〔自動EQ機能〕MAutoEqualizerの使い方 (半額セール中)

よろしければシェアお願いします

セール復活しています。2019年5月7日まで。
 

マスタリングとミキシングが楽になる自動EQ「MAutoEqualizer」。

久しぶりの半額セールが来ています。

「MAutoEqualizer」は、マスタリング・ミキシング両方で使えるパラメトリックイコライザーです。

かなり使えるEQなので、画像付きで説明しておきます。

MAutoEqualizerに搭載されている「自動EQ」は、自分のトラックを「目標とする参照曲」のサウンドに自動で近づけてくれる機能です。

 

使い方は簡単。

 

まず、MautoEQを、トラックに挿します。

⬇️

次に、アナライズ・ソースボタンを押して、参照する(真似っこしたい)曲やトラックを読み込みます。

(MAutoEqualizerが用意している様々な設定のプリセットを読み込んでもOK。)

⬇️

アナライズ・ターゲットボタンを押して、自分のトラックの分析を開始しさせます。

⬇️

その次に、イコライズボタンを押して、MAutoEqualizerに自動イコライジングさせます。

ボタンクリック一発で、参照曲と同じサウンドの状態になるように、自分のトラックのイコライジングを自動処理してくれます。

⬇️

あとは、DRY/WETスライダーや、各EQでかかり具合の調整をすればOK。

  

  

 

取りあえず軽くですが、図解しておきます。。

初期画面。ここからスタート。

  

MAutoEqualizer(以降「MAutoEq」と呼ぶ)は、様々なリファレンス(参照トラック)のサウンド状況を分析し、そのリファレンスの状態を自分のトラックに自動で適応することができるEQです。

簡単に言うと「真似っこEQ」。

自分の好きなアーティストの曲をMAutoEqに読み込んで、自分の製作中のトラックにそのアーティストの曲とそっくりのサウンドの状態を実現させるツール。

もちろんそれだけではなく、通常の(高性能な)EQとしても使用できます。

MeldaProductionの上級プラグインではおなじみのドローイング機能も搭載されています。(EQのカーブを自由に形作ることが出来ます。)

 

それではやってみましょう。

 

Loadをクリックするとジャンル別に整理されたリファレンスソースが現れます。
とりあえずその中から好きなものを選んでみましょう。

上記画像で示したように、赤色マークの「ANALYSIS source」の中にある、「LOAD」「FILE」「DRAW」の中からリファレンス(参照)にする方式を選びます。

    

3つの方式があります

「LOAD」:Meladaが用意したプリセットのリファレンス・ソースの中から選ぶことができます。 

「FILE」:自分で用意した曲やトラックを読み込む場合に使います。(好きなMP3やWAVを読み込むことができます。)

「DRAW」:ドローモード。その名の通り、自分でサウンドの形状を描いて、サウンドを作るモードです。 

   

今回は、「LOAD」(Meladaが用意したプリセットのリファレンスソース)を使います。

上記の画像のように、LOADをクリックすると、別ウインドウが開きます。ここから好みのリファレンス・ソースのプリセットを選びます。(ジャンル分けされているので便利です。)

  

   

リファレンス・ソースを選ぶと、上記の画像のようにEQアナライザ上に「赤いライン」が表示されます。

これが、MAutoEQが分析したリファレンス・ソースの状態です。

 

次に、自分のトラックを分析にかけます。

自分のトラックを再生した状態で、上記画像のように青色の「ANALYSIS target」をクリック。

すると、即座に、青色のラインが現れます。これが、自分のトラックの(現在の)の状態です。

これを、先ほどのリファレンスソースの状態に真似っこさせます。(MAutoEQが自動でやってくれます。)

  

もう一度、 青色の「ANALYSIS target」をクリックすると、下の画像のように、赤色と青色のラインが表示されます。

赤いラインがリファレンスソース、青いラインが自分の現在のトラックを表しています。

 

