iZotope『Stutter Edit 2』複雑なスタッターFXをシンプルな操作でリアルタイムに作成できる最新マルチエフェクター

『Stutter Edit v2』は、iZotope社が開発している最新マルチエフェクト・プラグインです。

現在、iZotope Julyセールで、Stutter Edit 2の75%OFFが復活中です。

通常価格:199ドル → セール特価:49ドル

気になっていて前回の最安セールを見逃した方はセール期間中にチェックしてみるよ良いでしょう。

*セールは8月1日(日曜日)18時頃まで。

スポンサーリンク

Stutter Edit 2について(大幅に刷新されたマルチエフェクト)

Stutter Edit 2は、非常に複雑なスタッターエフェクトをシンプルな操作でリアルタイムに作成できる最新音楽制作ツールです。

Stutter Edit 2の紹介動画

【日本語】Stutter Edit 2の日本語紹介動画(5分):

【日本語】Stutter Edit 2の日本語による解説動画(7分):

【日本語】解説動画(20分55秒):

Stutter Edit 2について

Stutter Edit 2は、BT(ブライアン・トランソー)の頭の中にある元を具現化したツールです

iZotopeのStutter Editは、BTとiZotopeのコラボレーションによる音楽作成ツールです。

新しくなった「Stutter Edit 2」では、有名な「スタッター」編集エフェクトを1つのボタンで作成して、サンプル、トラック、ミックスをスライスおよびダイシング(サイコロ化)できます。

新しいカーブエディターでエキサイティングな動きを作成し、テンポでエフェクトをコントロールできます。

新たに追加されたプリセットバンクには、急上昇するジェスチャーやグリッチアウトしたブレイクダウンなどのプリセットが豊富に用意されているので、さらに音楽制作を深く掘り下げていくことができます。

Stutter Edit 2を使えば、あなたの作品を昇華させ、底なしのインスピレーションを1つのプラグインで手に入れることができます。

ワンボタンでアクセス

新しいAUTOモードでは、ルーティングを必要とせずに、ミックスのサウンドを簡単に試したり、ジェスチャーを発射したりすることができます。

また、お使いのDAWを検出してステップバイステップのセットアップ手順を提供するオンラインヘルプシステムを使って、MIDIコントローラーを簡単に接続することもできます。

プロ仕様にデザインされたプリセットを使えば、映画のような立ち上がり、エキサイティングなトランジション、クラブで使えるフィルター・スイープなど、すぐに作品に追加できるようになります。Stutter Edit 2への道を歩み始めても、すぐに音作りができるようになります。

ミックスでの動き

アップグレードされたDistortモジュール、新しいComb、Chorus、Limiterモジュール、BTのパーソナルコレクションからの新しいReverbモジュールが、ローファイな耳を楽しませるものから注目を集めるテープストップまで、11種類のエフェクトに加わりました。

Stutter Edit 2のすべてのノブとスライダーは、新しいCurve Editorを使ってセッションに合わせて動くようになっているので、DAWのオートメーションを使わなくてもエフェクトの動きを描くことができます。

青色のスライダーで範囲を選択し、あらかじめ作成されたカーブを選んで(または独自のカーブを描いて)、作成したものを再生して聞くことができます。

スタッター、ブレイク、カットを作成できます

リズミカルなジェスチャー、スウィープフィルター、グリッチエフェクトなど、あらゆるものを一度に発火させることができるのがStutter Edit 2の魅力です。

例えば、カスタムバンクを使って数十種類ものユニークなジェスチャーにアクセスできます。

ビートに合わせてサンプルをチョップアップしたり、スタッターとバッファのコントロールを使えば、シンセのようなピッチのある音に切り刻むこともできます。

シンプルに。もっと深く。いろいろなジェスチャーを試して、あなただけの音楽を作ってみましょう

Stutter Edit 2の主な機能

  • どんな音でもすぐにリズミカルなパターンを作成できます。

    ハイハットをトラップ。ボーカルをスキップさせたり、ジャンプさせたり。パーカッションをピッチに変える ダブステップのブレイクダウンを作ってみよう。


  • AUTOモードを使えば、ボタン一つで簡単にミックスのサウンドをオーディションできます。

    MIDIコントローラーを接続するには、使用しているDAWをステップバイステップで検出するアプリ内ヘルプを利用しましょう。


  • Curve Editorは、Stutter Edit 2のあらゆる設定に影響を与え、スウィープなフィルター、ポンピングなリバーブ、ローファイなエネルギーのブレンドを作ることができます。

