MeldaProductionの全製品50%OFF全開放セール

Melda Productionのサイバーマンデーセール開催されています。ブラックフライデーからの継続セールです。

全ての製品が50%OFFです。

*セールは12月6日(月)夕方までの予定です。

2021年12月5日:セール期間が1月2日(日)夕方まで延長されています。

スポンサーリンク

MeldaProductionのセールメモ

ご存知の方も多いと思いますが、ここの製品は一年間を通して(5製品くらいずつを)ローテーションで半額のセールを行っています。

したがって、欲しい製品がある場合、辛抱強く待っていれば、いつかはお目当の製品の半額セールがやってきます。

一方、ブラックフライデー期間中は全ての製品が半額になります。

今回のような全製品半額解放は、年に数回。待つストレスから解放されるので欲しい製品がある方はこのセール期間中にチェックしておくと良いでしょう。

また、ブラックフライデーセール期間中は通常はセールになることがあまりないバンドル製品もセール対象になります(この点も重要です。)

MeldaProductionの製品について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: MXXX-pic7-.jpg

マイナーと揶揄されるMeldaですが、実際はdeadmau5Dada Lifeを始め錚々たるアーティスト、プロデューサーが使用しています。

https://www.meldaproduction.com/about/artists

製作者の異様なこだわりを感じさせる多機能さやサウンドの素晴らしさ、一度購入するとMeldaが続く限り一生涯アップデートを無償で提供する太っ腹さもユーザーに支持されています。

(ここ最近はネット上でレビューをされる方も増え、局所的な人気を得るようになってきました。)

一方で、UIの素っ気なさ、(特定の環境による)バグの発生、多機能ゆえ「全ての機能を使いこなすには学習に時間がかかること」など難点も存在します。

(個人的にはMeldaの操作方法の慣れてしまったので、難解とは感じなくなっています。全てのプラグインの操作が統一されているので慣れると新しいプラグインでも意外と早く使いこなすことができるようになります。)

Meldaの多くの製品は、設定をトコトン深掘りできる「EDITモード」とMeldaが事前に用意してくれている設定やプリセットを選択するだけで使える「簡易モード」があります。

簡易モードの使用のみでも十分高品質な音楽を作ることができるように設計されています。

また、多く製品には「ランダマイザー・ボタン」が備わっていて、ボタンを押すごとに新しい設定を提案してくれます。これも面白い機能です。

多くの製品には視認性の高いメーター、アナライザーが装備されているので、状態を視覚的に把握しながら音楽制作を行うことができます。また、GUIの拡大縮小もデフォルトで備わっています。

Meldaのおすすめ&定番製品一覧

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: MDrumReplacer-pic-7-1.jpg

Meldaの製品は一度買ってしまえば、お布施ナシです。一生涯無償でアップデートが保証されます。(FL STUDIOと同じ感じですね。)

地味な宣伝方法と地味なUIで損をしているメーカーですが、性能は業界トップクラスの製品がゴロゴロしています。一方で価格は手頃。セール時はそこから半額なので、狙っているプラグインがある方は良い機会かと思います。

ただし、Meldaの製品は人によって合う合わないがハッキリする傾向があるので購入前にデモ版を使用してみることをお勧めします。

デモ版:https://www.meldaproduction.com/download/plugins

*デモ版の使用期限は15日間です。

上記のダウンロードマネージャーをダウンロードして、そのマネージャーから該当のプラグインにチェックを入れてインストールします。

個人的なおすすめのブツは、以下のような感じです。

MSoundFactory

Meldaの最新シンセプラグイン:MSoundFactoryも半額です。

MSoundFactoryは、濃いMelda製品の中でもずば抜けて内容の濃い製品です。あらゆる種類のインストゥルメントとMeldaProductionのFX系プラグインがほぼ全てが入っています(高性能なシンセ機能も搭載)。

約147種類のMelda Production社製のエフェクターなどのツールが搭載されています。

MMultiAnalyzer

数あるアナライザー製品の中でも機能性と安さで人気のMMultiAnalyzer。おすすめです。

MautoDynamicEq

機能が豊富なダイナミックEq。

ただしEQは他にも良いものがたくさんあるので、これじゃなきゃいけないと言うことはありません。自分はこれがメインのEQですが、最近はFabfilter pro q3やNeutron AdvancedのEQあたりが定番なのかなかと思います。

MautoDynamicEqの良いところは、他社のライバル製品と比べると機能が豊富で(セールを狙えば)安いことです。

Mautoalign

トラック間の「位相のズレ」解消し、曲をより音楽的にするツール。(特におすすめです)

詳細記事をご覧ください。

(トラック間の「位相のズレ」解消し、曲をより音楽的にするツール『Mautoalign』)

