Cherry Audio『Quadra』ARP Quadraシンセを大幅に改良したプラグイン

Cherry Audioの総合セールでシンセプラグイン『Quadra』が34%OFF(59ドル→39ドル)になっています。

*2/1(火)夕方まで。

スポンサーリンク

『Quadra』ARP Quadraシンセの超精密エミュレーション

ざっと見動画(1分):

Quadraは、1978年に発売されたARP Quadraシンセサイザーを超精密にエミュレーションしたシンセ・プラグインです。

エミュレーションだけではなく、改良を加えたことにより実機を凌駕する性能を実現しています。

4つのセクションはそれぞれ独立して鍵盤のどのエリアにもアサインでき、分割やレイヤリングの自由度が限りなく広がります。

音質も改善され、より豊かで太い音になっています。

さらに、オンボードのフェイザー・エフェクトのエミュレーションだけでなく、ステレオ・コーラス/フランジャー、同期可能なエコー、スタジオ・クオリティのリバーブが追加されています。

【日本語】musictrackjpさまによるデモ&レビュー(17分):

紹介動画(23:27・自動翻訳の日本語字幕可能):

プリセットサウンドのデモ動画(30:18・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(5:26・自動翻訳の日本語字幕可能):

https://www.youtube.com/watch?v=voYADcauflU

レビュー動画(12:24・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Quadra』について

4つのヴィンテージ・シンセの力『Quadra』

Quadraは、1978年に発売されたARP Quadraシンセサイザーの超精密エミュレーションです。

シンセサイザー界では、とても希少で「ユニコーン」と呼ばれる楽器を初めてバーチャル楽器として再現したプラグインです。

4つのセクションはそれぞれ独立して鍵盤のどの部分にも割り当て可能で、無限のスプリットとレイヤリングの自由度があります。

また、パッチ・ストレージは、Cherry Audioの豊富で無制限のパッチ・ブラウジング・システムに変更されました。

音質も改善され、よりリッチでファットなサウンドになりました。

さらに、Cherry Audioは、前述のオンボード・フェイザー・エフェクトのエミュレーションだけでなく、ステレオ・コーラス/フランジャー、同期可能なエコー、スタジオ・クオリティのリバーブを追加しています。

これらはすべて個別にルーティング可能で、前例のない柔軟なエフェクトを実現しています。

オール・アバウト・ザット・ベース

パンチの効いた低音を実現するファットなモノフォニック・ベース・セクションと、ストリングス・マシーン風のオーケストラのようなリッチさを実現する「ストリングス・ベース」。

クラシック・ストリング・シンセサイザー

70年代のクラシックな弦楽合奏楽器を見事に再現したリッチなストリングスセクション、専用2バンドEQを搭載。

フレキシブル・ポリシンセサイザー

ノコギリ波、可変パルス波、スパイク波、ホロー波、レンジの拡大、オーガニックトーンのためのドリフトボタンなど、オリジナルの超改良版です。

スクリーミング・リード・シンセ

ランプ、パルス、サイン、トライアングル、ノイズ波、LFOまたはエンベロープ制御のパルス幅変調、2ボイススプリットモード、独立したオシレータポルタメントコントロールなど、パワフルで機能満載のデュアルオシレータリードシンセサイザー。

フォーサイド・ライブ

Quadraには、最大限の柔軟性を実現するためのマルチアウトバージョンが用意されています。

標準の「Quadra」インスタンスは、4つのセクションをミックスして合計した出力を出します。

「Quadra Multi Out “は、標準的なステレオミックスと、オリジナルハードウェアに見られるような各セクションのドライ独立出力の、5セットの出力を含みます。

特徴

  • 業界のベテランがプログラミングした400以上のプリセット。


  • 4つのセクションをすべて見事に再現。


  • アナログの臨場感を高めるDriftコントロール搭載のPoly Synthesizer。



  • 4つのインストゥルメント・セクションに独立したキー・レンジをアサイン。


  • 複数のモジュレーション・ソースを持つフェイズ・シフターを精密に再現。


  • テンポシンク可能なLFO。


  • 各インストゥルメント・セクションを個別に処理できるマルチアウトバージョン。


  • テンポシンク可能なアルペジエーターセクション。


  • タッチセンサーのアフタータッチセクションを正確にエミュレート。


  • 最適化されたコーディングにより、高いパフォーマンスと低いCPU負荷を実現。


  • オーバーサンプリングコントロール。


  • ワンクリックで拡大できるUI。


  • すべてのコントロールのための完全なMIDIコントロールとDAWオートメーション。


  • QuadraはAU、VST、VST3、AAX、スタンドアローンの各フォーマットで利用可能です。

レビュー記事リンク

Music Techさんによるレビュー記事リンク

評価 9/10

長所:

  • ヴィンテージ風の豊かなサウンド
  • 4セクションのデザインは、多くの音域をカバーする汎用性があります。
  • 非常に手頃な価格
  • 幅広いジャンルのプリセットコレクション
  • 見た目より簡単なプログラミング
  • オリジナルにプラスアルファのエフェクトを追加

短所:

  • いくつかのプリセットは、独特の風味を欠いている
  • MPEをサポートすることで、このシンセを現代のワークフローに対応させることができます。

システム要件

Mac

  • macOS 10.9以降(macOS 12MontereyおよびIntel / M1 Macをサポート)(64ビットのみ)
  • 8GBのRAMを搭載したクアッドコアコンピュータをお勧めします。
  • AU、VST、VST3、およびAAX形式。

Windows

  • Windows 7以降(64ビットのみ)
  • 8GBのRAMを搭載したクアッドコアコンピュータをお勧めします。
  • VST、VST3、およびAAXフォーマット。

セール情報

Plugin Boutique

通常価格:59ドル

セール特価:39ドル

2022年1月7日追記:

59ドル→10ドルから、59ドル→39ドル変更されています。残念。。

(P様情報ありがとうございます!)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。