などの改善は言うまでもありません。

『Mix and Master Bundle(Standard)』には「Ozone 9 Standard」が収録されている

Ozone 9 StandardとAdvancedの機能比較表

(クリックで画像を拡大できます。)

 (参照:iZotope Ozone 9

iZotope Ozone 9:Standard版とAdvanced版の違い

Standard版と最上位のAdvanced版の大きな違いは、Ozoneに付属する各プラグインを個別に使用することができるか否か(マシンへの負荷の節約に寄与します)。

また、Advanced版では、スペクトラルシェイパーやビンテージEQ、ヴィンテージコンプレッサーなどの各機能が追加されています。

それに加えて、V9からの最新機能である「Master Rebalance」と「Low End Forcus」もAdvancedの独占機能です。

これがAdvancedのみに搭載されたことで、全バージョンのV8の頃と比較すると、AdvancedとSatandardの機能差がだいぶ開いた印象を持ちます。

上記以外のAdvanced版の独占的機能で特に重要なのが(iZotopeの新しい機能である)Tonal Balance Controlが使用できることです。

 ⬇️   

マスタリング時の曲のバランスを絶妙な状態に持っていけるツール「Tonal Balance Control」

How and When to Use Improved Tonal Balance Control | iZotope Ozone
1分でわかる!Tonal Balance Controlの使い方 / Izotope「Ozone 8」(DTMer.info)
iZotope Ozone8 マスターアシスタント機能と連携が強化されたNeutron2の使い方(Sleepfreaks DTMスクール)

 Ozone 9 新機能の解説動画

新しい目玉機能の 『Low End Focus』『Master Rebalance』

Low End Focus
Mastering Bass with Low End Focus | iZotope Ozone

*Youtubeの自動翻訳機能で(不完全ではありますが)日本語の字幕が利用できます

Ozone 9の新しいLow End Focusモジュールは、業界初の低音シェーピングツールです。 次のプロジェクトで、濁りを最小限に抑え、明快さを高め、一般的なローエンドの問題に対処するための使用方法を学びましょう。

(Advancedのみの機能です)

 Master Rebalance
Rebalance the Master with Master Rebalance | iZotope Ozone

Ozone 9のMaster Rebalanceを使用して、ベース、ボーカル、ドラムをリアルタイムで変更する方法を学びます。

EQを使用した外科的手術の時間を節約し、マスタリングにとって最も重要なソングの要素に焦点を合わせます。

(Advancedのみの機能です)

改良されたTonal Balance Control 
How and When to Use Improved Tonal Balance Control | iZotope Ozone

Ozone 9の改善されたトーナルバランスコントロールの備わるセッション全体のバランスの問題に対処するように設計されたツールを使用して、確実なミックスまたはマスター翻訳を確保する方法を学びましょう。

(Advancedのみの機能です)

Master Assistant(マスターアシスタント)の使い方(Standardにも付属)
How to Use Master Assistant in Ozone 9 | iZotope

Ozone 9の(マスタリング半自動化機能)マスターアシスタントは、音楽に合わせてインテリジェントに調整されたマスタリングの出発点をユーザーに提供し、ユーザーの経験レベルに関係なくプロのサウンドマスターを作成できるようにします。

その方法と、マスターアシスタントの新しいビンテージモードを最大限に活用する方法を学びましょう。

MaschineとOzone 9で曲をマスタリング
Mastering a Song with Maschine and Ozone 9 | iZotope

MaschineまたはKomplete Controlで音楽を作成しながら、Ozone 9 マスターのNKSサポートを紹介します。 次のMaschineセッションにOzone 9モジュールとプリセットを追加する方法を学びます。

Neutronのミックスアシスタントのマスタリング版的機能です。マスタリングの自動化を実現しています。

そのマスターアシスタントの中でも熱いのが、「リファレンス(参照機能、真似っこ機能)」です。

これは、ご自分の目標とする曲(リファレンス曲)をOzone8に取り込むと、ソフトが自動的に、製作中の曲をそのリファレンス曲の状態に近づけつつ自動で仕上げてくれる機能。

「このアーティストの曲みたいにマスタリングしてよ」とOzoneに命令すると、ササっとそのように仕上げてくれる非常に便利な機能です。

もちろん自動でマスタリングされた結果を、ユーザー自身が自由に調整していくことも可能です。(この自分で調整してく流れもやりやすいものになっています。)