Mrhythmizer

(飛び道具系FX)MRhythmizerは、DJライクな即興エフェクトを簡単に作り出すプラグイン。

スクラッチやスタッター、テンポを変更したりと、様々な用途で使用できます。もっと簡単に言うと、FL StudioのGrossBeat(99ドル)に似たツールです。

Mrhythmizerには2つバージョンがあります。通常版とマルチバンド版。

マルチバンド版:

通常版:

MBassador

(低音増強力が半端無いです。EDMアーティスト必見。)特にEDMやヒップホップなどのダンスミュージックを扱っている方にオススメです。ガッツリ低音盛れますよ。

MSpectralDynamics

マスタリングの秘密兵器『MSpectralDynamics』

大ざっぱに言うと、MSpectralDynamicsは、音程のバランス取り(スペクトラル・バランシング、トーナル・バランシング)や、コンプレッシング、イコライジング、マスキング、ノイズリダクションなどをこの一台で行えるプラグインです。

(エキスパンダー 、マキシマイザー、ゲートなどなど。。)ミキシング、マスタリングに必須の機能を備えた多機能ツールです。

MTurboComp

一つのプラグインに、異なるコンプ・プラグイン14種類を搭載したモンスターコンプレッサープラグイン。

MVintageRotary

MVintageRotaryは、伝説的なLeslie 122回転スピーカーキャビネットのサウンドを再現したプラグインです(VST・AU)。 ギター、シンセ、ボーカルなど様々なサウンドに、グッと来るヴィンテージな味付けが欲しい時に適したツールです。(個人的にお気に入りのプラグインです。)

MUnison

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Melda-Production-MUnison.jpg

優れたサウンドデザインツール。プリセットを選んで軽く微調整するだけでも、サウンドをより音楽的にすることができる魔法のハーモナイザー。ボーカルだけでなくあらゆる音源に効果を発揮します。

MDrummer

多機能な総合ドラムツール『MDrummer』

これ一台で、ロック〜ポップス〜クラブ系など広範囲なドラムが手に入ります。

どのジャンルのドラムサウンドもコレ一つあればって感じの怪物ドラムツール。これも半額になっています。(個人的にこれも気に入っているプラグインです。ただしUIが若干ごちゃついています。)

MDrummerには、14.27 GBの新しい巨大なサウンドコレクション

Studio2018が追加されました

MXXX

Melda製品実質全部入りの怪物プラグイン。

MXXXはいわゆるチャンネルストリップ的なツールです。おすすめです。MXXXの中には、Meldaのほぼ全てのプラグインがモジュラーとして内蔵されています。

全部入りバンドルの『MCompleteBundle』の約半分の価格でMeldaのほぼ全ての機能を網羅しています。

MPowerSynth

MPowerSynthもMDrummerと同様にこれ一台あれば他にシンセはいらないと言う方々もいるほどに汎用性が高く、奥が物凄く深過いモンスターシンセ。FXの機能が半端ないです。(MeldaProductionのほぼ全てのFXがこのMPowerSynthの中に内蔵されています。)

注意点は、多機能な分、習得には根気が必要なことと、CPUへの負荷が高めなことです。

また、ファクトリープリセットは豊富に用意されていますが、外部で販売されているサウンドバンクはほとんどないので、自分でサウンドデザインする方用です。

MAmp

サウンドに迫力と心地良さを追加するFXプラグインMAmp。

MAmpは、サチュレーションやディストーションの機能を持つ多機能なヴィンテージアンプシミュレータープラグインです。

MeldaのMVintageRotaryで採用されているAMPアルゴリズムを内蔵していて、ヴィンテージのアナログ・コンポーネントに基づいた設計がなされています。

MAutoVolume

ボーカルや楽器の音量のムラを簡単に補正できるツール

MeldaProductionのMAutoVolumeは、ボーカルや楽器演奏で(生録時等で)発生するソロ音源の音量のムラ(不快な強弱)を綺麗に補正してくれるプラグインです。

MeldaProductionの製品群の中でも高い人気を誇る製品です。

MPhatik

3つの機能を持つハイブリッドエフェクター

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: MPhatik04.v1.jpg

MPhatikは、アンプ、コンボリューションリバーブ(IR)、コンプレッサーを搭載したユニークなダイナミック・マルチエフェクトです。

MPhatikは、ドラムやベース、シンセなどのサウンドを「リッチに」「太く」「鮮やかに」「タイトに」にするのに使える便利なツールです。

MDelayMB

『MDelayMB』は、6つの帯域を好きなように分割して、それぞれ全く個別のディレイを設定することが可能。(Melada開発者の執拗なマルチバンド機能へのこだわりを感じます。)

