Blue Cat Audio『MB-5 Dynamix』多機能マルチバンド・ダイナミック・コンプ(リミッター、ゲーター、エクスパンション、ウェーブシェーピング機能も搭載)

UIは拡大縮小が可能です。

Blue Catの多機能なマルチバンド・コンプレッサー・プラグインの『MB-5 Dynamix』が40%OFFのセールになっています。恐らくですが最安値圏かと思います。

*日本時間の6/6(月)夕方までの短期セールです。

スポンサーリンク

Blue Cat Audio『MB-5 Dynamix』多機能マルチバンド・ダイナミック・コンプ

Blue CatのMB-5 Dynamixは、オールインワン・マルチバンド・ダイナミクス・プロセッサですが、とても多機能な製品です。

以下のダイナミック系の「5つの機能」が一式揃った統合ツールです。

  • マルチバンドコンプレッサ

  • リミッター

  • ゲート

  • エキスパンダー

  • ウェーブシェイパー

概要動画(6:21):

これ一台で、マルチバンドコンプレッサー、リミッター、ゲート、エキスパンダー、ウェーブシェイパーとして機能するダイナミック系の多機能ツール。プリセットも豊富です。

MB-5 Dynamix 2の機能の解説動画(7分):

MB-5 Dynamixについて

MB-5 Dynamixは、5つのバンドのそれぞれを別々に処理出来ます。

その5バンドのダイナミクス処理セクションは非常に合理化されています。 例えば、あるバンドが他のバンド(内部のサイドチェーン)のダイナミクスレスポンスをトリガーできるようにする独自のエンベロープ検出機能を有しています。

ミッド/サイド・プロセッシング(MS処理機能)や独立したチャンネルアクティベーションを含む高度なステレオ機能を搭載。

それら機能を組み合わせることにより、「広範囲の効果」のために、信号のダイナミクスに対する完全なコントロールを行うことが可能です。  

追加のブリックウォールリミッター/クリッパーは、ダイナミクスレスポンスを完全にコントロールするために出力を保護します。  

MB-5 Dynamixは、ダイナミクスプロセッサの各ステップで何が起きているのかを視覚的に確認できるようになっています。

各チャンネルについて、 スペクトラムイン/アウトレベルダイナミクスレスポンスコンプレッションレシオ各バンドのイン/アウトレベル を視覚的に監視できます。

多機能で広範囲に機能するプラグインにもかかわらず、ユーザーインターフェイスはワークフローを合理化するように使いやすく設計されています。

バンド間コントロール(コピー/貼り付け、リンク…)を使用すると、数回クリックするだけで複雑な処理を作成できます。 高度なMIDIおよびオートメーション出力機能のおかげで、Blue Cat「MB-5 Dynamix」は高度なサイドチェインが可能です。  

MB-5 Dynamix 2のユーザーインターフェース

メインウインドウ
スペクトラム・セクション
グラフ・セクション
コントロール・セクション

『MB-5 Dynamix』の特徴

  • フル機能のマルチバンドダイナミクスプロセッサー:コンプレッサー、ゲート、リミッター、エキスパンダー、ウェーブシェイパー


  • 最適な分離のために6〜60 dB / Octのクロスオーバーフィルターを備えた最大5バンド  


  • クロスバンドダイナミクス効果のためのユニークなエンベロープルーティング機能


  • DRY/WET パラレルプロセッシング (“ New York Compression”)  


  • 複数チャンネルのリンクオプションによるステレオまたはミッドサイド処理


  • ブリックウォールリミッターまたはウェーブシェイパーをポストします


  • リアルタイムの反応曲線とレベル表示による包括的な視覚的フィードバック


  • バンド間で設定を簡単にコピー&ペーストできます


  • サイドチェインが簡単:マルチバンドサイドチェーンのコンプレッション、ダッキング、ゲーティングなどを実行するためのユニークな方法


  • プラグインウィンドウの透明度管理


  • ゼロレイテンシー

メーカーページリンク

管理人メモ

通常時のUI
ディテールセクション(パラメーターセクション)のみ表示をすることも出来ます。

バンドごとのプリセットも装備しています。(「Band1」の左横にある右左マークの中心にある3本横線をクリック。)

自分で作成した設定をプリセットとして保存も出来ます。また、その設定状態をコピー&ペーストできます。他のバンドの設定に複製できて便利です。(細かいことですが、こいうった機能が日々の作業を楽にしてくれます。)

*上記画像の「Band1」 の下にある「UP」と「Down」について。

  • 「UP」:コンプ、リミッター、エキスパンダーの設定。

  • 「Down」:ゲートと上向きのコンプレスの設定。
アナライザ(&帯域調整)セクションのみ表示。
MS処理機能も搭載。
バンド数は、1個から5個まで選択可能。
サウンドは非常にクリアかつ鮮やか。CPU負荷は軽くもなく重くもなく(これだけ機能を詰め込んだにしては軽い方かも)。

レビュー記事リンク

Music Radarさんによるレビュー記事リンク

Blue Cat AudioのMB-5 Dynamix (VST/AU/AAX)は、コンプレッション、リミッティング、ゲーティング、エクスパンション、ウェーブシェーピングのためのマルチバンドダイナミクスプロセッサーです。

バージョン1からの急進的な変化ではありませんが、最も汎用性の高いダイナミクスシェーピングプラグインの1つです。

長所:

  • 包括的なダイナミクスコントロール。

  • 優れたマルチバンド機能。

  • 内部サイドチェイン。

  • 視覚的なフィードバック。

短所:

  • ステレオ構成はグローバルです。

  • ハンドリングには注意が必要です。

システム要件

  • 利用可能:利用可能 Mac-AX、Mac-AU、Mac-VST、Mac-VST3、Win-AX、Win-VST、Win-VST3、Win x64-AX、Win x64-VST、Win x64-VST3。

  • 最適なパフォーマンスを実現するネイティブDSPコード。

  • サイレントでジッパーフリーのパラメーター更新、高度なレスポンス・コントロール、MIDIラーンによるフルMIDIコントロールとオートメーションをサポート。

  • アイドル時のCPU負荷なし:プラグインに静音を供給すると処理がスムーズにシャットダウンし、デジタル・オーディオ・ワークステーションのCPU使用率を最適化します。

  • 透明度管理とズームでカスタマイズ可能なユーザーインターフェース

  • オートメーションとMIDI出力:出力パラメーターをオートメーションカーブとして記録したり、MIDI CCメッセージを他のプラグインに送信してパワフルなサイドチェーンエフェクトを作成できます。

  • スムーズなバイパス:ノイズを一切出さずにプラグインをアクティベート/ディアクティベート。

  • UNDO・REDO(元に戻す/やり直す)機能付き。

  • フル機能の統合プリセット・マネージャー

  • システムクリップボードを使ってプラグインの状態をインスタンス間でコピー/ペースト

  • あらゆるサンプルレートに対応

対応フォーマット

  • Mac-AAX
  • Mac-AU
  • Mac-VST
  • Mac-VST3
  • Win-AAX
  • Win-VST
  • Win-VST3
  • Win x64-AAX
  • Win x64-VST
  • Win x64-VST3

MB-5 Dynamixのセール情報

*恐らく過去最安値圏。

通常価格:149ドル

セール特価:89ドル(40%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

以前のセール価格:

  • 2019年1月:119ドル
  • 2019年5月:90ドル
  • 2020年12月:99ドル