6/1まで【最安】Loc-Ness:ドラム・パーカッション用FX(79ドル→29ドル)

Locness-メインUI

 Tone Empireのドラム用エフェクター『Loc-Ness』が63%OFF(79ドル→29ドル)のセールになっています。

今まで半額(39ドル)はありましたは、29ドルは初じゃないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Loc-Ness(ドラムサウンド処理ツール)

Loc-Nessは、個々のドラムヒット、ルームサウンド、ドラムバス全体を処理するために設計されたドラムエフェクター。

Loc-Ness by Tone Empire | Slam & Drum Saturation Tutorial

Loc-Nessの概要

Loc-Ness:ドラム/パーカッションプロセッサー

何十年もの間、プロのエンジニアは、コンプレッサー、プリアンプ、eq、サチュレーションのさまざまな組み合わせを使用して、際立ったスタイルのサウンドを作成してきました。

Loc-Nessは、そのエンジニアが行うプロセスをプラグイン化した意欲的なツールです。

「コンプレッサー」や「eq」だけでなく、「カラーリング」とドラムに関する適切なコントロールをサウンドにもたらします。

CRUST(クラスト)+ SMASH(スマッシュ)機能

CRUST(彩度)/ 入力ゲイン:

このコントロールで彩度(トーンカラー)ドライブを増やします。モード1〜4からサチュレーションのタイプを選択します。

SMASH(リミッター)/ 入力ゲイン:

このエフェクトをさらにダイヤルすると、信号がヘビーリミット(維持)されます。信号は、クラストからスマッシュに連続的に流れます。この処理は、1176コンプレッサーの「All Buttons In」「smash」モードを連想させますが、よりスムーズです。

フィルター + ミックス + トリム

ローカットフィルターとハイカットフィルターを使用すると、処理する周波数帯域にゾーニングし、信号の残りの部分をそのままにすることができます。

クラストとスマッシュは、この定義された範囲でのみ機能します。

個々のWET&DRYコントロールにより、処理済み信号と未処理信号を正確にミックスできます。

フェーズボタンは、ウェット信号とドライ信号の間の位相を反転します。TRIMコントロールでウェットとドライのマスターミックスバランスを減衰させます。

モード2

新しいモード2の導入により、プロセッサーの感度が「低く」なり、クラストコントロールを介した非常に繊細で正確な飽和状態のダイヤルインが可能になり、スマッシュコントロールによる「少ない」スマッシングも可能になりました。

Locness - Tone Empire

システム要求

Mac:

  • macOS High Sierra 10.13.6以降(Catalinaをサポート)
  • VST2 / AU / AAX
  • VST2、AU、またはAAX:  32ビットまたは64ビットのホスト
  • Intel Core Duo 2GHz / AMD Athlon 64または同等のもの 
  • 2 GB RAM / 300 MB HDが必要
  • 画面解像度:1024×768

Windows:

  • Windows 10
  • VST2 / AAX 
  • VST2またはAAX:  32ビットまたは64ビットのホスト
  • Intel Core 2 Duo 2GHz / AMD Athlon 64または同等のもの
  • 2 GB RAM / 300 MB HD
  • 画面解像度:1024×768

セール情報

通常価格:79ドル

半額セール:29ドル