【半額】Softube Volume 4 Plugin Bundle(SOFTUBE社製プラグイン28製品バンドル)

Softubeのプラグインの大型バンドル『Softube Volume 4 Plug-in Collection』が半額セールになっています。

Softube Volume 4 Plug-in Collectionは、Softune社が開発しているFXやバーチャルインストゥルメントプラグイン:28製品をセットにしたお徳用バンドルです。

Softube Volume 4 Plug-in Collectionとは

Softube Volume 4 Plug-in Collectionは、音楽制作を次のレベルへと引き上げてくれるプレミアム品質のプラグイン・バンドルです。

Volume 4には、Weiss、Summit Audio、Doepfer、Marshall、Drawmer、Trident、OTO、Fixなどの業界をリードするブランドとのパートナーシップにより制作されたプラグインをセットにしたお徳なバンドルです。

Softube Volume 4に収録されているプラグイン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セール情報

通常価格:799ドル

セール特価:399ドル(50%OFF)

以前のバージョン(Volume 1〜3)をお持ちの方用のアップグレード版もセールになっています。

アップグレード版のセールページ

以下に、Softube Volume 4 Plug-in Collectionに収録されている28の製品をメモしておきます。

Marshall Plexi Super Lead 1959 (New)

Marshall Plexi Super Lead 1959 Plug-in – Softube

American Class A (New)

American Class A Demo – Softube

Passive-Active Pack (New)

Passive-Active Pack

『Passive-Active Pack』コレクションには、Softube独自の3つの非常に使用可能なイコライザーモデルが搭載されています。

Passive-Active Packは3つの非常に異なるイコライザーのコレクションです。(それぞれ独自のキャラクターと癖があります。)

パッシブイコライザーとアクティブイコライザーは、過去から現在までの何千もの録音で使用される実際の主力ユニットをエミュレートします。

フォーカシングイコライザーは、これらをアナログサウンドのサチュレーションと新しいワークフローと組み合わせます。

Bass Amp Room

Softube Bass Amp Room Plugin [Review]
Softube bass amp room review

Bass Amp Roomは、ダーティなロックからモダンなクリーンまで、あらゆるベースアンプのニーズに対応できるように設計されています。

これは、ベースアンプのモデル、クリックアンドドラッグマイク付きの3つの独特なスピーカーキャビネット、トーンコントロールとリミッター付きのブレンド可能なDIセクションで構成されています。

Bass Amp Roomには、ユニークなシグネチャーサウンドをすぐに作成するために必要なものがすべて揃っています。

もともとはギターアンプとして設計されましたが、モデル化された70年代のアンプはベースプレーヤーに最適です。

ふわふわ感のない厚みのあるしっかりとしたプリアンプのディストーションにより、ローエンドを失うことなくそれを上げることができます。

パワーアンプには、従来のパワーアンプディストーション(マスターボリュームノブで制御)があり、極端な設定では、処理できるすべての汚れが得られます。高/低スイッチは元のアンプの一部ではありませんでしたが、必要に応じてクリーンで太いサウンドを提供するために追加されました。

FET Compressor

FET Compressor Tutorial – Softube

FET Compressorは、歴代のコンプレッサーの中で最も象徴的なものの一つを印象的に忠実にモデル化したものです。

FET Compressorは、そのアグレッシブさと、ハードに駆動されたときに音源に味のある歪みを加えることで愛されています。

一般的に、FETコンプレッサーは、通常どのコンプレッサーでも使用するよりも深いゲインリダクションが可能です。

その理由は、極端な設定であっても、FETコンプレッサーは、他の多くのコンプレッサーを強く押したときに発生する、つまづいたような音の痕跡を全く見せないからです。

厳密なゲインコントロールが可能なこの機能は、リスナーの顔が見えるようにしなければならないリードボーカルのトラックでは特に役立ちます。

また、このディストーションは、ボイスに素晴らしいグリットを加え、ロック・ミックスに非常に有効ですが、それに限定されるものではありません。

FETのもう一つの一般的な使用方法はドラムミキシングで、多くのエンジニアがルームマイク、オーバーヘッド、またはドラムバス全体にFETを使用しています。

このように使用されるFETコンプレッサーは、Led Zeppelinのように大きく爆発的なサウンドを引き出すことができます。

これはパラレル・コンプレッションが有用なテクニックであるアプリケーションでもあるので、Softubeはこれを容易にするためにParallel Injectコントロールを追加しました。キックドラムのポンピングを減らしたり、ベースのローエンドを膨らませたりするには、サイドチェーンフィルターを使用します。

しかし、FETの用途はまだまだたくさんあります。ベース、アコースティックギター、ピアノなど、エッジの効いた音を出したり、コンプレッサーの最速アタック設定を使ってトランジェントを丸くすることができます。

特徴

  • 入出力段のスイートなディストーション。
  • 超高速なアタックタイム(オリジナル同様)
  • ルックヘッド(オリジナルの攻撃時間が早くない場合に備えて)
  • すべてのボタンが入っている」モードをモデル化
  • 連続比率(20:1とALLの間でも) – しかし、オリジナルの固定比率が欲しい場合は、ノブの周りの比率ラベルをクリックするだけです。
  • パラレルコンプレッション
  • 検出器のローカットとハイカットフィルター
  • 外部サイドチェーン
  • シンクロナイズドゲインリダクション付きステレオ
  • 非常にCPUに優しい
  • 緻密にモデリングされたアナログ・コンプレッサー アナログ・ユニットの各ステージは、オリジナルのアナログ・ユニットのサウンドと挙動を忠実に再現するために個別にモデル化されています

Fix Flanger and Doubler

概要動画(3分26秒):

Softube Fix Flanger and Doubler

伝説のオーディオ機器デザイナー、ポール・ウルフの頭の中から、新しいフィックス・フランジャーとフィックス・ダブラーが生まれました。

これらは1960年代の古典的なフランジングとヴォーカル・ダブリングの遺産とサウンドを継承しつつ、デジタルの世界の利点をすべて取り入れています。

1979年、ポール・ウルフは、ミュージシャンやサウンドエンジニアの間で愛されるようになった限定版ハードウェアへと生まれ変わったビジョンを正式に発表しました。

2015年、Fix Flanger and Doublerは、このビジョンの再来であり、ユニークなステレオ・ワイドニング手法を用いたハンズオン・フランジングや、豊かなコーラスと豊かなテクスチャーを持つボーカル・ダブリングを扱うプラグイン・パッケージです。

クラシック・フランジングの再構築

Fix Flangerは汎用性に優れています。

このフランジャーは、自動スイープ・フランジによるクラシックなギター・ペダル・スタイルのフランジングと、マニュアル・モードでのダイレクト・インタラクションの両方に対応しています。

VSOモードでは、テープ・マシンのようにエミュレートされたサーボ・モーターのバウンスや真のクロス・ゼロ・フランジングなど、これまでにないハンズオン・コントロールが可能です。

タップ・テンポ・スイープ、独自のステレオ・ワイドニング・メソッド、選択可能なディレイ極性などの追加機能により、Fix Flangerはフランジャーのスイス・アーミー・ナイフとなっています。

シンプルなダブリング

フィックス・ダブラーは、ボーカルやポリフォニック楽器にテクスチャーと並外れた豊かさをもたらします。

フィックス・フランジャーのアルゴリズムは、合理化されたインターフェースとポール・ウルフ独自のオート・ダブル・アルゴリズムを組み合わせることで、ボーカル・トラックに豊かなコーラスとリッチなレイヤーをこれまで以上に簡単に得ることができます。

オート・ダブルを使えば、これまで誰もできなかった3ミリ秒という低遅延でフランジングすることなく、スムーズなダブリングを得ることができます。

機能

  • Fix Flangerは、クラシックなフランジングのサウンドを実現し、非常に優れたコントロール性と柔軟性を備えています。

  • サーボモーターのバウンスエミュレーションによる、これまでにないハンズオン型のVSOフランジコントロール

  • Fix Doublerはボーカルに豊かなコーラスと豊かなテクスチャーを提供します。

  • Auto Double」は独自の正確な位相キャンセル方法を用いて、自然に聞こえるダブラー効果を実現しています。

  • USB iLokキーは不要

レビュー動画

Review of The Softube Fix Flanger & Fix Doubler
Softube Fix Flanger & Doubler | Review | Computer Music Academy

チュートリアル動画

Fix Flanger:

Fix Flanger Tutorial – Softube

Fix Doubler:

Fix Doubler Tutorial – Softube

Fix Phaser

Fix Phaserは、デフォルトの設定やプリセットの使用だけでも、退屈な楽器がヴィンテージの味わい深いサウンドに化けるように設計されたツールです。

Fix Phaser – Softube

特徴

  • モダンなプラグインパッケージの豊かなヴィンテージフェージングサウンド

  • ワイドで汎用性の高い機能セット

  • ミックスノブにより、ウェットとドライの信号をブレンドして味を調えることができます。

  • モノラルソースからステレオサウンドスケープを作成

  • フラットな音や鈍い音の楽器に微妙な動きを発生させる

  • この世のものとは思えないほどのウオーシング・エフェクト
Fix Phaser First Look – Softube

Paul Wolffを満足させるフェイザーは一つもなかった。

彼は全てのステージ、スイープ、トーンを一つにまとめたものが必要でした。

そして、Fix Phaserは、ポール・ウルフの頭の中から生まれたツールです。

自分のギターがスペースシップのようなのサウンドにならないと悩んだことはありませんか?

私たちはその悩みをわかっています。

オーディオ界のレジェンドであるPaul Wolffの多才な頭脳から生まれたFix Phaserは、この悩みを完璧にカバーしています。

ストリングスセクションやシンセパッドに微妙な動きやテクスチャーを作り出したり、ドラムキットを成層圏のように渦巻くように洗ったり、ボーカルにズキズキと振動するビブラートを作ったり、あるいは単にシュッシュとフーシュを心ゆくまで鳴らしたりすることができます。

モノラルをステレオに

ワイドモードでは、モノラルトラックから自然で説得力のあるステレオサウンドスケープを作り出すことができます。特に、ギター、ボーカル、ドラムなど、静的で生命感のないサウンドの楽器に効果的です。

機能

クリーンで操作が簡単なモダンなインターフェースを備えたFix Phaserは、70/80年代の典型的なサウンドとスタイルを損なうことなく、フラットで冴えないトラックをあっという間に生き生きとした獣に変身させることができます。

フェーズセンターを0.01から6Hzの間の任意のレートでスイープしたり、内蔵のエンベロープ・フォロワーを使って、入力された信号をバンプさせたり、エフェクトをパンプしたりすることができます。

フェーズオフセットと再生の設定でサウンドをさらにカスタマイズでき、3種類のステレオ設定では、モノとステレオの両方のソースからエフェクトの広がりをコントロールすることができます。

Fix Phaserは、すでに私たちSoftubeのFix FlangerとDoublerで紹介した、心を揺さぶるような技術的コンセプトをベースにして”Fix “モジュレーション・シリーズを完成させました。

ツールボックスに手を伸ばして、宇宙船があるはずなのに、空っぽのスペース感になってしまうことはもうありません。

Harmonics Analog Saturation Processor

Softubeの新しい技術で作られたサチュレーター「Harmonics Analog Saturation Processor」。

TMT | Drum Processing Like the Glitch Mob Ft. Harmonics by Softube Tutorial

サチュレーションやディストーションは、さじ加減が難しいプラグインです。

サウンド全体に歪みを与えるので、どうしても元の音が持っていた活力ある美味しい部分も削り取られてしまいやすい。

これは、ディストーション系エフェクトの宿命だと思うのですが、優秀なミキシングエンジニアなら長年培った技術とセンスで、美味い具合に仕上げることが出来るのかも知れませ。

一方、アマチュアDTMerにとっては、なかなか難しい領域です。

Softube社は独自に開発した技術で、この問題を解決するサチュレーション・プラグインを開発しています。

(このHarmonics Analog Saturation Processorは、トラックやバス、マスターに挿すことが出来ます。)

そして、元のサウンドが持つ美味しい(活力ある)部分を自動的に分析し、その部分のシグナルは温存します。

ユーザーは、その上でサチュレーション、ディストーションをかけることができるので、元のサウンドの活力を失うことなく、歪みや暖かみを与えることが可能になります。

元のサウンド良い部分を残す作業はソフトが自動でやってくれます。

ユーザーは余計なことを考える必要はなく、ただサチュレーターのかかり具合と、元のサウンドのダイナミクスをどれだけ生かすかのみにフォーカスすれば良いので扱いがより簡単になっています。

また、このHarmonics Analog Saturation Processorには、以下の5つのキャラクターモードのボタンが用意されていて、現代的な技術でクラシックなアナログ回路を再現しています。

  • SOLID
  • TRANSF
  • MASTER
  • TUBE
  • MODERN

どれも個性的で気持ち良いかかり方をします。とても音楽的で奥深いサウンドに変化します。

Harmonics Analog Saturation Processorのインターフェイスはシンプルかつ綺麗にまとまっています。
Test – Softube Harmonics Dynamic Distortion Plug-in – Is This The Best Saturation Plug-in Ever?

基本的な使い方:

まず、5つのフレーバーから好みのタイプを選択出来ます。

左側にあるDynamicsノブの調節では、、

右側に廻すと、元のサウンドの活力(ダイナミクス)を保護します。

左側に回すと、よりサチュレーション、ディストーションを強調します。

右側にあるCaracterノブは、右に回すとダークに、左に回すと明るく。

その隣のDriveノブでは、右に回すほどオーバードライブ感が得られます。

右側のセクションでは、DRY/WETノブでエフェクトの混ぜ具合の調節。

ローパス/ハイパス フィルターでイコライジングが可能。カーブのタイプも選択できます。

インターフェイスはシンプルですが、5つのキャラクターモードはどれも独特なので、これ一台で様々な効果を演出できます。

シンセやギター、ボーカル、キックなど、トラックに使って味付けしていくのも良いし、ドラムなどのバスやマスターに使って、まとまりある感じに馴染ませることも出来ます。

プリセットも複数用途ごとに区分けされ用意されています。

Softube Harmonics Analog Saturation Processorは、WindowsとMacで使用できます。(VST / VST3 / AU / AAX)

詳細動画:

Harmonics Analog Saturation Processor Demo – Softube
Softube – Harmonics – Mixing With Mike Plugin of the Week

Heartbeat

アナログモデリングの王様:Softubeによる非常に凝ったドラムシンセ『Heartbeat』

短いデモ(3分30秒):

Softube Heartbeat VST/AU plugin in action

Heartbeatはsoftube社の最新技術でアナログモデルを現代的にアレンジしモデル化されたアナログ音声エンジン、自動レイヤマシン・トップ・オブ・ライン効果を持つドラムシンセ。

往年のローランド製アナログドラムシンセ:TR-808とTR909のエミュレーションです。

Heartbeatのプリセットサウンドツアー(4分40秒):

Heartbeat preset kits examples

Lij ShawさんによるHeartbeatのプリセット・デモとレビュー:

Softube Heartbeat – Great Presets! with Lij Shaw

ちょっと長めのレビュー動画(15分30秒):

Softube Heartbeat Review

特徴

  • 主にモデル化されたアナログシンセシスに基づいた8チャンネルのドラムサウンド
  • 各チャンネルのボリューム、EQ、エフェクトセンド、パンを備えたミキサー
  • サウンドのレイヤー化またはビートパターンのトリガー用の4チャンネル自動レイヤーマシン
  • カオススライダーは、自動レイヤーマシンの動作にランダム性を追加します
  • TSAR-1リバーブとバレーピープルダイナマイトの適応バージョン、フィルターエコー、アウトプット・サチュレーション
  • モジュラーでHeartbeatの機器とEQモジュールを使用します(これはこれらのコンポーネントにのみ適用され、TSAR-1およびDyna-miteには適用されません)
  • iLok USBドングルは不要

Modular

Softube Modular – Sonic LAB Review

Softube Modularは、Doepfer社との緊密なコラボレーションにより開発された高機能シンセです。

真のアナログモジュラーシンセサイザーのサウンド、柔軟性、拡張性を有しています。

無限の拡張性

モジュラーのオーナーとして、基本的なシステムは、最初に始めるのに最適なツールキットを提供します。

モデル化された6つのDoepferモジュールと20以上のユーティリティモジュールが含まれています。

しかし、それだけではありません。最先端のメーカー Intellijel 社のユニットをはじめ、質の高い Eurorack ベンダーの追加モジュールを別途購入することができます。

今後も、より多くのモジュールを継続的に提供していきます。

SoftubeのドラムシンセHeartbeatをお持ちの方は、インストゥルメントモジュールとEQモジュールをModularに追加し、他のモジュールと組み合わせることができます。

Softubeの受賞歴のあるエンジニアリングチームが、アナログモジュールをコンポーネントごとにモデリングした結果、ハードウェアモジュールと区別がつかないようなプラグインができあがりました。

初心者にとって、モジュラーシンセサイザーを使うことは最初は難しいことかもしれません。しかし、モジュラーには専門家がデザインした幅広いプリセットが用意されており、すぐにあなたの音楽に活用することができます。

Eurorack シンセのパッチングについてもっと詳しく知りたい場合は、マニュアルに付属のチュートリアル・プリセットと一緒にステップ・バイ・ステップのパッチング・チュートリアルが用意されています。

機能

  • Modular は、クロスプラットフォームのモジュラーシンセサイザープラグイン規格で、有名なハードウェア Eurorack ブランドのモジュールの公認エミュレーションを特徴としています。
  • 真のダイナミック回路エミュレーションは、ハードウェアと同様の外観、機能、サウンドを実現します。
  • ベーシックシステムには、6つのDoepferモジュール(A-110-1 VCO、A-108 VCF、A-132-3 Dual VCA、A-140 ADSR、A-118 Noise/Random、A-147 VCLFO)が搭載されています。
  • 基本システムには、20以上のユーティリティ・モジュール(MIDI to CV/ゲート、ミキサー、スルー、サンプル&ホールド、スイッチ、マルチプル、ディレイ、オフセット、シーケンサー、クロック・デバイダー、ロジック&シグナル・ツール、ポリフォニックMIDI to CV/ゲート・モジュールなど)が搭載されています。
  • Intellijel からの追加の公認エミュレーションはアドオンとして利用可能です(uFold II、Korgasmatron II、Rubicon)。他の高品質なハードウェアEurorackベンダーのモジュールも多数リリースされる予定です。

OTO Biscuit 8-bit Effects

2000年代にフランスで制作された8ビット・ディストーション・マルチプロセッサー『OTO Biscuit』。

現在は生産が終了していますが、Softubeによって『OTO Biscuit 8-bit Effects』としてプラグイン化されています。

5 MINUTES WITH – OTO Machines BISCUIT – Save 50% On Plugin!

OTO Biscuitは、デジタルプロセッシングとアナログ共振フィルターを使用することにより、BISCUITは、激しいディストーション、デジタルやエイリアシングで作られるエフェクト、暖かくて太い8ビットサウンドまで、幅広いサウンドを作り出すことができます。

プラグイン版のOTO Biscuit 8-bit Effects。ダーティーでエッジの効いたサウンドを、お好きなDAW上でOTO Biscuitが使用できます。

OTO Biscuit 8-bit Effects plug-in Walkthrough with Todd Urban – Softube
UAD Artist Tips & Tricks w/ The Glitch Mob: OTO BISCUIT 8-bit Effects Plug-In

OTO Biscuit 8-bit Effectsの特徴

  • 楽しさと使いやすいパッケージのローファイ8ビットマジック
  • ビット単位でコントロールできます
  • スムーズなアナログフィルター
  • 内蔵のデジタルエフェクト:ウェーブシェイピング、ディレイ、ピッチシフト
  • フィルターを駆動する8ステップシーケンサーも付いています!
  • 非常に特徴的なサウンドですが、多くのスタイルに適しています
  • エレクトリックトラックを活気のあるクラシックに

システム要求:

Softubeプラグインのバージョン2.0には、次の最小要件があります

すべてのネイティブバージョン:

  • Mac OS X 10.9以降
  • Windows 64ビット、バージョン8または10
  • Intel Core 2 Duo、AMD Athlon 64 X2以降
  • 1280×800より大きい画面解像度
  • 1 GB以上のRAM、およびインストール用に少なくとも6 GBのハードディスク空き容量(個々のプラグインで必要な空き容量が少なくなります)
  • VST、VST3、AU、またはAAX(Pro Tools 10.3.7、11.0.2以降)互換のホストアプリケーション
  • Softube / Gobblerアカウント
  • ライセンスのアクティベーションとプラグインのダウンロードを管理するGobblerアプリケーション
  • 常に最新のiLok License Managerを使用するようにしてください。これは、Softubeのインストーラに含まれていませんが、からダウンロードすることができます  www.ilok.com
  • インストーラーをダウンロードしてライセンスを登録するためのブロードバンドインターネットアクセス

注意: 

  • Windows XPおよびVistaは正式にサポートされなくなりました
  • すべてのSoftubeプラグインは32ビットと64ビットの両方のホストをサポートしていますが、64ビットOSが必要です。サポートされているサンプルレート:44.1、48、88.2、96、176.4、192 kHz、モノラルとステレオの両方で

Saturation Knob

シンプルで使いやすいサチュレーター。

Softube Saturation Knob, features and tutorial

Softube Saturation Knobの使い方

使い方は簡単。

気軽に自然なオーバードライブ感を与えることが出来ます。

まず、GUI下段にある三段階のスイッチで、ブースト(押し上げたい)音域を決めます。

一番下の Keep Lowは、低音域はそのままで、高音域のみブースト

真ん中のNaturalは低音域、高音域、両方ブースト

一番上のKeep Highは、高音域はそのままで、低音域のみブースト

次に、

上段部の大きなツマミで、ブーストする値を決めます。

これだけ。

音を聞きながら、適当に(上記の操作で)良い塩梅を探っていけばよいと思います。

Summit Audio EQF-100 Full Range Equalizer

Softube 101: The Classic Channel Strips – 8. Summit Audio EQF-100

Summit Audio EQF-100は、フルレンジ・パッシブチューブ・イコライザーです。

汎用性が高くなスイートなサウンドを作ることができるイコライザーです。

そして、ミックスの中で発生するかもしれないトーンの問題のほとんどを解決してくれます。

EQF-100 は、個別のトラックだけでなく、サブグループやステレオバス全体にも適しています。

柔軟性と滑らかさがこのチューブ駆動のパッシブ・イコライザーの大きな特徴です。

DAWで周波数をブーストするためのイコライザーとして、カッティングにとらわれずに使用することができます。

パラメトリックな4つの帯域のイコライザーに加え、3つのカットオフ周波数を選択可能なロー/ハイカットフィルターを搭載しているため、EQF-100はあらゆるサウンドや楽器のミックスに最適なイコライザーとなっています。

真空管とソリッドステート・テクノロジーのユニークなブレンドにより、EQF-100のサウンドはより温かく、より太ったものになることは間違いありません。

さらにEQのエッジが欲しい場合は、出力メーターを赤に設定するだけで、ウッディーで厚みのあるサチュレーションが出力段から出力されます。

特徴

  • スムーズなサウンドと柔軟な操作性。
  • モデル化された出力段の歪み。
  • 周波数帯域が固定された4つのフルパラメトリックなイコライザーバンド。
  • ハイ・フィルターとロー・フィルターはベルからシェルフに切り替え可能。
  • 3ポジションのロー・カットフィルターとハイ・カットフィルター。
  • 各コンポーネントは慎重にモデル化されています。

Summit Audio Grand Channel

Review Of Summit Audio Grand Channel – Extended Video

Summit Audio Grand Channelは、スムーズに動作するEQF-100パラメトリック・パッシブ・イコライザーと、マイルドでありながら権威あるTLA-100Aコンプレッサーを組み合わせた高いチャンネル・ストリップです。

あなたのミキシング・ニーズの大部分をカバーする汎用性の高いツールです。

Grand Channelは、温かく滑らかなトーンの造形を持つSummit Audio EQF-100フルレンジイコライザーと、リッチなサウンドと使い勝手の良いSummit Audio TLA-100Aコンプレッサーを組み合わせたものです。

コンプレッサーがイコライザーに影響を与えることはよくあることですが、この2つを1つのプラグインに統合することで、調整が容易になります。デフォルトでは、サウンドはコンプレッサよりもイコライザーに先に到達しますが、スイッチひとつで簡単に順番を逆にすることができます。

EQF-100とTLA-100Aを設計する際、Summit Audioは、ビンテージ真空管のデザインの粋を結集し、時代の試練に耐えうるように現代的な感覚で設計しました。

その結果、Summit Audioの素晴らしさをデジタルで体験することができるようになりました。クラシックなTLA-100Aに現代的な機能を追加したこのプラグインには、パラレルコンプレッション、サチュレーションコントロール、入力またはディテクターのローカット・フィルタリングも搭載されています。

主な機能

  • 広大なソニックレンジを実現したフレキシブルな使い勝手。
  • 2台それぞれに個別のバイパスを搭載しているため、CPUの電力を節約。
  • スイッチ一つでイコライザーとコンプレッサーの順番を変更可能。
  • 各コンポーネントは慎重にモデル化されています。
  • 周波数、位相、歪み、アタック、リリースなど、非常にアナログ的な挙動を実現。

Summit Audio TLA-100A Compressor

Softube Summit TLA 100A Review Learn Compression

このクラシックなコンプレッサーは、穏やかで自然なサウンドのゲインリダクションを実現します。

素材のダイナミクスを楽にコントロールしながらも、サウンドを圧迫することはありません。TLA-100Aに入力したものはすべて、コンパクトでビッグなサウンドで出力されます。

Summit Audio TLA-100Aはプログラムに依存して動作します。

使い方は非常に簡単で、基本的に悪い音を出すことは不可能です。しかし、ハードに駆動させると、ソフトで温かみのある歪みが出てきます。

このプラグインには、オリジナルユニットにはなかったSaturationノブが搭載されています。これにより、シグナルに適切な量のディストーションをブレンドすることができます。

TLA-100Aは、どのような素材でも基本的には同じ挙動を示します。

透明感があり、音源を強く、しかし穏やかに捉えてくれるので、ボーカルやベースをミックスの必要な位置に配置するのに適しています。

TLA-100Aは、注目を集めすぎてしまうようなトゲトゲしたアコースティック・ギターを柔らかくしたり、ドラム・バスやフル・ミックスに「接着剤」を供給したりするのにも適しています。

特徴

  • オーディオのダイナミクスをマイルドにコントロールします。
  • 使い方は簡単です。
  • パラレルコンプレッションとディテクターフィルターを内蔵(ローカットフィルターは信号入力に切り替え可能)。
  • 各コンポーネントは慎重にモデル化されています。
  • モデル化された出力歪みは、Saturationノブで簡単にコントロールできます。
  • 周波数、位相、歪み、アタック、リリースなど、非常にアナログ的な挙動を実現
  • SoftubeはSummit Audioのプラグインを唯一製造しています。

Tape

テープサチュレーションプラグインの中でも高品質+簡単操作で人気の「TAPE」。

A-B-Cのタイプを選んで、AmountノブとTape Speedノブで調整するだけの超簡単操作。(超簡単操作でグッとくるサウンドが作れます。)

Tape – Softube
Review – Tape Plug-in by Softube

Softubeの「Tape」。通常のテープマシンエミュレーションをはるかに超えた存在です。

ミックスにまとまりと重量感を与えるとことができます。

3つのはっきりと異なるテープマシンタイプを搭載し、今日の音楽制作者が欲する使いやすさと低いCPU負荷を提供しています。

時代を超えても、コンピューターベースのプロのスタジオでは、アナログテープにミックスを流しこむことが一般的なテクニックとして用いられています。

アナログテープはスムージング効果があり、ミックスにまとまりと重さを加わえることができるからです。

個々のトラックの集まりから、すべてが繋がり一緒に機能するように、曲をミックスすることが期待できます。

これが、アナログテープを用いた手法の非常に優れた利点です。

一方、Softube社が開発した「Tape」を使えば、それ以上のことが可能になります。

1台で3台のマシン 

Tapeには、1つのプラグインに3種類のテープマシンが搭載されています。

タイプAは、その正確さと直線性で知られまた愛されている「古典的なスイスのハイエンドリールツーリールマシン」をベースにしています。

タイプBはそれよりはるかにカラフルです。

ローエンドに余分な重量と「クリーミーさ」を追加する「トランスベースのマシン」です。

最後に、タイプCは、独特のヴィンテージの雰囲気を持つイギリスのテープマシンをベースにしています。

使いやすさ 

好みのテープマシンタイプを選択して、(量のさじ加減用の)Amountノブを調整します。

ほとんどの場合、トラックをアナログテープの甘さに浸すために必要なのは、たったこれだけです。

さらに簡単な方法として、、

Joe Chiccarelli(Beck、U2、Strokes)やHoward Willing(Smashing Pumpkins、Sheryl Crow、Kris Kristofferson)などの受賞歴のあるエンジニアが作成したプリセットのいずれかをロードします。

たったそれだけでOK。

それとも、あなた自身の微調整を加えたいですか?

では、異なるテープ速度設定を試してみてはどうでしょうか。。

テープの速度が遅苦なるほど、いわゆる「テープヘッドのバンプ」がより顕著になり、ミックスにローエンドが加わります。

または、リモートコントロールパネルを開いて、選択したテープマシンの速度安定性、クロストーク量、およびその他のいくつかのテープ認識機能をコントロールできます。

密集したサウンドを実現。そしてCPUに優しい。

マスターバスにTapeのインスタンスを1つ追加して、今日のコンピュータベースのスタジオのほとんどをエミュレートする(コンピュータでミックスしてからステレオテープマシンにミックスダウンする)か、ミックスの各トラックにTapeを追加して「ビンテージスタイル」にしましょう。

あなたのコンピュータはそれを軽々と扱うことができるでしょう。

ほとんどのSoftubeプラグインと同様に、Tapeはコンピュータのプロセッサ上で非常に軽量だからです。

Studio Oneユーザーのための補足 

Presonus Studio Oneを実行している場合、Tapeを標準のプラグインとして使用することはできません。

MixFXスロットにテープを追加すると、テープマルチトラックが得られます。

Tape MultitrackにはTapeのすべての利点が含まれていますが、さらに、各トラック間で選択可能なクロストークが発生します。

また、Tape Multitrack設定を単一のインタフェースから簡単に制御できます。

テープとテープマルチトラックのライセンスは同一です。

つまり、Studio Oneユーザーではなく、将来DAWに切り替えることを決定した場合、Tape Multitrackはすでにインストールされ、ライセンスされており、すぐに使用できるようになります。

Transient Shaper

打楽器にパンチを与えたり、様々なサウンドに透明感と存在感を演出できる(CPUにも優しい)コンパクトなプラグイン。

ざっと見動画(3分):

Softube Transient Shaper VST/AU plugin in action!

サウンドのアタックとディケイをコントロールできることは、音楽をミキシングする際に非常に便利です。

SoftubeのTransient Shaperはデュアルバンド・プロセッサーです。

つまり、ユーザーは、サウンドの高音部と低音部(SustainとPunchパラメータ)にのみ影響を与え、それ以外の部分はそのままにしておくように設定することができます。これにより、新たな可能性が広がります。

トランジェント・シェイピングは、音楽のミキシングに欠かせないテクニックとなっています。

サウンドの立ち上がりをシャープにしたり、柔らかくしたり、ディケイを長くしたり短くしたりする機能は、ミックスの中でそれぞれのサウンドにちょうど良い大きさと位置を与えるために非常に有用であることが証明されています。

Transient Shaperはこのコンセプトをさらに一歩進めて、他の類似ツールと同様に周波数範囲全体に影響を与えることも、高音域や低音域のみに影響を与えることも可能にしました。

使用例

例えば、ドラムのオーバーヘッドでは、Sustain ノブを上げて周波数コントロールを Wide に設定します。

これにより、ルームサウンドとシンバルの音を伸ばすと同時に、より多くのサスティーンとタムのブーンを得ることができます。

しかし、ここでタムのブーンを抑えたいとしましょう。

この場合、Sustain ノブの周波数コントロールスイッチを Hi に設定すると、Sustain 処理は高音域(シンバルとルーム)のみに影響を与えますが、タムはそのままになります。

スイッチをLoに設定すると、タムからはブームが発生するだけで、部屋の音とシンバルは影響を受けません。

パーカッション以外の使用にも対応

デュアルバンドで動作するTransient Shaperは、ドラムやパーカッション・サウンドだけではありません。

ボーカル・トラックに高域のトランジェントを追加して透明感と存在感を与え、周波数スライダーをHiに設定してPunchを追加します。Punchノブを下げれば、よりダークで丸みを帯びたビンテージ・バイブを感じさせるサウンドを作ることができます。

ピアノ、ベース、ギター、電子ドラムに使用-トランジェント・シェイパーは幅広いサウンド・タイプに対応します。

クロスオーバー周波数はユーザーが選択可能で、Punchの動作(FastまたはSlow)も選択可能です。また、クリップと呼ばれる出力ディストーションセクションも追加しました。

特徴

  • デュアルバンドトランジェント処理ツール

  • 音のパンチやサスティーンを加えたり、減らしたりすることができます。

  • 周波数スペクトル全体、高周波数のみ、または低周波数のみのいずれかに影響を与えます。

  • ユーザーが選択可能なクロスオーバー周波数

  • クリップ部は出力に歪みを加える

デモ動画

Softube社のデモ動画(6:40):

Transient Shaper

音楽家&サウンドデザイナー:Echo Sound Worksのシェーンさんの紹介動画(7分30秒):

Softube Transient Shaper
Softube Transient Shaper demo with recorded music, a must watch!


「Mixing With Mike」YoutubeチャンネルでおなじみのMichael Whiteさんのレビュー&チュートリアル(19分):

Mixing With Mike Plugin of the Week: Softube Transient Shaper

Trident A-Range

Review – Trident A-Range EQ Softube

Trident A-Rangeイコライザーは伝説的なマシンです。

13台しか製造されなかったA-Rangeコンソールは、デビッド・ボウイのジギー・スターダスト、クイーン、エルトン・ジョンなど、元々A-Rangeで録音されたものに匹敵する芸術作品を作りたいと願う世界中のサウンドエンジニアやプロデューサーにとって、聖杯のような存在であり続けています。

特徴

  • 独自の意志を持ったEQ。
  • オリジナルデザイナーのMalcolm Toft教授と共同で制作。
  • 一つ一つのコンポーネントが丁寧にモデリングされています。
  • サチュレーション・コントロール
  • CPUとの相性も抜群。

TSAR-1R Reverb

TSAR-1R Reverb Tutorial – Softube

TSAR-1R Reverbは、より調整可能なTSAR-1 Reverbの弟分です。この2つのリバーブは、全く同じハイエンド・リバーブ・アルゴリズムを共有していますが、TSAR-1Rは非常に使いやすく、高速で直感的なワークフローを実現しています。

基本的に、TSAR-1Rはタイムスライダーという単一のコントロールで操作します。短くコントロールされたルームサウンドであらゆるサウンドに深みと次元を加えたり、大きくドラマチックな空間を演出するためにホールセッティングに向かってスライドさせたり。それは本当に簡単で、いつも素晴らしいサウンドを奏でてくれます。

機能

  • プリディレイ – ボーカルとリバーブテールの間のわずかな隙間を埋めるのに最適です。
  • Time – すべてを支配する1つのフェーダー。Timeコントロールは、Density、Diffusion、Early Reflections、Reverb Timeなどを変更します。すべての最高のプリセットを連続的にスワイプするようなものです。
  • カラー – 明るいリバーブと暗いリバーブのどちらが必要ですか?
  • トゥルー・ステレオ・アルゴリズム – TSAR-1リバーブと同じ。
  • 極めて使いやすい。
  • モダンでパワフルなハイエンド・リバーブ。
  • 高速で簡単、それでいてパワフル。TSAR-1RにはMixとVolume以外のパラメーターは3つしかありません。これほど簡単に素晴らしいリバーブ・サウンドを作ることができるのは初めてです。

Vintage Amp Room

素直でシンプルなVintage Amp Roomは、スピーカー・キャビネットとフレキシブルなマイク・ポジションを備えた完全なスタジオ・セットアップで、3台の偉大でクラシックなギター・アンプをエミュレートします。ライブパフォーマンスやレコーディングだけでなく、リアンプや直前の微調整にも簡単に使用できます。

Vintage Amp RoomでSoftubeがシミュレートした3つのギターアンプは、ギターをベースにした音楽の歴史の中でその地位を確立してきた不朽の名作です。そこでSoftubeは、大量のアンプをシミュレートするのではなく、これら3つのアンプを正しくシミュレートすることを目指しました。

これらのアンプは、クリック&ドラッグでマイクの位置を自由自在に変更できる、真のスタジオ環境でシミュレートされています。Softubeは、ギターアンプのサウンドを素敵なスタジオでシミュレートしただけでなく、ワークフロー全体をシミュレートしました。

Vintage Amp Roomには、アンプ・シミュレーション・ソフトウェアに見られるような追加のガジェットや奇妙なサウンドのプリセットはありません。自分だけのギター・サウンドを作るための究極のツールを提供してくれます。自分の欲しいサウンドを正確に把握しているのはあなただけだからです。

機能

  • 素晴らしいサウンドのヴィンテージアンプ3機種。
  • 生で本格的なサウンド。
  • 本格的なスタジオ・ワークフロー
  • 柔軟で連続的なクリック&ドラッグによるマイク・ポジショニング
  • 完全に自動化可能なパラメーター
  • 3Dレンダリングされたフォトリアリスティックなユーザー・インターフェース
  • 本物のアンプで動作するすべてのエフェクトに対応

Weiss MM-1

Weiss DS1を忠実に再現したマスタリング用マキシマイザー。

Review – Softube Weiss MM-1 Mastering Maximizer Plug-in
First Look | Weiss MM-1 Mastering Maximizer by Softube

Weiss MM-1:ラウドネスを正確に

MM-1 Mastering Maximizer

世界中のマスタリングスタジオの中心的存在である伝説的なWeiss DS1-MK3(およびSoftubeプラグインとしても利用可能)に基づいて、高速かつプロフェッショナルなミックスの最大化の未来がここにあります。

MM-1は、元のデジタルハードウェアユニットとまったく同じアルゴリズムを備えています。

そして、5種類のリミッティングを提供します。

5種類のリミッター:透明、ラウド、パンチ、ワイド、ディエッサー

特徴:

  • 詳細なエキスパートマスタリングプロセスを制御するシンプルなインターフェース。
  • 利用可能な制限の5つの「フレーバー」。

  • 伝説的なハードウェアマスタリングプロセッサであるWeiss MM-1とまったく同じテクノロジーが含まれています。

  • ダニエルワイス自身が完全にライセンスし、承認しています。

  • ミックスバスをすばやく効果的に最大化するのに最適です。

  • 好きなだけラウドにしてください。他のどの製品よりも音量が大きくなります(望ましいトーンとダイナミクスを犠牲にすることなく)。

  • サウンドが悪くなることはありません。マスタリングの達人になれます。

Spring Reverb

様々なソースにヴィンテージのキャラクターとグリットを追加する本格的なスプリングリバーブ・プラグイン。

Softube Spring Reverb

上記のSpring Reverbの解説動画はPropellerhead Reasonのラックエクステンション版ですが、VST版も概要は同じです。

Spring Reverbの概要

Spring Reverbは、オーディオトラックにヴィンテージのキャラクターとグリットを追加する本格的なスプリングリバーブレクリエーションです。

また、完全に自動化可能なシェイク制御などの斬新な機能も備えています。

それはそれらの雷のようなスプリング効果のために周りの仮想スプリングを揺さぶるでしょう。

Spring Reverbを使用して、ミックス内で認識できるキャラクターを入手してください!

ミックスにその特定のものが欠けている場合、SoftubeのSpring Reverbは良い仕事をします。

スプリングリバーブは、多くのクラシックギターアンプに組み込まれているため、ギターによく使用されます。

しかし、このタイプのリバーブがギターのみに限定されていると考えるのは正直ではありません。

 ボーカルトラック、スネアドラム、パーカッション、電気オルガンなど、さまざまな個性とキャラクターを追加できます。

それは非常に独自のサウンドであり、他のミックスと区別するのに役立ちます。

さらに、Spring Reverbのサウンドは1つだけではありません。

目的のスプリング・リバーブのキャラクターを選択できるように、いくつかの設定が含まれています。

スプリングの数とそのテンションはサウンドとフィーリングに大きく影響するため、トラックに必要なものを決定するのはあなた次第です。

さらにサウンドに影響を与えるために、チューブ駆動の低音と高音のコントロールも搭載されています。

そして、本当のスプリングリバーブを振って(スプリングを互いに跳ね返らせてバタンと閉める)爆発的なブームが必要な場合のために、それもモデル化しています。

特徴:

  • あなたのミックスに個性とキャラクターを追加

  • スプリングキャラクターとリバーブの長さを形作るテンションコントロール

  • 1から3まで連続的に調整可能なスプリングペアの数

  • リバーブセクションでベースとトレブルを使用したチューブドライバーシミュレーション

  • スプリングを揺さぶるシェイクコントロール

  • センドエフェクトとインサートエフェクトの両方として使用できます

  • 非常にCPUフレンドリー

スプリング:

使用中のスプリングの数を制御します。リバーブユニットには3セットのスプリングがあり、使用するセットの数を選択できます。よりはっきりとした弾力のあるサウンドを得るにはコントロールをONEに設定し、より滑らかなサウンドを得るにはTHREEに設定します。

シェイク:

コンピュータを叩くことによってエフェクトサウンド作らずとも、同じことを安全に行うために使用できるスライダーが備わっています。

テンション:

3つのスプリングすべての張力を調整します。Tensionパラメーターを調整すると、弦の音がゆっくりとスムーズ(左)から速くて荒い(右)に変わります。このコントロールは、Springsノブと共に、リバーブの全体的な特性を変更するための優れたツールです。

低音、高音、入力ステージ:

ウェット信号でのAmp Room製品と同じテクノロジーを使用した本格的なチューブシミュレーションを搭載。

Acoustic Feedback

ほんの少しの調整で、現実的なフィードバックを再現できるアンプ・シミュレーションプラグイン。

Acoustic Feedback demo
Controlling Acoustic Feedback plug-in with a Pedal
Acoustic Feedback

Acoustic Feedbackの概要

ボックスの中でギターのフィードバックが叫び声を上げる、市場で最初の現実的なギターフィードバックシミュレーターで内なる野獣を解放します。

一つのつまみ(または2つのつまみ)をひねるだけで、適度で微妙なものから、乱暴で荒々しいサウンドまで作り出します。

新しい音楽の地平を開くには、手持ちのシンセサイザー、バイオリン、またはあなたのお母さんのグランドピアノなどを入力してみてください。

ギターアンプの「シミュレーション・プラグイン」または「ハードウェア」で実現するのが本当に難しいことの1つは、ギターとアンプの間の部屋での相互作用が大音量になっていることです。

Acoustic Feedbackはその点を解決します。

単音を少し長く垂らし続け、緩やかにフェードインして持続的なフィードバックにしたい場合も、ノイズロックに瞬時に強大なハウリングが必要な場合も、このツールは非常に便利です。 

(Acoustic Feedbackには、Vintage Amp RoomのWhiteアンプの限定バージョンがバンドルされています。)

特徴

  • ギターフィードバックのリアルなシミュレーション(物理モデリング)

  • ビブラート、ベンド、スライド、トレモロなどに完全に反応

  • シンプルなユーザーインターフェイス:フィードバックノブでフィードバックの量を制御し、許容スイッチで感度をコントロール

  • MIDIフットコントロールと互換

  • Vintage Amp Roomのホワイトアンプのストリップ*(ただし非常に便利)バージョンが含まれています

  • 注意:Whiteアンプの不注意な取り扱いのため、Master VolumeとMicの位置コントロールのみがそのまま残ります。他のすべてのポットは壊れています。またはそのようなもの…

システム要求

  • Mac OS X 10.12以降(古いOSバージョンは動作する可能性がありますが、テストされていません  (64ビットのみ)。

  • Windows 64ビット、バージョン7、8、または10  (64ビットのみ)。

  • Intel Core 2 Duo、AMD Athlon 64 X2以降。

  • 画面解像度1280×800以上。

  • サポートされているサンプルレート:44.1、48、88.2、96、176.4、192 kHz、モノラルとステレオの両方。

  • 8 GB以上のRAM、およびインストール用に少なくとも8 GBのハードディスク領域が推奨されます(個々のプラグインはより少ない領域を使用しますが、サンプルライブラリは追加のディスク領域を必要とする場合があります)。

  • ソフトウェアを登録してインストールするには、Softubeアカウントが必要です。

  • インストーラーのダウンロードとライセンスの管理のためのインターネットアクセス。

  • プラグインを認証するために物理的なiLokドングルを使用する場合は、iLokジェネレーション2以降  (iLokドングルは必須ではないことに注意してください)。

  • 理論的には、64ビットVST、VST3、AU、またはAAX(11.0.2以降)互換のホストアプリケーションであれば動作するはずです。

Tube Delay

Softube Tube Delay

Tube Delayは、3つのモデル化されたチューブステージをオーバードライブすることによって、クリーンから荒々しい音にに変わるエコーエフェクトです。

現実的なルームエコーからロカビリースタイルのスラップバックまで、はたまたマッドなダブ・レゲエサウンドまで幅広いサウンドを作成できます。

Tube Delay チュートリアル動画(4分):

Tube Delay Tutorial – Softube

Tube Delay 解説動画(6分30秒):

Get a Fat Kick w. Tube Delay – Softube

Tube Delayの概要

モデル化された3つのチューブステージをオーバードライブすることで、クリーンから失礼なまでの美味しいエコーエフェクト。

リアルなルームエコーからロカビリースタイルのスラップバックまで何でも作成できます。または、それをダブレゲエ・エコーの狂気に導いてください。

わずかに暗く歪んだディレイは、実際にそれ自体に注意を引くことなく、ミックスに素晴らしい空間とサイズの感覚を与える方法があります。

つまり、ここで私たちのチューブディレイが重要になります。

コントロールは一目瞭然の簡単操作ですが、Tube Delayを他のディレイとは一線を画すサウンドを作り出します。

ドライブノブは素晴らしく汚れた歪みを加え、トーンコントロールはただただスイートです。

このモデルには実際には3つの異なるチューブステージがあり、それぞれがサウンドに追加されます。

トーンコントロールはパッシブであり、さらにディストーションを追加します。

実行中にフィードバックを上げると、本物のダブエコーの狂気になります。

特徴:

  • 1〜1000ミリ秒のディレイ

  • テンポをホストに同期

  • ビンテージスタイルのパッシブEQ

  • ざらざらしたフィードバック機能

  • チューブプリアンプシミュレーション

TSAR-1 Reverb

TSAR-1 Reverb – Features and tutorial

TSAR-1は、強力で現代的なリバーブ・アルゴリズムです。 生き生きとした活気がありナチュラルなリバーブを実現しています。

TSAR-1を購入すると、弟版(よりシンプルなインターフェイス)のTSAR-1R Reverbも含まれています。

TSAR-1R Reverb Tutorial – Softube

TSAR-1 Reverb

TSAR-1 Reverbの概要

SAR-1リバーブはエミュレーションではありません。純正のデザインではありません。スペースの静的なスナップショットではありません。

TSAR-1は、強力で最新のリバーブアルゴリズムを搭載しています。

活気があり、穏やかで夢のようなサウンドを実現します(何よりも自然)。

TSAR-1は、確立された伝統的なリバーブ製品の(わずかな価格で手に入る)優れた代替品です。

TSAR-1内の真のステレオアルゴリズムは、使う者に魔法を与えます。

その強みは、その洗練されたサウンドと汎用性にあり、ストリングスやブラス、ロックドラム、リードボーカルなどで常に輝きを放ちます。

他のハイエンドリバーブ製品では他に類を見ない、包括的で使いやすいインターフェイスを備えています。

TSAR-1は使いやすさを考慮して設計されています。

無数のコントロールの代わりに、ユーザーインターフェイスに5つのスライダーと2つの切り替えオプションを提供しました。

しかし、これらの単純なコントロールでさえも使用する必要がないことがよくわかるでしょう。

プリセットの充実したバンクが含まれているため、ほとんどのニーズに対応できます。プリセットは用途に応じて明確に名前が付けられているので、好みの設定を見つけて、少し調整してください。

要点

  • 真のステレオアルゴリズム
  • 並外れた汎用性
  • 包括的なユーザーインターフェイス
  • モダンでパワフルなハイエンドリバーブ
  • 豊富なプリセットライブラリ
  • TSAR-1Rリバーブも含まれています

Monoment Bass

新しいベースサウンドシンセ

The Story Of Monoment Bass w. sound designer Tobias Menguser – Softube

Monoment Bassは、クラブミュージック、シネマティック、ポップ・ミュージックにも対応するファットなベースシンセ。

Sonic LAB: Softube Monoment Bass Synth Review

特徴

  • 最高級のハードウェアからのステレオソースサウンドを備えた高品質ベースシンセ

  • 多機能で使いやすいシンセアーキテクチャ

  • テクスチャリングされた非常に複雑なサウンドのために、2つの異なるソースを同時にノイズにブレンドします

  • Madison Mars、Vandalism、Cr2によるサンプルツール、WAプロダクション、Black Octopus、Function Loopsのプロフェッショナルプリセット

  • 現代的なベースサウンドに重点を置いていたシンセ

  • 専用エフェクトのおかげで簡単にミックスができる

システム要求

  • Mac OS X 10.12以降(古いOSバージョンは動作する可能性がありますが、テストされていません)

  • Windows 64ビット、バージョン7、8、または10

  • Intel Core 2 Duo、AMD Athlon 64 X2以降

  • 画面解像度1280×800以上

  • 8 GB以上のRAM、およびインストール用に少なくとも8GBのハードディスク容量が推奨。

  • Softubeアカウント

  • iLokアカウント

  • インストーラーをダウンロードし、ライセンスを管理するためのインターネットアクセス

  • プラグインの認証にiLokドングルを使用する場合は、iLokジェネレーション2以降(iLokドングルは必須ではありません!)

  • 理論的には、64ビットVST、VST3、AU、またはAAX(11.0.2以降)互換のホストアプリケーションはすべて動作するはずです

Parallels

デュアルソースのドリームシンセ

「Parallels」は、一画面完結のシンプルなUIに、Softube社が誇る高品質なアナログモデリングのフィルターとエフェクトが搭載されています。  

Parallelsのファクトリープリセットのデモ(ファクトリプリセットも豊富):

Softube Parallels: Factory Presets

無限の可能性を秘めた、なめらかでパワフルでクリエイティブなシンセ。

コンセプトは、複雑になりがちなソフトウェアシンセサイザーをシンプルに。

Parallelsは、現代的なしゃれたシンセの側面とビンテージシンセの質感、そして、フィジカルモデリングシンセのエッセンスを持っています。

ソースのウェーブフォームとコンセプトクリエイトは、Johan Antoni氏が担当。

往年のKorgシンセのファンである彼は、Parallels用のソースに使うサウンドのために東京の恵比寿まで訪れ録音作業をしたそうです。

おなじみPluginboutiqueのジョシュア・キャスパー氏によるデモ動画(5分):

Parallels by Softube | Polyphonic VSTi Synthesizer Plugin

もう少し深めのBoBeats氏によるデモ動画(16分):

Softube Parallels is Really Good – Sound Design Made Easy

Parallelsの特徴

  • デュアル・ウェーブ・スキャニング・ソースセクションを備えたシンセプラグイン

  • 約100個の高品質のレコーディング済みのマルチ波形

  • 各波形内の音の進行は、ほぼ無限のソース素材を意味します

  • 2つの並列ソースはブレンドされたサウンドを意味し、指数関数的に可能性を広げます

  • 最大14ボイス(両方のソースがアクティブな場合、ソースごとに7)

  • Brian Transeau a.k.a. BT、Richard Devine、Inhaltなど、世界をリードするシンセアーティスト、エンジニア、サウンドデザイナーによる何百もの巧妙に作成されたプリセット。

  • 3つのアナログモデルフィルタータイプ(状態変数、バクロールLPG、および共振ピーク)

  • 5種類の洗練された変調ソース。 LFO、ランダム、ユークリッドシーケンサー、ステップシーケンサー、エンベロープ

  • 5つの最高品質のエフェクトオプション。 ディストーション、コーラス、フランジャー、ディレイ、リバーブ

  • 心に強く訴える、創造的で美しいサウンド

システム要件

すべてのネイティブバージョン:

  • Mac OS X 10.9以降

  • Windows 64ビット、バージョン8または10
  • Intel Core 2 Duo、AMD Athlon 64 X2以降

  • 1280×800より大きい画面解像度

  • 1 GB以上のRAM、およびインストール用に少なくとも6 GBのハードディスクスペース

  • VST、VST3、AU、またはAAX(Pro Tools 10.3.7、11.0.2以降)互換のホストアプリケーション
  • Softube / Gobblerアカウント

  • ライセンス認証とプラグインのダウンロードを管理するGobblerアプリケーション

  • 常に最新のiLok License Managerを使用するようにしてください。 Softubeインストーラーには含まれていませんが、www.ilok.comからダウンロードできます。

  • インストーラーをダウンロードしてライセンスを登録するためのブロードバンドインターネットアクセス

注意:

  • Windows XPおよびVistaは公式にサポートされなくなりました

  • すべてのSoftubeプラグインは32ビットと64ビットの両方のホストをサポートしていますが、64ビットOSが必要です。

  • サポートされるサンプルレート:44.1、48、88.2、96、176.4、192 kHz、モノラルとステレオの両方

AAX DSPバージョンについて:

AAX DSPの場合、ネイティブバージョンの要件を満たす必要があります。 Avid HDX処理カードも必要です。
プラグインごとにHDXカードの負荷が異なります。詳細については、DSPカードごとのAAX DSPサポートインスタンスを参照してください。

Drawmer S73

Softube Drawmer S73 Intelligent Master Processor

Drawmer S73 は、ミックス時のバスやマスタリング用のコンプレッサープラグインです。

ユーザーは、STYLEパラメーターからお気に入りのスタイルを選ぶだけでサウンドに明瞭さを与えることができます。

Drawmer S73 の最大の特徴は、Softube独自のインテリジェントマスタープロセッサ(IMP)技術により、ほとんどの作業をプラグインのDrawmer S73自身が行うことです。

Drawmer S73 Intelligent Mastering Plugin By Softube – Show & Reveal

ミキシングのためのマルチバンドコンプレッサー

UIは非常にシンプル。Styleパラメータのタイプを選ぶだけであとはプラグインにお任せ。ミックスに最適なサウンドを作り出すことができる。

Drawmer S73は、強力なマルチバンドコンプレッサーです。

最小限の調整でミックスを改善できます。

S73は、プロフェッショナルなマスタリングエンジニアが行うように働きます。

UI右側の「Styleパラメーター」を使用して、マスタリング処理のテクノロジースタイルを切り替えるだけで、ミックスに最適なサウンドをすばやく見つけることができます。

Drawmer S73 Tutorial – Softube

S73は1973年の「3バンドFETステレオコンプレッサー」のためにDrawmerによって作成された技術に基づいています。(精度と柔軟性で有名な、受賞歴のあるマルチバンドアナログコンプレッサーです。)

Softubeは、オリジナルのアナログハードウェアのすべての特性を注意深くモデリングし、加えて、マスタリングサウンドデザインを追加しました。

このユニットは、ミックスのバランスを整えて形作ります。そして、素晴らしいアナログサウンドを得るための完璧な方法を提供するでしょう。

  • USB iLokキーは不要です。

Swedish House MafiaのメンバーAxwellも絶賛のプラグインです。

Review – The Drawmer S73 By Softube
Review -Softube Drawmer S73 Intelligent Master Processor

MusicRadarさんのレビュー記事リンク:

Softube Drawmer S73 review
The Scandie purveyors of fine plugin fare return

Drawmer S73は、マルチバンド・コンプレッションの苦痛を取り除く半自動マスタリング・デバイスです。非常に良い仕事をしてくれますが、当然のことながら、オーバーエギングの罠に陥らないようにするためには、良い耳が必要になります。

良い点:

使いやすく、一般的には滑らかで繊細なサウンド。エアスイッチは、鈍いミックスを瞬時にプロのマスタリングに仕上げることができます。

欠点:

間違った使い方をすると危険です。エアスイッチが上に乗ってしまうことがあります。

Drawmer S73はマルチバンドマスタリングコンプレッションを本当に楽にしてくれます。

Softube Volume 4 Plug-in Collectionのセールページ

関連記事: