終了間近の主要セールが多くなっています(来週水曜日夕方まで)。

【無料】Wusik『DRS0』ドラムシーケンサー・プラグイン(*Windowsのみ)

WusikからWindows専用のドラムシーケンサープラグイン『DRS0』がリリースされました(スタンドアロンアプリ、VST2、VST3)。

無料です。

スポンサーリンク

『DRS0』ドラムシーケンサープラグイン

Wusik「DRS0」は、同社の「DRS1」をベースにしたドラムシーケンサープラグインです。

DRS1との主な違いは、以下の3点です。

  • トラック数が少ない(8に対して4)
  • パターン数が少ない(64に対して4)
  • バリエーション数が少ない(4に対して2)

また、この無料バージョンにはフルスクリーンオプションがなく、ステレオ出力は1つだけ(8出力に対して)、MIDIチャンネルはCH10に固定されています。

W以下のusik DRS1 のビデオを参考にしてみてください。

特徴

  • 4トラック+1アクセントトラック


  • 32ステップ+ダブルステップで合計128ステップ(ABバリエーション使用時)


  • 4パターン、NループとNext Patternオプション付き(さらにgo-to-previous-patternオプションもあり)。


  • A B バリエーション


  • ミラー編集 – A B バリエーションの両方を一度に編集できます。


  • 各トラックは複数のオーディオ・サウンド(wav, flac, ogg, mp3, WusikSound)をスピード(ピッチ)とリバース・オプション付きでロード可能です。さらに、ボリューム、パン、アタック、ディケイも可能です。


  • サウンドは、一緒にトリガーしたり、ラウンドロビン(円形)またはランダム(同じサウンドを連続して再生しない特別なコード付き)でトリガーすることができます。


  • 複数のサウンドをロードする場合、各サウンドのボリュームとパン、さらにベロシティ・ローとハイを個別に調整することができます。


  • トラックごとのMIDI出力選択(ホスト/DAWが対応している場合)、ノート選択(チャンネル10のみ)。


  • サウンドファイルの素晴らしいセレクションを含む(ここで400メガセレクションをダウンロードしてください)。


  • クロック・マトリックスにより、シーケンサー・クロックにスイングを追加することができます。


  • 複数の同期オプションとリモート・パターン・セレクト


  • リサイズ可能なインターフェイス


  • 高度なマルチサウンド再生オプション

システム要件

  • Windows PC 64bitのネイティブフォーマット。

  • スタンドアロンアプリ、VST2、VST3。

配布情報