Audio Damage『Creative Effects Bundle』個性的なFXプラグイン6製品バンドル

Audio Damageのエフェクト・プラグインバンドル『Creative Effects Bundle』が2020年09月15日(火)まで50%OFFになっています。

Audio Damage『Creative Effects Bundle』は、音楽制作環境を強化し、ミックスに独創的なな質感を加えるクリエイティブな6つのプラグイン・エフェクトを集めたバンドルです。(マルチエフェクト、リバーブ、ディレイ、ピッチシフト、フィルターエフェクト、ディストーションユニット)

Audio Damage Creative Effects Bundleに収録されている6つのプラグイン。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kombinat Tri:マルチエフェクトプラグイン

Kombinat Triは、穏やかなトーンシェーピングから少しのグリットの追加、完全な波形破壊まで行うことができるマルチエフェクトプラグインです。

特徴

クロスオーバー: 

Kombinat Triは、DJスタイルの3バンドアイソレーターEQを備えています。

フロントエンドでのバンドキリングエフェクトと極端なトーンカービングを実現します。これにより、クロスオーバー(マルチ)モードまたは直列で実行できる3つのディストーションエンジンが生まれます。

複数のディストーションタイプ: 

Kombinat Triには13の異なるディストーションおよびトーンシェーピングアルゴリズムがあり、3つのバンドのそれぞれが独自のセレクターを使用して、ミックスアンドマッチすることができます。

微妙なチューブスタイルのクリッピングからオタクレイジアルゴリズムの奇妙なディストーションディレイまで、Kombinat Triは(不要な複雑さなしに)すべてのベースサウンドをカバーできます。

フィードバック:

アルゴリズムが十分でない場合、Kombinat Triには、エンベロープフォロワーに関連付けられた内部フィードバックコントロールがあります。

フィルター:

 Kombinat Triには、微妙な2極ローパスからシンセスタイルのフィルター、サージカルノッチまで、12種類のフィルタートポロジーがあります。いくつかはセルフ押しレーションです。 

One-Kontrol Kompressor:

One-Kontrol Kompressorは、オリジナルのKombinatとKonbinat Dvaのお気に入りの機能です。ロードキルに歪んだ信号を折りたたむように調整されています。

ミックスコントロール: 

Kombinat Triには、リクエストの多い機能が追加されています。信号パスをよりよく制御するためのミックスノブです。 

プリセット: 

Kombinat Triには、KombinatおよびKombinat Dvaからのプリセットの選択、新機能を利用するためのいくつかのまったく新しいプリセット、Ken Flux PierceおよびDon Gunnからのデザイナープリセットの選択が含まれています。

システム要求

Windows:

  • Windows 8.1以降および64ビットDAW。
  • VST (64ビットのみ)
  • VST3 (64ビットのみ)
  • AAX (64ビットのみ)

Mac:

  • 10.11 El Capitan以降および64ビットDAW。 
  • VST (64ビットのみ)
  • VST3 (64ビットのみ)
  • AAX (64ビットのみ)
  • Audio Unit (64ビットのみ)

Kombinat Tri(通常価格:49ドル)

Filterstation2:フィルタープラグイン

Filterstation2は、12種類のフィルターアルゴリズム、ステレオサイドチェーン入力を搭載したエンベロープフォロワー、追加の信号ハッキング用のFSUセクション、使いやすいインターフェイスを備えたフィルタープラグインです。

デモ動画:

Filterstation 2 by Audio Damage

レビュー記事:

FILTERSTATION2 a Go-To Mangle effect by Audio Damage Review | StrongMocha
%

FILTERSTATION2は、良いな結果を​​得ながら、サウンドをわずかにまたは劇的に変更することができるエフェクトプラグインです。非常に使いやすく、新しいサウンドをすばやく生成できます。私が好んで使用するプラグインの1つ。

Filterstation2の概要

Filterstation2は、クラシックな「シリアル/パラレル/ステレオデュアルフィルタートポロジ」で有名な「Sherman Filterbank」のクローン。

Sherman Filterbank:

Sherman Filterbank Walkthrough and Demo

Filterstation2は、12種類のフィルターアルゴリズム、ステレオサイドチェーン入力を搭載したエンベロープフォロワー、追加の信号ハッキング用のFSUセクション、使いやすいインターフェイスを備えています。

Filterstation2は、オリジナルのFilterstation1を改良しています。

サイズ変更が可能な新しい「HiDpi / Retina」対応のベクターベースUI、完全に書き換えられたパラメーターとDSPセクション、完全な選択ツール、ProToolsサポート、クロスプラットフォームXMLプリセットを追加しています。

