11月1日まで無料で貰えるWusik One(通常価格50ドル)

よろしければシェアお願いします

Wusik One。Facebookイイねキャンペーンで無料でもらったのですが、中々面白いサンプラーです。 元は約50ドルの製品なのでそこそこしっかり作られています。

スポンサーリンク

Wusik Oneのもらい方

以下の記事を参考にしてください。

ただし無料で貰えるのは、11月1日までです。
  Wusik Software社の49.95ドルのサンプラー「Wusik One」貰えるそうです。(*要Face...

 

6GBのサウンドコレクションの追加方法

SFZ、WAVをロードできます。また、非常に軽い。これだけでも個人的には合格。

6GBのサウンドコレクションもついてきます。(ダウンロードに1時間くらいかかりましたが。。)

このライブラリーを鳴らすだけでも楽しいです。

この追加サウンドコレクションの導入方法がわかりづらかったので、一応説明しておきます。

上記画像、丸で囲った部分。「Browser(Option)」を右クリック。

そうすると、コンテクストメニューが出てくるので、Manage Extra FolderのAdd User Files1をクリック。

追加すべきファイルのロケーションを選択すれば、右側のブラウザに追加した音源が現れるようになります。

  

  
Wusik Oneは、Wusik 8008とWusik Station V9と同じエンジンをベースにしています。
その背後にあるアイデアは、SFZ、WAV、WusikSNDなどのサンプルを直接再生するための小さなプラグインを用意することです。
ファズがなく、重いリソースもありません。
 
単純振幅ADSRエンベロープ。 マルチモードフィルター(Wusik Stationでも同じ)
 複雑なサンプル再生エンジン:GranularとWavetable Synthesis 
デュアルモード(2 x OSC) 
ラウンドロビンとキースイッチによるマルチレイヤーのサポート 
サンプルゾーンエディタとキーゾーンエディタ 
ステレオディレイとスタジオリバーブ
 
製品には6ギガビットのサウンドが付属しています
Wusik One
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク