Traktor内部ミキサーの秘密兵器・フィルターの選び方と使い方

高価なプロ用DJ Mixerに装備されてることが多くなってきた(ハイパス&ローパス)フィルター。Traktorの内部ミキサーにも標準装備されている。しかも3種類選択が可能。これ、すごく使い出がある機能。

今回はそのTraktorのフィルターについての解説記事。

ちなみにTraktorのEQに関しては一つ前に詳しく書きました。参考にしてください。

スポンサーリンク

Traktorのフィルターの主な用途

リアルミキサーでもDJM-900や750、アレン&ヒースのXONE:92などの高級機には装備されるようになってきたハイパス+ローパス・フィルター(※1)。もちろんTraktorの内部ミキサーには標準で装備されている。昨今のDJプレイでは欠かせないとても便利な機能です。

 

フィルターの用途は主に2つ

1 .  曲の味付けで使用(FX的な使い方)

2 . 曲同士をミックスするときにEQの代わりに使ったり、EQと合わせて補助的に使用する


(※1)

ハイパス・フィルター

HI(高音域)をPASSし(通し)て、LOW(低音域)をカットするフィルター。

 

ローパス・フィルター

LOW(低音域)をPASSし(通し)て、HI(高音域)をカットするフィルター。

 

 

1 .  曲の味付けで使用(FX的な使い方)

EDMやトランスなどの派手め演出が好まれそうなジャンルなら、(特に)LadderフィルターをFX的な味付けとして使用するのも、曲の展開にメリハリ出せて使い出があるかもしれない。

 

Ladderフィルターは、派手めなハイパス+ローパスフィルターが設定されているので、音に「シュワシュワ」感を出したい時なんかに使うと結構気持ちが良い。

 

とは言え、Traktorには、相当な数のFX群が装備されているので、それらFXを使用したほうが(自分でパラメーターをいじれるので)、好みの結果を得やすい場合も多いだろう。

しかし、Traktor製作チームによって最初から使いやすいパラメーターが設定されているこのフィルターを使うのも悪い話じゃない。(この辺は個人の好みの問題。)

  

私的には、一本しかないEQの間近に位置し操作がしやすいフィルター・ノブを、味付けメインに用いるより、(後述する)ミックス時の操作用に特化させた方が使い所があると感じている。

名称未設定

Kontrol Z1のEQ直下に装備されている「フィルター用ノブ」。絶妙な配置でかなり使いやすい。EQのノブより一回り大きいのも操作性が増しありがたい。

 

 

2 . 曲同士をミックスするときにEQの代わり、または補助として使う

曲同士のミックスを行うとき、EQやボリューム・フェーダー(ときにはクロスフェーダー)を使用するのが基本だが(※2)

昨今はフィルターをメインで使った方が、より自然なミックスがしやすいと考えるDJも多いようだ。

いや、「しやすい」というより、「楽」と言ったほうが適切かもしれない。

 

例えば、ハイパス・フィルターのノブを徐々に傾けていくと、

普段、DJがミックス時にEQのHI、MID、LOW(高音、中音、低音)の3本分のノブを手動で操る時のような出音を、フィルター・ノブ一本の開け閉め(強弱)の操作で再現してくれる。

フィルターノブ一本で、EQ3本分の大まかな操作が可能となり、あとの細かな微調整をEQで修正していく方法だと、だいぶDJの負担が軽減される。

 

 

(※2)DJ ミックスと言うと、クロスフェーダーを左右に動かして音を混ぜる方法が一般的だと思われがちだが、ハウスやテクノなどのいわゆる4つ打ち系の曲のミックスでは、クロスフェーダーをメインで使うより、EQ、フィルター、ボリュームフェダーの3つを使った手法の方がメジャーな方法と言える。

特に、最近ハウス系DJの間で人気のロータリーミキサーは、 クロスフェーダーを装備していないのが一般だ。

今ならKontrol S5が、69,800円で買える

Native Instruments DJコントローラー TRAKTOR KONTROL S5

現在、Native InstrumentsがKontrol S5をセールプライスにしています。

ついこの間まで、99,800円だったのに、今なら69,800円で購入可能となっています!!

NI本家の通販サイトではすでに通常価格である99,800円に価格が戻ってしまっていますが、Amazonでは、69,800円で購入可能となっています。

なんなんだ、これ。。驚きのプライスです。

  

異なる個性の3つのフィルター

フィルターやEQのパラメーター(設定値)がそのミキサーの性格、使いやすさに直結する。Traktorには3つのパラメーターのフィルターが提供されている。

 

順にその特徴を紹介していきます。

Traktorの3つのフィルター
  1. Ladder
  2. Xone
  3. Z

11 13.28.35

 
Traktorのフィルター・セクションの開き方

Traktorの設定を開いて、Mixerをクリック。

11 13.27.37

 

下の画像の1番がEQの選択。2番でフィルターの選択ができる。

11 13.27.54



1. Ladderフィルター

端的に言うと、EDM、トランス系と相性の良いフィルター。

このフィルターの特徴は、

  

3つのフィルターの中で一番レゾナンス(余韻、響き)が強い

(他の2つのフィルターと比べ)かなり派手めな音色。

FX的に使えるLadderのレゾナンスの「シュワシュワ」感は使っていて素直に気持ちが良い。(使いすぎに注意。)

EQ的にミックス用途で使うには、オールマイティーではない。ジャンルを限定されやすい。

 

私のようなハウス系の音源を扱う者にとっては、このフィルターを(EQの代わりに、)ミックス用途で用いるには、ちょっとレゾナンスが荒々しすぎる。

 

しかしながら、EDMやトランス系のDJならEQ的な用途にも十分フィトすると思う。

なぜなら、これくらい派手めなレゾナンスが効いていても、音数の多いEDMなどの楽曲ならミックス時に曲同士が馴染みやすいので。

 

もう二、三、Ladderの特徴を挙げていくと、、

(後述する)Xoneフィルタと違い、フィルタノブをハイパス側(右側・時計回り)に100%振り切ってもHIの音がしっかり残りやすい

 

加えて、、

HIの音質がレゾナンス効果によりかなり変化する

(後述する)Zフィルターのレゾナンスも、同じくハイパスフィルターを右側に目一杯振り切った時に、HI(高音域帯)の音が残りやすいのはこのLadderと同じだ。

しかし、LadderはZフィルターと違い、そのHIの音質がかなり変化する。

ハイパスを効かせたときでも、HIの音があまり変化しないZフィルターとは対照的だ。

 

また、

Ladderフィルターをミックス用途で(EQ的に)使用した場合に注意すべきことは、

曲同士が重なるとき、低音が過剰に出てしまい、マスター出力の音量がオバーぎみなりやすい

 

というこ。


この低音が過剰になるのを避ける方法は主に2つある。

  

フィルター使用時に音量が過多になるのを避ける方法

 

1 . Mixerのヘッドルームに余裕を持たせる

2 . AとB、両方の曲の低音が合わさり、メイン出力の音量が出すぎてしまわないように、A,B両方のハイパスフィルターのメモリの加減に注意する

 

 

1. について

ヘッドルームについては、詳しい解説記事を別途書いたので、そちらを参考にして欲しい。 (ヘッドルームの設定方法について。

 

 

2. の方法について

ハイパスフィルターの操作時の注意点については、別途詳しい記事を書いたのでそちらを参考にしてほしい。

曲同士のミックスにフィルターを使う場合に発生しやすい低音域の過剰によるクリッピングを抑える方法

Ladderフィルターは、とにかくレゾナンスが派手めなので、渋めな展開が多い現代的なDeep Houseとは、好相性と言い難い。逆にEDMやトランスなどの起伏の激しい曲とは相性が良い。

 

Deep Houseをプレイする私としては、EQを使ってきっちりとミックスしつつ、こちらは、エフェクトとして使う分には中々楽しいフィルターだとは思う。

 

一方、EDMやトランスなどの派手めな曲調なら、レゾナンスが強いこのフィルターでもEQ的なミックス用途として十分使用は可能でしょう。

だだし(繰り返しになりますが)、(他の2つのフィルターと比べて)曲同士を重ねたときに音量が上がりやすいので、その点は注意が必要。

 

  

2. Xoneフィルター

Xoneは名前の通りアレン&ヒースのXoneミキサーのフィルターを模倣したフィルター。完璧な模倣にはなっていないとの批判もよく聞くが、これ単体としてみれば中々よくできたフィルターだと感じさせる。

 

Xoneフィルターは、Ladderとはある意味正反対な性格。 

 

Ladderと比べるとレゾナンスが非常に乏しいので、FX的な音の味付けとして使うには役不足な感がある。

 

フィルターノブの右半分側であるハイパス・フィルターノブを時計回りに倒していくと、高音、中音、低音共にバランス良く音がまろやかに傾斜していく。

EQ的にミックス時に使うには使いやすいフィルターだろう。

 

しかし、Xoneフィルターは一部のTraktorユーザーからは不評を買っている。

 

フィルターノブの右半分側であるハイパス・フィルターを65%くらい(時計の針で3時くらい)まで倒していくと、その後の音の切れ具合がかなり急勾配になる。

その急勾配のせいで、音が急に消滅傾向に入ってしまうことが不評の理由だ。

 

音が急に「ストン」と落ちる感じ。


この音の「急な消滅」傾向は、ミックス時の自然な曲同士の移行の妨げになるケースが多い


Ladder や(後述する)Zフィルターの場合はハイパスフィルターのノブを(右側に)めいっぱいのメモリの100%(時計の針で5時位)まで倒しても、(レゾナンス 効果で)音の余韻が残る。

その後、ボリューム・フェーダーやEQで、残った余韻を精緻にコントロールして行けるので、自然な曲間の変遷を演出しやすい。

 

方や、このXoneフィルターは100%まで倒すとレゾナンスが残らない場合がよくある。

 

特に、音数の比較的多いEDMやトランスなどの派手めなジャンルだと、この音の「急な消滅」傾向は致命傷になりかねない。

  

この音の「急な消滅」傾向への対処法としては、ハイパス・フィルターの使用を45度あたりまでの傾きで抑えつつ、その後の音の処理は、EQを併用して対処する方法が良いだろう。

  

ただしすべての曲が、音の「急な消滅」傾向になるというわけでもない。

曲によってはハイパス・フィルターノブを、100%まで倒してしまっても綺麗にミックスを完了できる場合もある。

この辺は曲ごとに臨機応変に対応していく必要がある。

 

個人的には、このXoneフィルターには前述のような多少の欠点はあるが、ハウス系との相性は、比較的良いフィルターだと感じています。

 

 

3. Zフィルター

ZフィルターはTraktorに後から追加された比較的新しいフィルター。これは、TraktorのKontrol Z2のミキサーのフィルターと同一のも。

このZフィルター、後発なだけありTraktorユーザーの要望をかなり取り入れたフィルターになっている。


・Ladderフィルターのレゾナンスの量が多すぎて使いづらいといった声

・Xoneフィルターの音の「急な消滅」の傾向(レゾナンスの著しい欠乏)の改善要求


この2つのユーザーからの要求へのNative Instuments社の答えが、Zフィルターだと言えるだろう。

 

Ladderほどはレゾナンスが効いてはいないが、100%までハイパスフィルターを振り切っても、レゾナンスが残りやすい設計。

しかし、LaaderフィルターのようなレゾナンスによるHIの音の変質はそこまで強くない。Ladderの半分くらいのレゾナンスな印象。

 

また、このZフィルターで特徴的なのが、ノブの位置が(時計の針の位置で例えた場合)1時のあたりでも、XoneやLadder比べ、Lowが抑制されていること。

 

しっかり12時にノブを戻さない限り、(12時間近でも、)LOWが最高でも70%も出切らない感じ。

これは、1時から12時までの狭い範囲で、LOWの音量の傾斜が急なことを意味する。

このフィルターの特性では、2つの曲を重ねた時、低音が出にくくなるので、結果的に、マスター音量が上がり過ぎるのを避けやすいという効能がある。

また、逆の効果として、低音域がしっかり出るフィルターのメモリ範囲がとても狭いので、低音不足に容易に陥りやすくなる。

 

 

もう少しわかりやく言うと、

通常、ハイパスフィルターで2つ以上の曲を混ぜ合わせると、複数のLOW(低音)同士の重なりで、全体(マスター)の音量が過剰になりやすくなる。(特にLadder)

DJは、常にマスター音量がレッドゾーンに達しない(過剰にならない)ように注意して操作する必要があるのは先に述べた。

 

それと同時に、逆方向の懸念も避けなければならない。

その逆方向の懸念とは、ハイパスフィルター使用時には、ノブの操作次第で、低音不足に陥り、マスター出力の音量も不足し、結果的に出音が迫力不足になることだ。

 

このZフィルターは、LadderやXoneと比べて、LOWが目一杯に出るノブのメモリの範囲が非常に狭いので、(複数の曲の低音同士の音の重なりで、)マスター音量が過剰になるのを避けやすい設計になっている。

この設計は、精緻なミキシングを目指す時には、低音の出過ぎがコントロールがしやすくなり、使いやすい。

しかし一方で、ノブの操作を少しでも誤まると出音に大きな影響を与えてしまう。全く誤魔化しのきかないシビアなフィルターと言える。

 

出音の影響とは何か言うと

(Zフィルターでは、)ノブのちょっとした操作ミスで、(特に低音域の)音量が簡単に不足し、メイン出力音量が迫力不足陥ってしまうということ。

 

Laddr やXoneフィルターでは、複数の曲を重ねる時、Zフィルターとは逆に低音過多になる傾向があるが、(優秀なTraktorの)リミッター機能をオンにし ておけば、若干の音量過多くらいならごまかしが効く。(大雑把な操作でも、Zフィルターよりは出音への影響が少ないということ。)

 

まわりくどくなってしまったが、要するに、

操作ミスで、音量が出すぎた場合は、リミッター機能でなんとかなる場合が多いが、

逆に操作ミスで、音量が小さくなりすぎた場合は、それを補う機能はないので、出音にダイレクトに影響してしまうということだ。

 

Zフィルターは、注意深い操作ができる操作に慣れた人が(完璧を期して)使うには良いフィルターだが、初心者にとっては使い慣れるまでに時間が必要かもしれない。

しかし使いこなせれば、かなりクリーンなミックスを実現することが期待できる。このZフィルターこそ、どのジャンルにも対応力がある万能フィルターと言えるだろう。

 


私の個人的なフィルター選択のお勧めを挙げておくと

 

EDMやトランスなどの音数の多い派手めなジャンルなら「Ladderフィルター」

ハウスやDeep Houseなどの渋目の曲のミックスがメインなら「Xoneフィルター」

  

が使いやすいと思う。

 

 

また、「Zフィルター」は、

先に述べた通り、派手めな曲でも地味めな曲でも、どちらにも合わせられる優秀なフルターだが、ノブを少し動かしただけで大きく低音域のレベルが変わる範囲があるので、操作には細心の注意が要求される

色々なジャンルをDJされる方や、細やかな操作できれいなMIXを心がけたい方は、このZフィルターを使いこなせるように頑張ることをオススメします。

DJヘッドホン特価情報

【国内正規品】ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD25-1 II

DJの定番ヘッドホン「HD25」の新パッケージが発売されました

DJ用ヘッドホンの鉄板「HD25」の新パッケージが発売されました。
上記のHD25 IIと比べ、刻印などの細かい若干の変更はあります。また、キャリングケースがつかないなどのシンプルな構成となっていますが、中身の性能はほとんど変わらないようです。

これで従来のHD25 Ⅱと比べ、価格は約50%オフ

凄すぎる、、コスパ最高です。

(ゼンハイザー・ジャパンの保証がある)国内正規品では今のところアマゾンが最安値です。

 

こちらは従来のHD25 Ⅱ

次回は、Traktorの内部ミキサーを使う上で避けては通れない

「ヘッドルーム」についての解説です。(下の方にリンクがあります)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする