【半額クーポン配布中】Tone Empire『Reelight PRO』テープの「リール音」にこだわったサチュレーションFX(6台のテープマシン入り)

インドが誇るプラグインメーカーTone Empireのテープサチュレーション・プラグイン『Reelight PRO』。

同社のプラグインの中では価格がやや高めの製品ですが、日本地区限定で半額になるクーポンを配っています。誰でも使えます。中々お買い得。

クーポンコード:PBReelJPN

Tone Empire『Reelight PRO』のセールページ

スポンサーリンク

Reelight PRO:、6種類のテープマシンのテイストを備えたテープエフェクト・プラグイン

Reelight Proは、6種類のテープマシンのテイストを備えたテープエフェクト・プラグインです。

テープスピード、バイアス、入力サチュレーション、クロストーク、さらにはテープによるコンプレッションなど、望ましいパラメータを個別にコントロールできるモダンなプラグインです。

(プラグインには多くのプリセットがあらかじめ用意されているので、すぐに使い始めることができます。そして、もちろん、自分でゼロからデザインすることもできます。)

紹介動画(4分16秒):

Reelight PRO – Promo and Sound Demos

ドラムでサウンドテスト(2分):

Tone Empire Reelight Pro

解説&レビュー動画(15分・日本語字幕可能):

Reelight Pro – Tone Empire | Tape Plugin Review

Tone Empire社のボス Mr.G氏による製品の解説(8分14秒・日本語字幕可能):

PLUGIN TALK with G – Reelight Pro

Reelight PROについて

インスタント・アナログ・マジック

デジタルオーディオの発明は、アナログ時代には不可能だった様々な方法でサウンドエンジニアを解放しました。

どんなに便利なツールがあっても、ミュージシャンやエンジニアは、以前の録音の音や響きが恋しくてたまりませんでした。

「往年の記録媒体が与えてくれる魔法が懐かしい..。」そう感じるのはとても自然なことだと思います。

Reelight Proは、1台のテープマシンではなく、6台のテープマシンの本物のテープサウンドを、速度とレベルを変えて再現し、テープの「リール」の音に近づけるために設計されたプラグインです。

テープスピード、バイアス、入力サチュレーション、クロストーク、さらにはテープが与えるコンプレッションなどのパラメータを個別にコントロールすることができる現代的な機能も備えています。

また、あらかじめ沢山のプリセットが用意されているので、すぐに使い始めることができますし、自分でゼロからデザインすることもできます。

アドバンスド・ダイナミックIR

DSPモデリングに加え、トーンエンパイアが開発した高度なダイナミックIR(インパルス・レスポンス)システムにより、テープマシンの本格的なサウンドを実現しています。

また、ヒステリシス処理やレゾルバなどの機能も充実しています。これらの機能によりテープマシンの魅力を最大限に引き出すことができます。

Reelight PROの各機能

I/Oセクション

このコントロールは、アナログテープレコーダーと同じように機能します。ゲインを上げれば上げるほど、テープに音が強く当たり、サチュレーションやコンプレッションの観点から聞こえる正しい反応を生み出します。

ロック機能は、入力ゲインを上げると、出力レベルの上昇に応じて自動的にゲインを補正する機能です。

アウトプット・ゲインは、0dBを中心に-24dBから+24dBまでの出力レベルを設定します。

フィルター

このプラグインには、自然なサウンドを実現するためにアナログ設計方式を採用した12dB/Oct(20Hz~20kHz)のハイパス・ローパス・フィルターが搭載されています。これらはプリフィルターであり、テープアルゴリズムの前にサウンドに影響を与えます。

テープマシンセレクター

テープ・モデルを選択するためのセレクター(A~F)です。

  • A – AMPEX ATR 700
  • B – STUDER A 812
  • C – STUDER A 80
  • D – TEAC A2300 SD
  • E – AEG TELEFUNKEN M20
  • F – REVOX B77 mk2
A – AMPEX ATR 700
AMPEX ATR-700 REEL TO REEL DEMONSTRATION
B – STUDER A 812
Studer A812 video demonstration
C – STUDER A 80
Amazing audio quality from Studer A80; demo with live audio
D – TEAC A2300 SD
Teac A2300 SD
E – AEG TELEFUNKEN M20
Magnetophon M20 M 20 Telefunken AEG
F – REVOX B77 mk2
Magnetophon M20 M 20 Telefunken AEG

スピード・バイアス・コンプ・クロストーク

スピード

テープマシンごとに提供されている低速または高速を選択します。選択したマシンに応じて、3 1/2 ips から 30 ips までの速度があります。

バイアス

このコントロールは、選択されたマシンのバイアスを調整し、入力ゲインのサチュレーションに加えて、望ましいサチュレーション効果を生み出します。

コンプ

コンプレッサーのように音のエンベロープをコントロールし、テープの「圧縮」特性をエミュレートすることができます。その効果は微妙ですが、顕著です。

クロストーク

マルチトラック・テープ・マシンでは、「テープ・ブリード」または「シグナル・ブリード」と呼ばれる現象が発生します。これは、隣接するトラックの信号がお互いに追加記録されることで、モノラルな空間エフェクトを生み出すものです。

オーバーサンプリング

CPUの能力やコンピュータのリソースに応じて、2倍から8倍のオーバーサンプリングを行うことができます。これにより、音を「滑らか」にし、アナログの帯域に近い音を得ることができます。

プリセット

Tone Empire は、ユーザーがすぐに使い始められるように、機器ごとにプリセットを用意しています。また、いくつかのカテゴリーも用意しています。Tone Empireは、コントロールとあなたの耳を使って、あなた独自のサウンドを形成することをお勧めします。

ウェット/ドライがない?

なぜウェット/ドライのコントロールがないのでしょうか?

この疑問に答えてみましょう… 。

プラグインを使用して本物のように聞こえるようにするには、処理された信号にドライ信号を戻すと「フェージング」が作成されます。

さらに、テープは音を印刷する最終的な媒体です。 これは、完全なエフェクトとして使用することを目的としています。

私たち Tone Empireは、サウンドを最小限または極端に調整するためのすべてのコントロールをすでに提供しています。

したがって、サウンド全体に対して 1 つのウェット/ドライ コントロールを使用するのではなく、実際には各エフェクトの量を個別にコントロールします。

システム要件

Mac

  • macOS High Sierra 10.13.6以降(Catalina対応、64ビットのみ)。
  • VST3 / AU / AAX(64ビットホストが必要
  • AMD Ryzenまたは同等の機種
  • 2GBのRAM/300MBのHDが必要
  • 画面の解像度 1024×768

Windows

  • Windows 10(64ビットのみ)
  • VST3 / AAX(64ビットホストが必要
  • AMD Ryzenまたは同等の機種
  • 2GB RAM / 300MB HD
  • 画面の解像度 1024×768

注意事項:このソフトウェアは64ビットにのみ対応しており、32ビットシステムでは動作しません。

セール情報

クーポンコード:PBReelJPN

通常価格:70.09 英国ポンド(約10,851円)

セール特価:34.69 英国ポンド(約5,371円)50%OFF

*上記の製品を購入時に、以下の有料製品が無料でプレゼントされます(6月いっぱい有効):