Ozone 9 Standardの概要

Ozone 9:マスタリングの未来

Ozone 9は、オーディオ技術の最新の進歩をマスタリングの世界にもたらします。

拡張されたマスターアシスタントで完璧なモダンまたはビンテージの雰囲気を見つけるか、新しいMatch EQでお気に入りのリファレンストラックにマッチします。

プラグインのパフォーマンスが向上し、測定がスムーズになり、ウィンドウのサイズを変更できるため、作業が高速になります。

あなたの音楽がプライムタイムの準備ができているかどうか疑問に思うことを止めてください。Ozone9で、マスタリングの未来があなたの手にあります。

Ozone 9の卓越した機能

AIを活用したマスタリング

機械学習のマスタリング:Ozone 9は、すぐに開始できるAIベースの支援ツールを使用して、マスタリングを簡単にします。

マスターアシスタントは、モダンまたはビンテージの雰囲気を追加し、ストリーミングに適切な音量を得るのに役立ちます

「参照したいトラック」と「自分のトラック」を一致させる機能

お気に入りの参照トラックをOzone 9にロードし、任意のセクションをループして、ボタンを1回押すだけでマスターを比較します。

新しいMatch EQモジュールでリファレンスのスナップショットを撮り、お気に入りのプロファイルを他の曲のプリセットとして保存します。または、マスターアシスタントを使用して、参照に基づいてカスタムチェーンを設定してくれます。

Ozone 9の各機能

イコライザ

流体計測と新しいHUDコントロールを使用して、サウンドの細部を制御します

  • スタイルに応じて、古典的なアナログEQまたは最新のデジタルモデルをエミュレートします
  • Mid / Sideモードを使用して、オーディオの両側の周波数を修正します
  • 新しい!スムーズで滑らかな計測と、より多くのサウンドを見ることができるサイズ変更可能なウィンドウをお楽しみください

イメージャー

アップグレードされた「ステレオ化」モードで狭いミックスに自然なステレオ幅を追加します。

  • 新しい!ステレオ化の2つのモードにより、トラックを広げるための新しいフレーバーが提供されます
  • 帯域ごとの拡大と縮小を使用して、画像をステレオでスカルプトします
  • ステレオ幅とフェーズの新しい流体計測を監視

トラック参照機能

ボタンに触れるだけで、ミックスを『リファレンストラック(真似をしたいトラック)』とシームレスに比較

  • 参照の特定の領域をループし、最大16を一度にOzoneにロードします
  • 視覚的な比較を簡単にするために、オゾンのメーターに表示される参照を参照
  • マスターアシスタントを使用して、ロードされたリファレンストラックのトーンを自動的に一致させます

マキシマイザー

Ozoneのインテリジェントリミッターでダイナミクスを維持しながら、ミックスを大音量に。

  • Intelligent Release Control(IRC)モードは、音に反応して歪みとポンピングを低減します
  • しきい値学習モードは、音量をターゲットLUFSレベルにインテリジェントに設定します
  • 真のピーク検出により、エクスポート後にオーディオがクリップされないことが保証されます

ダイナミックEQ

オーディオのダイナミクスに反応するEQブーストとカットを作成します

  • 周波数が大きすぎるまたは弱いときにのみ発生する微妙なブーストとカットを行う
  • 頻度、ゲインとともにしきい値、アタック、リリースを制御
  • コンプレッサーよりも正確で、通常のEQよりも微妙です!

エキサイター

暖かさとキャラクターを追加するために、7種類のディストーションを組み合わせて組み合わせることができます。

  • テープ、レトロ、チューブなど、さまざまな種類のディストーションを使用が可能
  • 複数のバンドに異なるディストーションモードを追加して、独自のトーンバランスを作成できます

ダイナミクス

マスタリングエンジニアの最も汎用性の高いツール。ダイナミックミックスを調整し、トラックにエネルギーを与えます。

  • 最大4つの帯域で圧縮、または検出フィルターモードで圧縮
  • 自動リリースモードを使用して、スムーズで自然な応答を実現

ヴィンテージモジュール

ヴィンテージ・テープ

テープのすべての周波数の色付け、ディストーション、位相効果で豊かなサチュレーションを導入します。

ヴィンテージ・リミッター

Vintage Limiterを使用してミックスを一緒にグルーピングし、トラックをポンピングします

ビンテージ・EQ

マスターを明るくし、ヘビーローエンドを滑らかにし、デジタル録音にボディを追加します。

ヴィンテージ・コンプレッサー

有名なマスタリングハードウェアをモデルにした圧縮でカラフルなダイナミクスを追加します

メーカーページ:

Ozone 9 Features
Compare mixing features and benefits in iZotope’s Ozone 9 Elements, Ozone 9 Standard, and Ozone 9 Advanced.