【期間限定無料配布】Wusik SQ200(49.95ドル)シーケンサーとプラグインホストの機能を持った音楽制作ツール

シーケンサーとプラグインホストの機能を持った音楽制作ツール『Wusik SQ200』(通常価格:49.95ドル)が期間限定で無料配布されています。

『WusikSQ200は、MIDIとホスティングVST / AUプラグインを使用して、ノートとオートメーションのシーケンスを録音できる完全なデジタルオーディオワークステーション(DAW)です。』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wusik SQ200の概要

Wusik SQ200とは

  • Wusik SQ200は、ソフトウェア形式の “ハードウェア “シーケンサー。

  • フルキーボードの矢印ナビゲーション、マウスの使用量を最小限に抑えることができます。

  • 完全なホスト/シーケンサー(DAW)アプリケーション。マルチCPUコア対応 ASIOとDirectXサポート(Windows)。
  • NEW: すべての製品にアンチクラッシュプロテクション(ACP)が搭載されました。

  • MAC OSXとWindows PC 32/64ビットネイティブフォーマット。スタンドアロンアプリ、VST2、VST3、AU(OSX)。カタリナには対応していません。

  • Wusik SQ200は、MIDIとVST/AUプラグインをホストして、音符のシーケンスやオートメーションを録音することができる完全なデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)です。完全なプロジェクトを作成することも、他のプラグインを好みのホストにチェーンするために使用することもできます。

*制限なしの完全なデモ版をダウンロードする方法の詳細については、サイトのダウンロードセクションをご覧ください。

また、動作方法や使用方法の詳細については、完全なマニュアルを読むことができます。

Wusik SQ200を重視する理由は?

  • スタンドアロンのアプリケーションとしても、VST/AUプラグインのバージョンとしても動作します。

  • ライブパフォーマンスを簡単に設定可能

  • マウスの使い方を少し変えて、別のワークフローで作業してみませんか?

  • CPUリソースが非常に少ない

  • キー切り替え、ラウンド・ロビン、トランスポーズ、スティッキー・キーなどのMIDIプロセッサーを含むライブ・パフォーマンスに使いやすい

Wusik SQ200の主な特徴

  • 最大99トラック、99セクションを搭載した960 PPQフルシーケンサー

  • VST/AUプラグインをホストし、32~64ビットのブリッジを内蔵(VST Windowsのみ)。

  • オーディオ・トラック・ストリーミングとWAVアシッド・ループ・ファイルのタイム・ストリーチングをサポート

  • サイドチェインをサポートしたコンプレッサーを付属。

  • オープンソースのハードウェアリモートコントローラー、Wusik SQ200 HDをサポート。

  • WindowsとOSX 32ビットと64ビットのアプリケーションとプラグインのバージョン

  • マルチコアエンジン

  • プラグインのパラメータのためのミディ学習

  • カスタムサウンドに対応したメトロノーム再生/録音機能

  • MIDIキーボードを使って曲をロードできるライブモード

  • クロスフェード、ディレイ、スプリット、ラウンドロビン、キースイッチなどのMIDIプロセッサーをトラックごとに搭載

その他の機能

  • トラックのミュート/ソロ

  • 各プラグイン(インストゥルメント)には ボリューム、パン、リミッター、ローパス、ハイパスEQ、6つのパラメトリックEQ、8つのインサートエフェクト、サイドチェインをサポートするコンプレッサーが内蔵されています。

  • ノートイベントは、量子化とトリプレットをサポートしています。

  • イベントのエディタでは、1つの画面ですべてのイベントを編集することができます。マウスを使ってノートを変更できるピアノビューモードもあります。

  • トラックはループさせることができます。これは次のように動作します:4つのトラック(それぞれ16小節)と、4小節しかない追加トラック(合計5つ)がある場合、セクションを演奏するときに、セクションが終了するまで5つ目のトラックをループします。このオプションはトラックごとに有効/無効を設定できます。

  • セクションは、曲を構成するために、次から次へと演奏されます。1 つのセクションを #N 回繰り返すように設定することができます。また、セクションセレクターを使って、1つのセクションを再生したり繰り返したり、セクションを変更したりすることもできます。

  • すべてのプラグインのパラメーターは自動化することができ、オプションでインストゥルメントとマスターごとに自動書き込み/読み込みを有効にすることができます。

すべてのMIDIプロセッサーのリスト

  • キーとベロシティゾーンの分割 – MIDI キーボードの異なるセクションを各トラックに割り当てることができます。

  • キースイッチング – 定義した一連のキーを使って、あるインストゥルメントから別のインストゥルメントに切り替えることができます。ホールドモードでも動作するので、あなたが音符を保持している間は、そのインストゥルメントに切り替わります。

  • ラウンドロビン – 複数のインストゥルメントを設定すると、それぞれのノートが円を描くように別のインストゥルメントに移動します。

  • Transpose – すべての入力音符、単一音符、またはオクターブ全体のピッチを上げたり下げたりします。

  • Sticky Keys – キーを保持し、2つの方法で動作します:定義されたキーを押すまですべてのキーを保持します。

  • Chords & Strum – シングルキーで演奏するコードを録音します。オプションでベロシティとプログレッションのストラムが可能。さらに、ストラムオプションを使用すると、コードをループさせることができます。

  • クロスフェーダー – あるトラックから別のトラックへのクロスフェードが可能。

  • ノートディレイ – すべてのノートにディレイを加え、ディレイしたノートをトランスポーズしたり、元のノートをエコーしたりできます。さらに、ディレイをフィードバックしてシーケンシャルディレイを作成することもできます。

デモ動画

Wusik SQ200の解説動画シリーズ・全9巻:

Wusik SQ200 – Video #02 – Initial Setup
Wusik SQ200 Introduction
Wusik SQ200 Audio Tracks

セール情報

通常価格:45ドル

セール特価:0ドル(期間限定)