この機能のおかげで、MDelayMB1台のみで非常に複雑なディレイ効果が作れます。

セール時だと27ドルで買えます。マルチバンドの多機能ディレイとしてはかなり安い部類。ただしリバーブは個々の好み大きいのでデモの使用は必須かと思います。

MDynamicsMB

便利なマスタリング総合ツール。

MDynamicsMBは、コンプレッサーの基本性能に加えて、マスタリングとミキシングに不可欠な『エキスパンダー』『ゲート』『6バンドEQ』など、数多くの付加機能を合体させたミキシング&マスタリングの総合ツールです。

複雑で難しそうなツールに見えますが、イージーモード画面で用意されている各デバイスを選択すして微調整するだけでもプロっぽくなるように設計されています。

*また、このMDynamicsMBは、その名に『MB』とあるように、マルチバンドで機能させることができます。

MCharacter

MCharacterは他には無いユニークなツールで、モノフォニックオーディオ素材の倍音を直接コントロールできるプラグインです。

ボーカル、ベース、トランペット、サクソフォンなど様々なサウンドで、積極的なサウンド作りが可能です。また、ミキシングにも使用できます。

MConvolutionMB

MConvolutionMBは、高性能なコンボリューションリバーブ、インパルスレスポンス(IR / Impulse Response)プラグインです。IRリバーブで安価で高性能なプラグインを探している方は、チェックしてみると良いと思います。

MDrumReplacer

強力な検出機能と簡単操作のドラムリプレイサー&約77GBのドラムライブラリ

ドラムリプレイサーとは、ミックスのドラムの各パートを、自分の好みの別のものに入れ替えることができるツールのことです。

ドラムリプレイサーは各社色々出ていますが、まだ持っていないなら、検討の余地は十分にある製品だと思います。この価格で、内蔵されている機能は半端ないです。

MCompare

『MCompareは、ミキシングとマスタリングのための究極のリファレンス(A / B 比較)ツールです。 自分の耳の錯覚に騙さずに良いサウンドを得ることができます。』

MCompareの画面左下部の「FILE」にリファレンス音源をドラッグアンドドロップして、聞き比べたい時に「FILE」を押せばリファレンスと製作中のトラックを聞き比べることが出来ます。

MDrumEnhancer

(万能ドラムサウンド改善ツール)

MDrumEnhancerは、任意のサンプル音源から抽出した情報を使ってオーディオ素材を強化させる独自のプロセッサーを搭載したユニークなドラムエンハンサーです。

この機能により、ドラムサウンドをリフレッシュさせることが出来ます。

ぱっと見は、ドラムリプレイサーに近いと思われるかも知れませんが、その内実はかなり異なります。

スネアドラムトラックへの「スネアノイズ」の追加、バスドラムに欠けている「Boomサウンド」「スナップサウンド」の改善。またはサウンドの完全な再合成に使用できます。

用途は、EDM、アコースティック、JAZZ、ヒップホップなど、どのようなジャンルのドラムサウンドの改善にも効果を発揮します。

MStereoSpread

MStereoSpreadは、現代の音楽に必要とされるタイトでパンチの効いたサウンドを作り出すツールです。

MStereoSpreadは、現代の音楽に必要とされる(リスナーの耳を虜にする)タイトでパンチの効いたサウンドを作り出すツールです。

聴覚心理学の技術を応用して、トラックのサウンドの聞こえ方を聞き手側にもっと近づけ、物理的に可能な限りサウンドを幅広くタイトにし、また、一方で、自然で美しく聞こえるように整えることができます。

MRotary

多機能ロータリーアンプシミュレータ。

MRotaryは、キャビネットアンプシミュレーター(ロータリースピーカー・キャビネット・シミュレーター)です。

ギターだけでなく、それ以外のサウンドデザインも捗ります。他者とは違うユニークなサウンドを目指している方は是非チェックしてみてください。

その他のセール

バンドル製品

バンドル製品、狙っている方も結構いらっしゃるんじゃないかと思います。

もちろんバンドルもアップデート一生涯保証です。

https://www.meldaproduction.com/about/licencing#FreeForLifeUpdates

ちなみに、新しいプラグイン製品がリリースされた場合、Meldaでは面白いことが起きます。

例1:サウンドデザイン系のFXプラグインがが新たにリリースされた場合。

MCreativeFXBundle、MTotalFXBundle、MCompleteBundleに無料でそのプラグインが追加されます。

例2:マスタリング系のプラグインが新たにリリースされた場合。

MMasteringFXBundle、MCompleteBundleに無料でそのプラグインが追加されます。

要するに、新たにプラグインがリリースされると、そのプラグインが所属する製品ラインのバンドル(サウンドデザイン、マスタリング、ミキシングなど)に無料で追加される仕組みです。

