【半額セール】KiloHearts『Multipass』(マルチバンドのモジュラーマルチエフェクト)

 

  

     

『Multipass』が半額セールになっています。

『Multipass』は、KiloHearts社が開発しているモジュラー・マルチバンド・エフェクト・プロセッサー。

KiloHearts社自慢の超シンプルなインターフェイスとサウンドの良さに加えて、モジュラーシステムならではの多くの機能を搭載した非常に用途の広いエフェクトツールです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KiloHearts『Multipass』

 

Kilohearts Tutorials – Introduction to Multipass

 

      

Multipassは、KiloHeartsが多数開発しているSnapin系プラグイン(モジュラーとしても機能する)製品群の親玉的ツールです。(Snapin ホストプラグイン)

 

マルチバンドで機能するのが最大の特徴です。

サウンドにエフェクトを追加する場合、これらのエフェクトをサウンドの特定の部分だけに適用したいと思うことは珍しくありません。

Multipassはそのような場合に役立ちます。

入力音を最大5つの簡単に調整可能な周波数帯域に分割し、各帯域に無制限の数のエフェクトを適用できます。

「フィルター処理されたコーラス・ディレイ・ディストーション」で「ピッチシフトされたオートパン」などお手の物です。 

 

 

 

KiloHearts Multipassは、オーディオをいくつかの異なる周波数帯域に分割するバンドスプリッターを備えているので、各バンドを分割、独立して処理できます。

 

Multipassは、バンドの実際の処理を、Snapinとして知られる他の単一目的のプラグインに委任します。

 

Snapinにはさまざまな種類があり、ディストーションやコーラスなどの多くの古典的な効果だけでなく、フォルマントフィルタリングや周波数シフトなどの異常な効果も実装しています。

 

Snapinは、Multipassにロードできることに加えて、プラグインとしてDAWに直接ロードすることもできます。

Multipassにはいくつかの異なるSnapinがバンドルされています。また、KiloheartsのWebサイトからさらに購入することが可能です。

 

KiloHearts Multipass
Multipass is your new goto band splitter, and it's a snapin host!

 

   

  

 

Multipassのデモ動画

  

 

SlateDigitalTVさんは、ロックなトラックで「Multipass凄いぞ」を実演。

 

INCREDIBLE Mastering Transformation with Kilohearts Multipass 🔥

      

 

 

「Multipassはクールだぞ」とmixandmastermysongのMatty兄貴。

 

Mixing With Kilohearts Multipass

  

         

 

 

『Multipass』の機能

     

   

フェージング

バンドの分割には少しコストがかかります。

音のフェーズ(位相)を少し混乱させることは避けられません(レイテンシを追加することなく)。

通常、これは問題ではありませんが、複数のマルチバンドエフェクトをチェーン化すると、多くのフェーズ・ディストーション(位相歪み)が発生する可能性があります。

Multipassでは、追加するエフェクトの数に関係なく、帯域分割は1回のみ実行され、フェーズ(位相)の損傷を可能な限り最小限に抑えます。

また、可能な限りフェージングせずに、エフェクトレーンのドライ/ウェットミキシングを適切に整理します。

パラレル・マルチバンド・ディストーションも簡単です。

 

 

 

モジュレーション

4つのフィルターを追加する一方で、周波数シフターとステレオ幅モディファイアー自体が興味深い場合があります。

オーディオしきい値によって再トリガーされるスイープカットオフを備えた4つのフィルターを追加し、MIDIノートにバインドされた周波数シフターと入力RMSによってスケーリングされたステレオ幅が可能です。

まあ、それはおそらく奇妙なことかもしれません。しかし、ぜひ試してみてください!数回クリックするだけで可能です。
    
    

 

 

    

集中してみましょう

特定の周波数帯域を微調整している場合、関連する他の帯域とエフェクトによって、何が起こっているかを適切に聞き取りにくくなることがあります。

Multipassでは、そのような問題を解決するために、エフェクトレーンをミュートまたはソロにして、今していることをすぐに確認できるようにしています。

 

そして、面白いことに、それを自動化するとそれ自体がエフェクトとして有効になることさえあります。

 

  

ハニー、私は4ミリ秒遅れています。。

ディレイについて心配する必要はありません。

ルーティング方法や追加するエフェクトに関係なく、Multipassはすべてのモジュレーションが可能な限り同期していることを確認し、すべてのモジュレーションを適切に整列させ、フェージングの問題を回避します。

  

 

 

 

『Snapin』とは?

   

Snapinシリーズの製品群は、多くの目的に使用できる通常のVST / AUプラグインです。

一方で、KiloHeartsのモジュラーシステム(スナップインホストプラグインと呼ばれる親玉系ツール)の「Multipass」や「Snap heap」の内部でモジュラーとしても機能します。

いや、このモジュラーとして機能する側面の方が、Snapinシリーズの真骨頂です。

 

Snapinシリーズの製品群は、Multipassのモジュラーエフェクトのピースとしても機能し、スナップインホストプラグインの内部で色々組み合わせて遊ぶことができます。これが超楽しい。

    

で、今回セールになっている『Multipass』とは何じゃい?って思われている方が多いと思います。

   

  

 

『Multipass Bundle』は、(マルチバンドで機能するスナップインホストプラグイン)『Multipass』と重要なSnapinを備えた製品です

Chorus

コーラスはミキシングによりステレオ効果とサウンドの存在感を高めます
それ自体ディレイとして機能します。まるで、自分専用のコーラス。

  

 

 

Delay

大きなエコー空間が良い音響空間の最初の選択になることはめったにありませんが、ディレイ効果は長い間、サウンド処理においていたるところにあります。

kHs Delayは、フリーランニングと、さまざまなステレオおよびフィードバックオプションと同期したテンポの両方で実行できます。最も注目すべきは、ダッキングの機能です。これは、オプションで、ドライ入力信号がない場合にのみエコー音を通過させます。これにより、長くて重いディレイエフェクトが可能になり、元の音の乱雑さが回避されます。賢い機能です。

   

 

  

Gain

 

うるさいサウンドは柔らかく。静かすぎるサウンドは大きく。簡単に。

   

   

 

Limitter

トラックからゲインの最後の一滴を落とす場合でも、いくつかの大きなピークを制御する場合でも、リミッターを選択することができます。

リミッターは、未来を少し見ることで、トランジェントを歪ませたり破壊したりすることなく、信号が意図したよりも大きくならないようにします。

 

 

 

 

Stereo

幅とパン。左スピーカー。 右スピーカー。 広く、狭く。それがこのプラグインの機能です。 シンプル!

   

  

Multipassのシステム要求

これらは、スナップインを実行するための最小推奨システム要件です。

CPU:

  • 2 GHz以上

メモリ:

  • 1 GB以上

オペレーティング・システム:

  • Windows(7以降)またはMac OS X(10.7以降)

ソフトウェア:

  • VST / Audio Unit / AAX互換DAW

サポートされている形式:

  • AAX
  • AU
  • VST2
  • Snapin

注:パッチで多数のSnapinを同時に使用すると、それに応じてCPU使用率が増加します。したがって、システムが推奨される最小システム要件を満たしている場合でも、すべてのユースケースでスナップインが問題なく動作することを保証することはできません。

   

   

 

『Multipass』のセール情報

620x320 kilohearts multipass pluginboutique

 

通常価格:99ドル

セール特価:49ドル(50%OFF)

 

コメント