    任意の設定を掘り下げてカーブを詳細に編集したり、12種類のプリセットカーブから選んでインスピレーションをすぐに得ることもできます。


  • エフェクトモジュール:より深いコントロールと、モーションやカオスのためのより多くのオプションを使って、創造力を発揮しよう。

    Stutter Edit 2では、新しいCombとChorusモジュールに加えて、フル機能のReverbと2バンドのDistortモジュールが追加されました。


  • BTがデザインしたバンクとジェスチャーは、豊富なエフェクト、アイデア、サウンドを提供します。

    保存されたバンクはMIDIキー・キーボードに自動マッピングされるので、指先で何十種類ものジェスチャーを使用できます。


  • 論理的なワークフローを提供するUIエクスペリエンス。

Stutter Edit 2のデモ動画

ジョシュア・キャスパー氏による最新のチュートリアル動画(12分・日本語字幕可能):

FXとオートメーションの解説動画(7分40秒・日本語字幕可能):

サウンド中心のデモ(3分):

デモ動画(11分・日本語字幕可能):

使い方解説動画(19分・日本語字幕可能):

ボーカルにStutter Edit 2のMidiモードを使用する方法(10分・日本語字幕可能):

Stutter Edit 2の特徴

より多くのエフェクトでより多くの可能性

新しいエフェクトモジュールと無限の可能性を秘めた新しいCurve Editorで、新しい色とテクスチャをあなたの音楽に注入しましょう。

数十種類の新しいバンクとジェスチャー

BTがデザインした新しいプリセットは、豊富なエフェクト、アイデア、サウンドをお手元にお届けします。

1回のキー操作で何時間もの編集が可能

新しいオートモードで複雑なリズミックエフェクトを瞬時に作成。

その場でエフェクトを発射したり、MIDIコントローラーを使ってキーに触れるだけで数多くのジェスチャーにアクセスできます。

非常識な新しいエフェクトでクリエイティブに

新しいReverb、Comb、Chorusモジュールは、ミックスに合わせて動く11種類の非常識なエフェクトのスイートに加わりました。

アグレッシブなディストーション、オートパンエフェクト、ピッチの曲がったリバーブなど、スタッターエディットを組み合わせてみましょう。

新しいCurveエディターによるオンリーワンのサウンド

スタッターエディット2のスライダーをクリックすると、そのユニークなカーブを編集できます。パン、スタッター、ゲート、ディストーションなどのタイミングをコントロールして、心を揺さぶるエフェクトを作りましょう。

すべてのパラメータがあなたの遊び場です

MIDIコントロールのリズムとピッチエフェクト機能

Stutter Edit 2では、ミックスに動きを加えるのがこれまでになく簡単になりました。

オートモード、非常識な新エフェクトモジュール、カーブエディターなどの新機能を探索してみましょう。

システム要件

オペレーティングシステム

Mac. High Sierra (10.13) – macOS Catalina (10.15)

PC:Windows 8 – Windows 10

プラグインのフォーマット

AU、AAX、VST2、VST3(すべてのプラグインフォーマットは64ビットのみです)

サポートされているホスト

Logic Pro X、Live 9.7-10、Cubase 9.5-10.5、Pro Tools 12-2020、FL Studio 20、Studio One 4、REAPER 6、Reason 11、Bitwig Studio 3、Cakewalk by Bandlab、Digital Performer 10

セール情報

通常価格:199ドル

セール特価:49ドル!(75%OFFで過去最安タイ)

バンドルもセール中です

Zotope社の定番オーディオ修復ソフトウェア『RX 8 Standard』を中心に「Stutter Edit 2」など4つの製品が入ったお徳用バンドル『iZotope Remix Bundle』も75%OFFのセールになっています。

8月1日(日曜日)18時頃まで。