そして、全部入りのバンドルMCompleteBundleを所有している場合は、有無も言わさず未来にリリースされる全てのプラグインが提供されます。

MCompleteBundle(Melda製品の全部入りバンドル)

ミキシング、マスタリング、サウンドデザイン。音楽制作で必要となる全てのプラグインが収録されている最強バンドル。

この「MCompleteBundle」は、エフェクトとインストゥルメントの究極のコレクション。

現在、MDrummer、MPowerSynth、ダイナミクスプロセッサー、イコライザー、コーラスとフェイザーを含むモジュレーションエフェクト、リバーブ、ステレオツール、アナライザーなど、111個の製品が含まれています。

Meldaは新しい製品の開発も盛んですが、それら新しい製品もリリーされ次第、このMCompleteBundleに随時追加されます。(要するに、Meldaにあるプラグインは、未来のものも含めて全て収録されるクレイジーなバンドルです。。)

MTotalFXBundleのプラグイン群に加えて、音源系のMDrummer, MPowerSynthも入った、Meldaの製品群全部入りのバンドル。100アイテム以上。最高です。

メーカーページ:

MCompleteBundle

セールページ:

MCompleteBundleのセールページ

MTotalFXBundle

MTotal Bundle

Meldaがリリースしたすべてのエフェクプラグイン群が収録されているの究極のバンドル。

その数103アイテム。

MXXXも入っているので、実質的にMCompleteBundleと殆ど変わらない機能を有しています。

なので、MXXXに内蔵されているMPowerSynthとMDrummerも使えます。おすすめです。

メーカーページ:

MTotalFXBundle

セールページ:

MTotalFXBundleのセールページ

MMasteringFXBundle

MMasteringFXBundle Main Image

マスターリング用の22のエフェクト入りです。マスタリング前の段階(ミキシング)でも使用できるように設計されています。

メーカーページ:

MMasteringFXBundle

セールページ:

MMasteringFXBundleのセールページ

MMixingFXBundle

MMixingFXBundle Main Image

29個のエフェクト。ミキシング特化のバンドル。

メーカーページ:

MMixingFXBundle

セールページ:

MMixingFXBundleのセールページ

MCreativeFXBundle

MCreative Bundle

飛び道具系も多数収録されています。サウンドデザイン系バンドル。

MRhythmizerMBも入っています。

メーカーページ:

MCreativeFXBundle

セールページ:

MCreativeFXBundleのセールページ

MFreeFXBundle

MFreeFXBundleの半額セール。

MFreeFXBundleは通常無料で利用出来ますが、そこらのフリーソフトとは比べるべくもなく高性能な製品群です。

フリーといわれていますが、実はこのバンドルには有料の上位版があります。(有料版があるからこそ、常にバージョンの刷新が行われているわけです。)

ちなみに、無料版には以下の3点の制限がかかっています。

  • UIの拡大縮小不可
  • 自作のプリセットの保存が出来ない
  • UI下部にある赤い帯状の広告が消せない

有料版に移行するとこの制限が取っ払われます。

これ以外と大きいんでよね。。

特にUI拡大縮小は超便利。(無料版のUIが小さ過ぎる!!良プラグイン群なのですが、これだけで使う気が削がれる。)  

セールページ

管理人メモ

Melda製品のすごいところは、何と言っても購入後のアップデートが(Meldaが続く限りは)一生涯無料なところです。

また、バンドル版では、(Meldaは新製品を良く出すのですが)それら新製品もバンドルに追加されます(*)。なので、最初にバンドルを買っておけば、それら新製品が自動的に自分のアカウントに追加される仕組みです。Meldaの一生涯アップグレード無料は神ですなぁ。

*使いされる新製品は、各バンドルに該当する製品のみ。一方で全部入りバンドルのMCompleteBundle場合は有無も言わさず全て追加されます。

バンドル製品を購入する場合は、本家サイトの場合は、現在所有しているMeldaProductionの製品がクロスグレード対象になることがあるので、Plugin Boutiqueのサイトと本家サイトとの価格とポイント、税などを比較して、条件の良い方で買うとよいと思います。(Plugin Boutiqueで貰えるポイントも結構バカにならないのでその点も留意してください。)

MeldaProduction 50%オフのセールページ@Plugin Boutique

Maldaの本家ページ

追記:Melda本家サイトで買い物をする際の私の割引クーポンです(MELDA2778356)。良かったら使ってください。わたしにもMeldaのポイントが入ります。ただし、他にもクーポンを配布している方もいらっしゃるので、気に入った方のクーポンコードを使って下さい。