8/31まで【過去最安】iZotope『Stutter Edit 2』が最安の75%OFFになるクーポン配布中(最新マルチFX)

刷新されたばかりの最新マルチエフェクトプラグイン『iZotope Stutter Edit v2』。

現在配布中のクーポンを使うとぶっちぎりの過去最安価格に。。(75%OFF)。

Stutter Edit 2は、非常に複雑なスタッターエフェクトをシンプルな操作でリアルタイムに作成できる最新音楽制作ツールです。

【Stutter Edit 2 発表トレーラー】伝授されるBTの魔法。10年の時を経てStutter Editの続編が待望のリリース!

追記

このセールは、iZotope社のElements製品かVocalsynth2を所有している方向けのアップグレードセールなのですが、実質的にどなたでも購入可能です。

この製品(iZotope Stutter Edit 2のアップグレード版)を購入すると、自動的にオマケとして『RX 7 Elements』が進呈されます。

参考記事:

その進呈された『RX 7 Elements』が『iZotope Stutter Edit 2のアップグレード版』のアップグレードの踏み台になってしまうので、実質的にどなたでも購入可能になるのです。

Plugin Boutique社のサポートセンターに確認したところ『この買い方でも問題ないよ!』との報告を頂きました。

したがって(しつこいですが)以下に説明する方法を使えば、『iZotope Stutter Edit 2のElements製品からのアップグレード版』を実質的にどなたでも75%OFFで購入できます。

なんと太っ腹。。

*元々何かしらのiZotope社のElements製品、もしくはVocalsynth2をお持ちの方も、もちろんこのアップグレード版を購入できます。

*クーポンに期限は、恐らく2020年08月30日(日)夕方まで

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セール情報

通常価格:199ドル

クーポン適用で:49ドル!(75%OFFで過去最安)

クーポンコード:3jjlfntr

購入方法

(各画像はクリックで拡大できます。)

iZotope Stutter Edit 2 のセールページへ行きます。

⬇️

ADD TO CART(買い物カゴに追加)をクリックします。

⬇️

ページ右上の「CART(買い物カゴ)」をクリックして、次のプロセスに進みます。

⬇️

SHOPPING CART(買い物かご表示ページ)へ飛びます。ページの一番下にある「PROCEED」をクリックします。

⬇️

ログインページに飛ばされます。ここでログインします。

まだPlugin Boutiqueで会員登録をしていない方は、ページ下部にある「Click Here」をクリックして会員登録を行います。会員登録は無料です。登録方法はこちらを参考にしてください。

⬇️

ログイン(もしくは会員登録)が済んだら、Shopping Cart画面に戻ります。

ここでクーポンコードを適用します。

Discountsの文字の右側にクーポンコード『3jjlfntr』を記入して、その右側にある「RECALC」アイコンをクリックします。

⬇️

以下の画像のようにTOTAL DUE(支払い合計金額)が約38英国ポンド(49ドル)になっていれば成功です。

⬇️

上記のページを下にスクロールし、(氏名住所などの)必要事項を記載して、一番下のGO TO CHACKOUTをクリックし最終のお会計画面に進んで支払いを済ませます。

Stutter Edit 2について(大幅に刷新されたマルチエフェクト)

【Stutter Edit 2】基本的な使い方と仕組みについて

Stutter Edit 2の概要

Stutter Edit 2は、BT(ブライアン・トランソー)の頭の中にある元を具現化したツールです

iZotopeのStutter Editは、BTとiZotopeのコラボレーションによる音楽作成ツールです。

新しくなった「Stutter Edit 2」では、有名な「スタッター」編集エフェクトを1つのボタンで作成して、サンプル、トラック、ミックスをスライスおよびダイシング(サイコロ化)できます。

新しいカーブエディターでエキサイティングな動きを作成し、テンポでエフェクトをコントロールできます。

新たに追加されたプリセットバンクには、急上昇するジェスチャーやグリッチアウトしたブレイクダウンなどのプリセットが豊富に用意されているので、さらに音楽制作を深く掘り下げていくことができます。

Stutter Edit 2を使えば、あなたの作品を昇華させ、底なしのインスピレーションを1つのプラグインで手に入れることができます。

ワンボタンでアクセス

新しいAUTOモードでは、ルーティングを必要とせずに、ミックスのサウンドを簡単に試したり、ジェスチャーを発射したりすることができます。

また、お使いのDAWを検出してステップバイステップのセットアップ手順を提供するオンラインヘルプシステムを使って、MIDIコントローラーを簡単に接続することもできます。

プロ仕様にデザインされたプリセットを使えば、映画のような立ち上がり、エキサイティングなトランジション、クラブで使えるフィルター・スイープなど、すぐに作品に追加できるようになります。Stutter Edit 2への道を歩み始めても、すぐに音作りができるようになります。

ミックスでの動き

アップグレードされたDistortモジュール、新しいComb、Chorus、Limiterモジュール、BTのパーソナルコレクションからの新しいReverbモジュールが、ローファイな耳を楽しませるものから注目を集めるテープストップまで、11種類のエフェクトに加わりました。

Stutter Edit 2のすべてのノブとスライダーは、新しいCurve Editorを使ってセッションに合わせて動くようになっているので、DAWのオートメーションを使わなくてもエフェクトの動きを描くことができます。

青色のスライダーで範囲を選択し、あらかじめ作成されたカーブを選んで(または独自のカーブを描いて)、作成したものを再生して聞くことができます。

スタッター、ブレイク、カットを作成できます

リズミカルなジェスチャー、スウィープフィルター、グリッチエフェクトなど、あらゆるものを一度に発火させることができるのがStutter Edit 2の魅力です。

例えば、カスタムバンクを使って数十種類ものユニークなジェスチャーにアクセスできます。

ビートに合わせてサンプルをチョップアップしたり、スタッターとバッファのコントロールを使えば、シンセのようなピッチのある音に切り刻むこともできます。

シンプルに。もっと深く。いろいろなジェスチャーを試して、あなただけの音楽を作ってみましょう

Stutter Edit 2の主な機能

  • どんな音でもすぐにリズミカルなパターンを作成できます。

    ハイハットをトラップ。ボーカルをスキップさせたり、ジャンプさせたり。パーカッションをピッチに変える ダブステップのブレイクダウンを作ってみよう。


  • AUTOモードを使えば、ボタン一つで簡単にミックスのサウンドをオーディションできます。

    MIDIコントローラーを接続するには、使用しているDAWをステップバイステップで検出するアプリ内ヘルプを利用しましょう。


  • Curve Editorは、Stutter Edit 2のあらゆる設定に影響を与え、スウィープなフィルター、ポンピングなリバーブ、ローファイなエネルギーのブレンドを作ることができます。

    任意の設定を掘り下げてカーブを詳細に編集したり、12種類のプリセットカーブから選んでインスピレーションをすぐに得ることもできます。


  • エフェクトモジュール:より深いコントロールと、モーションやカオスのためのより多くのオプションを使って、創造力を発揮しよう。

    Stutter Edit 2では、新しいCombとChorusモジュールに加えて、フル機能のReverbと2バンドのDistortモジュールが追加されました。


  • BTがデザインしたバンクとジェスチャーは、豊富なエフェクト、アイデア、サウンドを提供します。

    保存されたバンクはMIDIキー・キーボードに自動マッピングされるので、指先で何十種類ものジェスチャーを使用できます。


  • 論理的なワークフローを提供するUIエクスペリエンス。

ジョシュア・キャスパー氏による最新のチュートリアル動画:

Stutter Edit 2 by iZotope | Tutorial | Stutter & Buffer | Getting Started Part.1
Stutter Edit 2 by iZotope | Tutorial | Effects & Automation | Getting Started Part.2

デモ動画:

iZotope Stutter Edit 2 – First Encounter
iZotope Stutter Edit 2 – Sonic LAB First Look
How To Use iZotope Stutter Edit 2 with Protoculture

Stutter Edit 2の特徴

より多くのエフェクトでより多くの可能性

新しいエフェクトモジュールと無限の可能性を秘めた新しいCurve Editorで、新しい色とテクスチャをあなたの音楽に注入しましょう。

数十種類の新しいバンクとジェスチャー

BTがデザインした新しいプリセットは、豊富なエフェクト、アイデア、サウンドをお手元にお届けします。

1回のキー操作で何時間もの編集が可能

新しいオートモードで複雑なリズミックエフェクトを瞬時に作成。

その場でエフェクトを発射したり、MIDIコントローラーを使ってキーに触れるだけで数多くのジェスチャーにアクセスできます。

非常識な新しいエフェクトでクリエイティブに

新しいReverb、Comb、Chorusモジュールは、ミックスに合わせて動く11種類の非常識なエフェクトのスイートに加わりました。

アグレッシブなディストーション、オートパンエフェクト、ピッチの曲がったリバーブなど、スタッターエディットを組み合わせてみましょう。

新しいCurveエディターによるオンリーワンのサウンド

スタッターエディット2のスライダーをクリックすると、そのユニークなカーブを編集できます。パン、スタッター、ゲート、ディストーションなどのタイミングをコントロールして、心を揺さぶるエフェクトを作りましょう。

すべてのパラメータがあなたの遊び場です

MIDIコントロールのリズムとピッチエフェクト機能

What's New In Stutter Edit 2 | iZotope Real-time Rhythmic Performance Software

Stutter Edit 2では、ミックスに動きを加えるのがこれまでになく簡単になりました。

オートモード、非常識な新エフェクトモジュール、カーブエディターなどの新機能を探索してみましょう。

メーカーページリンク:

Stutter Edit 2 Overview | One plug-in, endless inspiration
Master rhythm with iZotope’s Stutter Edit 2, a real-time audio manipulation plug-in for electronic performance and sound design—designed by BT.

システム要件

オペレーティングシステム

Mac. High Sierra (10.13) – macOS Catalina (10.15)

PC:Windows 8 – Windows 10

プラグインのフォーマット

AU、AAX、VST2、VST3(すべてのプラグインフォーマットは64ビットのみです)

サポートされているホスト

Logic Pro X、Live 9.7-10、Cubase 9.5-10.5、Pro Tools 12-2020、FL Studio 20、Studio One 4、REAPER 6、Reason 11、Bitwig Studio 3、Cakewalk by Bandlab、Digital Performer 10

関連記事:(これも貰えます)