この状態で再生すると、黒いラインも現れます。これが現在の自分のトラックで、青色のラインとほぼ同じになっているのが確認できるはずです。(下の画像。)

 

次に、「EQUALIZE」をクリック。

⬇️

自動で、リファレンスソースと自分のトラックが同じ曲線の状態になりました。

ちょっとこの状態だと見づらいので、アナライザのGUIを調整します。

⬇️

上記の画像の丸で囲ったSettingsをクリックで、アナライザの表示を事細かに調整できます。今回は、GraphsタブのColorをOFFにします。

こうすることで、自分のトラックの処理前と処理後の曲線が両方黒色で見にくかったのが自動で、緑色と白色に色分けされて見やすくなります。

⬇️ 

薄い水色:自分のトラックの元の状態

緑色:MAutoEQで処理されたあとの状態

白色:MAutoEQが自動で施したEQカーブ 

 

ちなみに、処理後と処理前の曲線の色を好きなものに変えることできます。

Colorの右横にある二つの長方形の部分をクリックして、色を指定できます。
(この場合は、「Color」は点灯させます。)

⬇️

ここまで事細かに色を設定できなくても良い気がしますが。。
このへんがMeladaが変態といわれる理由かと思います(笑)

⬇️

色分けされました。。

 

各バンドの設定

EQの各バンドの細かい設定は、BANDSの「?」の右隣の四角形のマークをクリックすると、詳細表示できます。

⬇️

EQのリセットは、Resetボタンをクリックで行えます。

 

  

  

また、アンドゥー(元の設定に戻りたい時)は、undoボタンがあります。

リミッター、自動音量調整機能も搭載。
また、A~Hまで8個の個別の設定を作って素早く比較することも可能。

  

   

MS処理も可能。

   

「SEPARATE」は、EQUALIZEの正反対の設定になるんじゃないかな?

   

  

下の画像の丸枠。これは、アナライザの表示を見やすくするための機能(ノーマライズ)。その左隣は、表示の一時停止ボタンです。

   

Areasボタンをクリックすると、各楽器の周波数帯域が表示されます。

この他にも書き切れないほど機能があるのですが、取りあえず基本機能はこんな感じかと思います。私もまだ使い始めたところで、細かな間違いがあるかも知れません。その際はご容赦ください。

 


    

マスタリングには欠かせないリニアフェイズ(LP)EQ機能も装備しています。

リニアフェイズ版「MAutoEqualizer LP」も別途で搭載


 

ソノグラム、スペクトルアナライザなど視覚的な機能も充実していてわかりやすい。

MeldaのEQなので音質は良いものです。

ちなみに、この「MAutoEq」とMeldaで人気のEQ「MAutoDynamicEq」との違いを列挙しておきます。

 

EQ バンド数

MAutoEq 10:MAutoDynamicEq 7

ローパスハイパスフィルタの有無

MAutoEq ×:MAutoDynamicEq ◎

リニアフェイズEQ機能

MAutoEq ◎:MAutoDynamicEq ×

オートEQ

MAutoEq ◎:MAutoDynamicEq ◎

どちらもマスタリング・ミキシング用途に使用出来るEQですが、

こちらのMAutoEqは、どちらかというとマスタリング方面により向いている

MAutoDynamicEqは、どちらかというとミキシング方面により向いている

リニアフェイズEQ機能も付いているのが大きい

 

こんなところでしょうか。。

   

     

MAutoEqualizer セール情報

   

 

 

MAutoEqualizerは、2019年2月24日まで50%OFFのセール特価で販売されます。

通常価格 185ドル ➡️ セール特価 92ドル

  

MeldaProductionは、WavesやiZotopeとは単純な価格の比較は出来ません。

なぜなら、(WavesやiZotopeのような)通常のメーカーと違いと、MeldaProductionの製品は一度購入すると一生涯アップデート無償だからです。(いわゆるお布施の必要がない)FL STUDIOと同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク