Arturia V Collection 6 + Waves Gold ( or Ozone8 Standard)が249ドル

よろしければシェアお願いします

サイバーマンデーの残りカスのダメ押しが来ましたね。面白いセールです。

一部のマニアの方にとっては歓喜するセールではないかと。。

 

AudioDeluxeです。249ドル(28,204)です。

 

Arturiaは、現在(12月5日まで)、Arturia製品を何しら持っている方ならクロスグレード特価でV Collection 6 は199ドルで購入可能です。(またV Collectionの過去のバージョン所有者は99ドルで購入可能。)

Arturia本家サイトです。 Arturia製品所有者は、クロスグレード価格で、V COLLECTION 6が199ユーロに...

 

一方、Arturia製品を何も持っていない方は、現在のV Collection 6のみのセール価格は、249ドルなので、V Collection 6が欲しかった方には非常にお得なキャンペーンになっています。

(同じ価格で、Ozone 8 StandardかWaves Goldが付いてくるのは中々すごい。)

 

 

とはいえ、セール終了までまだ少し時間があります(*)。本当にV Collection 6 が必要かどうか、まずはしっかり吟味された方がいいかもしれません。

(*)セール期限は、11月30日の16:59頃まで。

 

Arturia V Collection 6 – In Depth Review Part 1/2

   

 

Sleepfeaks様制作のV Collection使い方動画

V Collection 6の使い方① Analog Lab 3(Sleepfreaks DTMスクール)

 

V Collection 6は、往年の名シンセが一堂に会した評価の高いコレクションです。

しかしこれ、自分で音いじりができる方じゃないと持て余す可能性があります。使いこなすにはそれなりのお勉強が必要。

   

    

Analog Labも結構良い

Arturia Analog Lab 3 // Demo and First Impressions

 

一方、自分でがっつりサウンドデザインをされない方は、(1万円台からある)Arturiaキーボードにつ無料で付いてくるAnalog Labでも十分な可能性があります。

実は、Analog Labには、V Collection 6の音源の大部分が収録されています。

Analog LabとVコレの違いはシンセの詳細なエディットの有無。Analog Labは基本的にはプレイヤー音源的なものです。

簡易的なパラメータや気に入ったシンセ同士をレイヤーする機能などは装備されているので、シンプルな音作りが可能です。(お勉強必要があまりなく、すぐに楽曲制作に使えます。)

 

 Analog Labの使い方動画

Analog Lab 3 Tutorial: Covering all the exciting features of Analog Lab 3

 

Analog Labのサウンドは、厳選されたものばかりのなので、音弄りにこだわりがない方はAnalog Labも有効な選択肢の一つに入ってくるでしょう。

   

   

KeyLab 49 Essentialなどの1万円台から売られているArturiaのキーボードにAnalog Labは無料で付属します

ARTURIA MIDIコントローラー KEYLAB 49 ソフトウェアシンセサイザー付属

   

 

まずは試用してみましょう

V Collection 6のことをしっかり吟味してから購入を考えたい方は、Arturiaのサイトで、Vコレに入っている気になるシンセをいくつか試用してみると良いと思います。シンセの中にあるエディット画面を開いてみて使えそうかどうかもチェックしてみましょう。

 

試用版を試してみましょう。

 

下記の製品ページから気になったシンセをクリックすると「DEMO」ボタンがあるので、それをクリックでデモ版が落とせます。(要会員登録)

Arturiaの製品ページ:https://www.arturia.com/products
  
   
 

Ozone8 StandardとWaves Gold

そして、オマケのOzoneかGold。

Ozoneはマスタリングツール。Goldはミキシングツール。どちらも優秀です。

Ozone8の場合はグレードが中位版の「Standard」になるので、若干機能制限(*1)がかかります。 

将来的にフル機能版の「Advanced」にアップグレードしたくなったらその時にまた考えれば良いでしょう。Standardとはいえ、50ドルで手に入るのですから。。

(*1)Advanced版とStandard版の違い

    11月2日に、iZotopeの最高バンドル「Music Production Suite 2(MPS2)」がリリースされ...

 

そして、Ozone8 Standardを持っていると、「MPS2」が「Standard製品からのお得なクロスグレード」価格での購入が可能になります。しかも、現在(来月末まで)半額セールになっているのでお得。

MPS2(Music Production Suite 2)は、iZotopeのミキシング、マスタリング、オーディオ修復、ボーカル処理などを網羅した最先端の音楽制作総合バンドルです。

セールの詳細

    11月2日に、iZotopeの最高バンドル「Music Production Suite 2(MPS2)」がリリースされ...

 

 

また、すでに、Ozoneは持っている場合や、他にマスタリング用のプラグインが揃っている場合は、GOLDを検討すると良いでしょう。GOLDも良プラグインが揃っていますよ。しかも軽くて使いやすいです。

とはいえ、GOLDはすでに所有されている方が多そうな気も。。

 

2018年11月30日 朝 追記:

私もArturiaのシンセをいくつか試用してみてましたが今回はパスかなぁ・・。

このシリーズを買う前にMacBook Proを買い換えた方がよさそうです。結構負荷が高かかったです。特にDX7をユニゾン4+ポリで鳴らすとヤバかった。負荷が高いと言われているうちのD16 Lush-101より全然負荷が高くて驚きました。

そして、SEM V2ではクラッシュ多発(MacOS Mojeve+Logic  Pro X)私の環境だけかもしれませんが・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. gaf より:

    おまけがすごいとしか言いようがないです。

    ただ、今年はmSATAのSSD、1TBというマイナー規格の製品を購入しないといけないので、(いつ生産完了品になるかわからない)打ち止めです。

    来年のサマーセール、あるいはブラックフライデーセールにかけます。(泣

    • sawayaka trip より:

      gaf様ありがとうございます。
      自分もオマケと言ってしまいましたが、冷静に考えると凄いですね(笑)
      OzoneやGoldが付属品になる時代が来るとは。
      SSD 1TB 私も欲しい。。