Logic Pro X オーディオリージョンに無音追加して長さを整える方法

よろしければシェアお願いします

Logic Pro X使用時、長さの短いオーディオリージョンをループさせたい時などに、オーディオリージョンに無音部分を付け足して、伸ばしてしまいたいことがあります。

しかし、Logicでは、オーディオリージョンは端を掴んで右に引っ張っても、そのまま伸ばすことはできません。(MIDIリージョンのように自由に長さを伸ばすことができない。これは仕様です。)

   

したがって、通常は、下の画像のように、リージョンを複製して繰り返すしかありません。。

繰り返したいリージョンの数が多いと結構面倒くさい。

   

しかし、実は方法があります。。

 

マーキーツールを使います。

 

マーキーツールで、リージョンの伸ばしたいサイズまで全体を選択します。

マーキーツールで選択した部分にマウスカーソルを置いて右クリック。

所定の場所にバウンスを選択。

バウンスします。

 

キッチリしたリージョンになった

 

簡単にループできるようになりました。

 

 

ちなみに、Propellerhead Reasonでは、単純にオーディオリージョン(Reasonでは、オーディオクリップと呼ぶ)の端を引っ張ると無音部分が追加されたオーディオクリップが作成されます(便利)。

長さが中途半端なオーディオクリップ。

Propellerhead Reasonの場合は、クリップの端を掴んでぴっぱると(MIDIクリップと同様に)クリップの長さを簡単に延長できる。

 

ただし、Propellerhead ReasonはLogic Pro Xとは違い、リージョンの端を掴んでループさせる機能はありません。

Reasonの場合は、キーボードショートカットの(Macだと)CommandとDで複製させてクリップを繰り返すことができます。

できた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク