Audified『MixChecker』様々なリスナーの環境をシミュレートしミックスの手助けをしてくれるツール

Audified社のMixCheckerがサマーセール(56ドル)になっています。

MixCheckerは、様々なバーチャルモデルのリスニングシステムでミックスを比較できるように設計されたミキシングプラグインです。

異なるサウンドシステム、環境にいるリスナーに自分の曲をスタジオと同様な良い音で聞いてもらうのは難しいことですが、このMixCheckerはその問題を解決する手助けをしてくれます。

*セールは9月1日(水曜日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『MixChecker』様々なリスナーの環境をシミュレートしてミックスの手助けをするツール

ざっと見紹介動画(1分8秒・日本語字幕可能):

Audified『MixChecker』は、様々なリスナーの環境をシミュレートしてミックスの手助けをするツール。

スタジオモニターをクラシックなリファレンスモニターに変えたり、いくつかの民生用デバイスを使って、オーディエンスが聞くであろう音を聞くことができます。

オーディエンスのためにコンテンツをミックスする人は誰でも、自分のミックスがどのような環境でも素晴らしいサウンドであることを確認しなければなりません。

それを迅速かつ簡単に行う必要があります。

MixCheckerがその手助けをします。

あなたが制作したトラックやビデオ、映画音楽などが、スタジオでは良い音で鳴っていたのに、それ以外の場所ではうまく鳴らないことを不思議に思ったことはありませんか?

なぜ、あなたの素晴らしいスタジオモニターが提供するパンチと透明感が他の場所では失われてしまうのでしょう?

それは、通常多くリスナーが使用している物と同じ機材を使っていないからです。

リスナーに最高の品質を届けるためには、自分のミックスをできるだけ頻繁にチェックする必要があります。私たちがMixCheckerを作ったのはそのためです。

まずは、リスニングチェーンの最後のセグメントとして、プロジェクトのマスタートラックにMixCheckerをプラグインしてください。

そうすると、MixCheckerが、あなたのスタジオモニターを、クラシックなリファレンスモニターやいくつかのコンシューマーデバイス(リスナがー使用しているヘッドホンなどの環境)に素早く変えてくれます。

主な機能

  • 民生用機器の平均的・標準的なシミュレーションを搭載

  • 小型モニターの補正

  • 聴衆が聞くであろう音を聞くことができる

  • すぐにチェックし、すぐに修正できる

  • これ以上の追加のエクスポートは必要ありません
  • 膨大な時間を節約

リスナーが聞く音を手に入れましょう

消費者、つまりあなたがコンテンツをミックスしようとしている人たちは、ハイエンドのスタジオモニターを使っていません。

彼らはテレビを見たり、車の中で音楽を聴いたりしています。

デスクトップのスピーカーやタブレット、スマートフォン、イヤホンを使うこともあります。オーディエンスがどのような劣悪な環境であっても、あなたのミックスは素晴らしいサウンドでなければなりません。

あなたのスタジオ

自分の音楽、ビデオ、ショーリール、映画などが、自分のスタジオから外に出るとうまく鳴らないことを不思議に思ったことはありませんか?

せっかくの素晴らしいスタジオモニターなのに、なぜパンチや透明感が失われてしまうのでしょうか?

それは、あなたが本物の人々が使っているのと同じ機材を使っていないからなのです。

オーディエンス

オーディエンスに最高の品質を届けるためには、自分のミックスをできるだけ頻繁にチェックする必要があります。

それがMixCheckerを作った理由です。

私たちは、あなたが人々のためにミックスすることを知っているからです。

MixCheckerをリスニング・チェーンの最後のセグメントとしてプロジェクトのマスター・トラックに接続すれば、スタジオ・モニターをクラシックなリファレンス・モニターやいくつかのコンシューマー・デバイスに素早く変えることができます。

これ以上の追加のエクスポートは必要ありません

これまでは、どんなデバイスでもミックスが正しく聞こえるようにするには、サウンドをエクスポートしてさまざまな条件で聴く必要がありました。

ミックスをスマートフォンにインポートし、CDに焼いて車の中で聴き、スタジオに戻って少しずつ調整して、またエクスポートする…。

MixCheckerを使えば、わずか数秒でラウンドテストを行うことができます。そして、ミックスのどこに問題があったのかを把握したまま、ミックスや修正作業に戻ることができるのです。

機能紹介

MixCheckerの機能は2つのセクションに分かれています。

「シミュレーション」では、いくつかのコンシューマー機器とクラシックなリファレンスモニターの音響モデルを提供しています。

ボタンを 1 つ押すだけで、お使いのモニターが選択されたデバイスに変わります。すべてのスタジオモニターがフラットな周波数特性を持っているわけではありません。

そこで、「Compensationセクション」を追加しました。

MixCheckerに、5インチや8インチのスピーカーやヘッドフォンを平均的に使用していることを伝えることができます。

これにより、結果として得られるサウンドが変化します。

「Bypassボタン」は、すべての処理をオフにします。点灯している間は、クリーンな信号のみがMIXCHECKERを通過します。

開発の経緯

私たちは、MixCheckerに掲載されているすべてのデバイスの周波数応答と動作を実験室条件で測定し、信頼できる真の忠実なモデルを作成しました。

デモ動画

紹介動画(9分・日本語字幕可能):

レビュー動画(7分47秒・日本語字幕可能):

使い方動画(10分55秒・日本語字幕可能):

システム要件

Mac

OS X 10.9-Mac OS X 10.15(64ビットのみ)

フォーマット:

  • AAX for Pro Tools(64ビット)
  • オーディオユニット-AU(64ビット)
  • VST2(64ビット)
  • VST3(64ビット)

Windows

Windows 7-Windows 10

フォーマット:

  • AAX for Pro Tools(32/64ビット)
  • VST2(32/64ビット)
  • VST3(32/64ビット)
  • MixCheckerはiLokで保護されていますが、USBハードウェアキーは必要ありません。 無料のiLokアカウント/ライセンスマネージャーのみが必要です。これはiLok.comで入手できます。
  • このソフトウェアのMacバージョンは64ビット形式でのみ利用可能であり、32ビットシステムでは機能しません。

セール情報

通常価格:71ドル → セール特価:56ドル

*上記の製品を購入時に、Melda Productionの『MDynamicEq』(通常価格:76ドル)が無料でプレゼントされます(8月いっぱい有効):

Audified サマーセール(50%OFF)

以下の3つの製品もサマーセールで半額になっています。