【無料配布】Audec『Drive』ウェーブシェイピングプラグイン(Mac専用)

 

 

Audec社がMac専用のウェーブシェイピングプラグイン『Drive』をリリース&無料配布しています。

Driveは、柔軟なウェーブシェイパープラグインです。

 

  

Audec『Drive』

 

Drive – Audec – VST/AU plug-in

 

 

Driveは、ソフトなサチュレーションからアグレッシブなディストーションまで、さまざまなサウンドを作成する柔軟なウェーブシェイピング(波形整形)エフェクトプラグインです。

  

シェーピングカーブは連続的に調整できます。

これにより、ソフトクリップ、ハードクリップ、チューブのような非対称カーブなど、好みのシェーピングカーブを作成できます。

 

 

Driveのユーザーインターフェース
  • 範囲
    • スコープは、入力値と出力値をそれぞれ水平軸と垂直軸にマッピングするシェーピングカーブ(伝達関数)を視覚化します。2つの緑色の点は、オーディオ信号の正と負のピークを視覚化します。
  • 入力
    • 入力コントロールはゲインの量を調整します。ゲインの量を増やすと、より多くの高調波が生成されます。
  • Pライナー
    • Pライナーコントロールは、正の側の線形領域のサイズを調整します。
      線形領域では、ウェーブシェイパーは入力信号を一切変更しません。
  • Pカーブ
    • Pカーブコントロールは、プラス側の非直線領域のカーブを調整します。
  • Nライナー
    • N Linerコントロールは、マイナス側の線形領域のサイズを調整します。
  • Nカーブ
    • Nカーブコントロールは、マイナス側の非線形領域のカーブを調整します。
  • リンク
    • [リンク]ボタンは、正と負のシェーピングカーブをリンクするリンク機能のオン/オフ状態を切り替えます。
  • 出力
    • 出力コントロールは出力音量を調整します。
  • オーバーサンプリング
    • オーバーサンプリングチューザーは、オーバーサンプリング係数を選択します。オーバーサンプリングは、サチュレーター、オーバードライブ、ディストーション、クリッパーなどの非線形効果によって引き起こされるエイリアスノイズを低減します。オーバーサンプリングファクターを増やすと、エイリアスノイズをさらに減らすことができますが、CPUの負荷と遅延が増えます。
    • OFF、2x、4x、8x、16x
  • DCブロック
    • DCブロックボタンは、出力前にオーディオ信号から直流成分を除去するハイパスフィルターのオン/オフ状態を切り替えます。通常はオンのままにします。

   
コントロールの操作
  • ノブを微調整する
    • ノブを微調整するには、Shiftキーを押しながらノブをドラッグします。
  • ノブをリセットします
    • ノブをデフォルト値にリセットするには、ノブをダブルクリックします。

  
 
システム要求
  • VST3またはAUホストDAW
  • Mac OS 10.11以降(64ビット)

  

  

ダウンロード先:

コメント