zplane『deCoda』耳コピ支援ツール(テンポ&コード解析ソフトウェア)

世界的なタイムストレッチアルゴリズムを技術を持つzplane社が開発しているテンポ&コード解析ツール『deCoda』。

2021年9月15日:セールが復活しています。

通常価格:55ドル → セール特価:34ドル

*9月21日(火曜日)17時59分頃の短期セールです。

スポンサーリンク

zplane『deCoda』新しい音楽理論ツール(耳コピ支援ツール)

『deCoda』簡単な操作のみで曲のコードとテンポを解析してくれるソフトウェア(*1)です。

いわゆる耳コピ支援ツールです。

非常に簡単な操作で曲のコードとテンポを解析してくれです。

(このdeCodaに搭載されているタイムストレッチアルゴリズムは、Zplane社の世界的なタイムストレッチ技術「elastique Pro」のアルゴリズムが使われています。)

(*1)deCodaは、プラグインではなく、単独で使用できるスタンドアローン型のソフトウェアです。

【日本語】ざっと見動画(1分50秒):

ざっと見動画(1分30秒・日本語字幕可能):

【日本語】SONICWIRE様による解説動画・「コード」「テンポ」「メロディ」を簡単解析!耳コピ支援ツール『deCoda』の使い方(16分):

紹介動画(2分):「deCodaでサンプルを音楽に変える」

deCodaは、あなたのサンプルの中にある音楽を解き明かすソフトウェアです。

どんなオーディオファイルでもインポートすれば、deCodaはキーやテンポを教えてくれ、演奏しているコードを表示します。コード解析をMIDIとしてエクスポートし、DAWで使用することもできます。

Focus EQを使って、ミックスから楽器を分離または削除することができます。スペクトルピアノロールビューを使って、手動でメロディーをトレースし、MIDIとしてエクスポートすることができます。

deCodaは、ミュージシャンが新しい曲を学ぶためのツールとして設計されましたが、サンプルの中にある音楽的な宝石を解き放つための革新的なツールとして、コミュニティに受け入れられています。

deCoda1.1で曲を学ぶ(1分55秒):

オーディオファイルをインポートすると、deCodaはこれまで以上に速く曲を学ぶことができます。

deCodaはキー、テンポ、コードを教えてくれますし、バースやコーラスなどのセクションを指摘してくれたりします。

deCodaの使用方法はとても簡単です。お気に入りの曲を追加して、deCodaにそれを理解させるだけ。

deCodaは、音楽やレコーディング業界で働く人々からインスピレーションを得て、新しい曲を楽に学べるように、ゼロから設計されました。

(deCodaはzplaneによって開発されています。zplaneの技術は、トップアーティストやプロデューサーによる世界的なヒット曲の多くに使われており、deCodaにもそのノウハウが生かされています。)

deCodaの詳細

deCoda』デコード・練習・マスター・リピートに

deCoda:曲を数秒でデコード

deCodaは、数秒で、キー、テンポ、コードや詩のあるコードなどを教えてくれるツールです。

deCodaは、これまで以上に楽に曲を学習できる機能を提供します。

(音楽制作者やレコーディング業界で働く人々からzplaneがインスピレーションを受けつつ開発した製品です。)

deCodaは著名な「zplaneテクノロジー」を使用しています。

(zplaneテクノロジーは、トップアーティストやプロデューサーによる世界最大のヒット作の多くに使用されており、その同じノウハウがdeCodaの強化に使用されています。)

deCodaの主な機能

  • 高度なコードおよびテンポ検出アルゴリズムを搭載

  • 柔軟なループオプション

  • 曲構造の自動検出機能付き(パートA、B、C、A2、B2など)

  • 選択したキーに即座に移調

  • ピッチを維持しながらテンポを変更します

  • トラックの一部を分離するためのフォーカスEQを搭載

  • ピアノロールに表示されるメロディ情報

  • エクスポート可能なMIDI

  • インポート可能なオーディオ形式:wav、aiff、mp3、wma、flac、ogg

deCodaの各機能の詳細

ミュージカルナビゲーション

曲のビート、テンポ、構造に関するdeCodaの知識により、サンプルや秒単位ではなく、音楽用語でナビゲートできます。

キーボードヒットまたはタッチスクリーンスワイプだけで、曲をパート、小節、またはビートで探索できます。セクションループを自動的に作成し、これらのループを迅速に展開できます。ナビゲーションではなく、楽器に集中してください。

コードと構造の認識

deCodaは、ビート、テンポ、キー、コード、曲の構造など、曲の音楽データをデコードします。

AIを使用して、deCodaはそれぞれの知識に基づいた推測を行い、編集の適切な開始点を提供します。場合によっては、編集する必要さえありません。

スペクトルビューのピアノロール

ピアノロールには、曲のメロディーの内容が表示され、編曲に使用できるノートを選択できます。結果を再生し、MIDIとしてDAWまたは表記ソフトウェアにエクスポートできます。

フォーカス

フォーカスモードを使用すると、ステレオミックスで聴きたい楽器を強調表示できます。

そして、パートを理解したら、逆フォーカスモードに切り替えて楽器を取り外し、バッキングトラックで練習することができます。

テンポ、ピッチ、または両方を変更してください!

zplaneのelastique Proは、世界で最もよく使用されているタイムストレッチアルゴリズムの1つです。

そしてもちろん、それは、deCodaの中にも備わっています。

曲を遅くしたり、速くしたり、キーを変更して楽器や声に合うようにすることができます。

deCodaはまた、曲のチューニング周波数を検出し、お好みのチューニング周波数に自動的に一致させます-手動でセットアップする必要はありません。

メトロノーム

練習にメトロノームが必要ですか?

必要に応じて、deCodaでメトロノームを追加し、4、8、または16拍目でクリックします(それは常に曲と同期します)。

また、1小節または2小節のカウントインを追加したり、潜在的なアップビートを特定したりすることもできるため、最初のノートを見逃すことはありません。

内部ライブラリ

deCodaにドロップするものはすべて、内部ライブラリに安全に保管されます。

プロジェクトを保存する場所を見つけたり、対応するオーディオファイルを見つけたりする必要はありません。検索バーに曲の名前を入力するだけで、すぐに前回の続きを見ることができます。

共有する

プロジェクトをバンドメイト、プロデューサー、友人、または学生と共有する必要がありますか? 問題ありません。

プロジェクトをエクスポートするだけで、音声も含めてすべて簡単に共有できるファイルになります。

また、作業中のループの低速バージョンをエクスポートして、再生デバイスに配置することもできます。

そして、あなたが見つけた音符をMIDIファイルに送信するか、選択した記譜ソフトウェアに直接送信できます。

ライト/ダークテーマ

deCodaを使用しているところはどこでも、zplaneには適したテーマがあります。転写を行うカフェに座って、光のテーマはあなたに必要なコントラストを与えます。暗いテーマは、スタジオで練習するときの眼精疲労を軽減しますが、地下室や夜の歌を理解することもできます。

システム要件

Mac

  • OS 10.7以降(64ビットのみ)。
  • システムCPU:2GHz(最小)。
  • 画面:1366×768の解像度(Minumim)。

Windows

  • Windows 7、8.1、または10(64ビットのみ)。
  • システムCPU:2GHz(最小)。
  • 画面:1366×768の解像度(Minumim)。

チュートリアル動画

deCodaの紹介&チュートリアル動画全14巻(どれも1分から2分ほどの短い動画です)

上記の動画は、Googleの自動翻訳機能で日本語の字幕で視聴可能です。(一応方法を載せておきます。。)

右下の字幕スイッチをオンにして、その右隣の歯車マークをクリックして『字幕』から日本語を選択。

完全な日本語ではないですがそこそこ役に立ちます。

セール情報

通常価格:55ドル

セール特価:34ドル(40%OFF)

*上記の製品を購入時に、Native InstrumentsのFXプラグイン『 FREAK』(29ドル)が無料でプレゼントされます(9月いっぱい有効)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年6月:55ドル→32ドル
  • 2020年9月:55ドル→46ドル
  • 2020年10月:55ドル→39ドル(ZPLANEの20周年記念セール)
  • 2020年11月:55ドル→39ドル(ブラックフライデーセール)
  • 2021年1月:55ドル→29ドル(ニューイヤーセール)
  • 2021年4月:55ドル→29ドル
  • 2021年7月:55ドル→29ドル(サマーセール)