特徴

  • MS20エミュレーション、クラシック914バンドパスおよびFilterpodロー​​パスモデルなど、12種類のフィルターアルゴリズム。

  • トレモロとゲート効果のためのVCAモード。

  • 12種類のパターンと、内部およびテンポ同期モードの両方を備えたLFO。

  • フィルター周波数の動的制御のためのエンベロープフォロワー。

  • シリアル、パラレル、および真のステレオ操作モード。

  • エンベロープフォロワーへの外部信号のサイドチェーン入力。

  • 迅速なプログラミングのための使いやすいインターフェース。

  • ベクターベースのサイズ変更可能なGUI。

  • クロスプラットフォームのXMLベースのプリセットマネージャー。

Filterstation2(通常価格:49ドル)

Grind:ディストーション

紹介動画:

Piano Loop meets Audio Damage Grind & Dubstation 2

過激なディストーションとフィルタリングのモジュールが粋なプラグイン「Grind」

Audio Damage Grindは、微妙なチューブスタイルのサチュレーションから、完全にぶっ壊されたウェーブテーブルディストーションまで、幅広い汚し系サウンドを実現するエフェクトです。

Audio Damage自身は、Grindのことを「サウンドデザインのスイスアーミーナイフ」と呼んでいいるようです。

このプラグイン、かなり良さそうで自分も気になっているのですが、如何せんデモ版が提供されていないんですよね。。ここから出ている良プラグインのENSOなんかはちゃんとデモ版が用意されているのに、なぜだか良くわからんです。。)

ちなみに英国の音楽情報出版社大手:MusicRadar誌のレビューは評価は高いです。

MusicRadarさんのレビューリンク:

Audio Damage Grind review
This signal-battering plugin is rude, crude and full of attitude…

Audio Damage GrindのデュアルサチュレーションタイプとLFOモジュレーションにより実現した、耳を切り刻むディストーションは絶対的に素晴らしい!

長所:優れたウェーブテーブル実装。危険なアルゴリズムのディストーション。ゴージャスなフィルター。

短所:「アルゴリズムのウェーブシェーパーの量」に「LFO」を適用することができない。

「Audio Damage Grind」の概要

Grindは、ウェーブテーブルベースのウェーブシェイパー、サチュレーション/ディストーションモジュール、およびマルチモードフィルターで構成されます。

それぞれに無数の異なるフレーバーがあります。Grindの音色の柔軟性により、サウンドデザイン用のスイスアーミーナイフになり得ます。

Shape

Grindのウェーブテーブルルックアップモジュールは、入力される各サンプルを、マングリングポテンシャルのために選択された15個の線形補間ウェーブテーブルからの対応する値に置き換えます。ウィンドウサイズと位相の制御により、トーンシェーピングの可能性がさらに広がります。

Distort

Grindのアルゴリズムディストーションモジュールの核となるのは、単純なソフト・ニー・サチュレーションからサインワープのフルサウンドまで、11のユニークなディストーションおよびサチュレーションアルゴリズムです。どんな破壊を切望しても、Grindでそれを手に入れる事が可能です。

フィルタ

Grindのマルチモードフィルターには、プラグイン開発の初期の「ビンテージデジタル」バージョンや、最新の仮想アナログMS20スタイルローパスおよびハイパスシンセフィルターなど、11種類のフィルターモデルから選択できます。

モジュレーション

Grindのホスト同期可能な低周波オシレーターで状態を動かしましょう!ウェーブテーブルインデックス、フィルター周波数、またはその両方をアニメーション化して、このモンスターを生き生きとさせます。穏やかなフィルタースイープから波の形を崩す大混乱まで。私たちはあなたを要望をカバーします。

メーカーページリンク:

AD035 Grind
A true powerhouse of audio warfare, Grind puts the "damage" in Audio Damage. US.00 for VST, VST3, AudioUnit, and AAX Windows and OS X.

Grind(通常価格:49ドル)

Discord4:ステレオピッチシフター

Discord4は、Audio Damage社の人気製品「Discord」ステレオピッチシフターの最新バージョンです。

元々は「H910」からモデル化されたDiscordは、長い間、独自のエフェクトとして、またスタジオのスタンバイとして使用されてきましたが、このバージョンでは、その能力をさらに伸ばすための主要な追加機能が含まれています。

ピッチシフターは3つの独立したアルゴリズムで構成されています。

  • Eventide H910とH949でモデル化されたオリジナルのDiscordアルゴリズムの「ビンテージ モード」
  • より現代的なシフティング・サウンドを制作するための「クリーン モード」
  • 実験的なエフェクトのための 『グラニュラー モード」

それぞれのモードは、入力素材に応じて強みを持ち、結果としてDiscord3は幅広い機能を備えています。

P1とP2アルゴリズムは、入力信号へのシフトを微調整するために、または他のサウンドエフェクトのために、シフトエフェクトのバッファ(ウィンドウ)サイズを完全に制御することができます。

6オクターブのシフト・レンジの極端なところでは、このコントロールで本当に奇妙なエイリアシングやアーチファクトを得ることができます。

Discord4は、以前のバージョンからのテンポに同期したディレイとバンドパス・フィルターのペアを保持し、フィードバック・ループにリバーブを追加しました(”シマー “エフェクトに簡単にアクセスできるように)。

Audio Damageは、オリジナルのモジュレーション・ソースを全く新しいFLFO(Flexible LFO)デザインに置き換えました。

ウェットシグナルのステレオ幅をコントロールするパノラマコントロールが含まれています。

最後に、信号経路全体にソフトサチュレーションとリミッティングが追加または改善され、全体的に改善されたサウンドとヴィンテージスタイルの暖かさが追加され、DAWのチャンネルをオーバーロードすることなく、極端なフィードバック実験が可能になりました。

特徴

  • ピッチ・シフティング。Discord4には、異なるスタイルのピッチシフトのための3つの独立したアルゴリズム(Vintage、Clean、Granular)を持つ一対のシフターが含まれています。

  • バッファサイズのコントロール。P1 (Vintage) と P2 (Clean) アルゴリズムには、ピッチ・シフティング効果を微調整するために32~2048サンプルのバッファ・サイズ・コントロールがあります。

  • ディレイ(Delay)。フィードバック、クロスフィードバック、洗練されたバンドパスフィルターを備えたテンポ同期またはフリーランディレイ。

  • リバーブ。フィードバック・パスにシンプルなステレオ・リバーブが追加されており、「シマー」エフェクトやサウンドをさらに追求することができます。

  • モジュレーション。テンポ同期と任意の波形を持つFLFO(Flexible Low-Frequency Oscillator)を2つ搭載し、わずか3つのコントロールだけでほぼ無限に近い数のモジュレーション・シェイプが可能。

  • トゥルー・ステレオ・オペレーション。Discord4は、ステレオ幅のパノラマ設定で仕上げることができるように、各サイドを完全に独立してコントロールできる真のステレオ信号経路を持っています。

  • MIDIノート・コントロール。6オクターブのピッチシフトをMIDIノート入力でコントロールできます。

  • 新開発のGUI ベクターベースのリサイズ可能なユーザーインターフェース

  • プリセット クロスプラットフォームのXMLベースのプリセット・マネージャー。

Discord4(通常価格:49ドル)

Eos 2:リバーブ

Audio Damage EOS2 Reverb – First Look

Eos 2.0は、Eosアルゴリズムリバーブの大規模なアップデートです。

バージョン2.1では、Audio DamageはEosをベアメタルから再構築し、すべてのプラットフォームでの安定性と互換性を向上させました。

新しくなったユーザーインターフェースは、タッチコントロールがしやすくなっただけでなく、見た目も新しくなりました。これは新しいプリセット管理機能と相まって、Eos 2.1の使いやすさを向上させています。

特徴

  • 特注リバーブアルゴリズム Eosには、スタジオグレードの高品質でカスタムデザインされた4つのリバーブアルゴリズムが搭載されています。3種類の異なるプレート・シミュレータとSuperhallアルゴリズムにより、穏やかなモジュレーションを備えた濃密でリッチなリバーブを実現します。

  • 柔軟なサウンド・シェイピング Eosのリバーブ・パラメーター(プリディレイ、ディフュージョン/デンシティ、サイズ、アタック、ディケイ)は、プラグインの空間特性を正確にコントロールすることができます。

  • モジュレーション レートとデプスのコントロールは、リバーバレータ内のディレイラインに時間変化を適用します。

  • フィルタリングと周波数シェーピング リバーブレーターの入力にあるシンプルなEQフィルター(ローカットとハイカット)に加えて、Eosでは、高音域と低音域の減衰の仕方を調整し、リバーブテールの音色を変化させることができます。

  • 無限のディケイ リバーブレーターのディケイタイムを無限に設定することができ、ループしたサンプルのように入力信号をフリーズさせます。一風変わったエフェクトを作るのに適した設定で、サウンドデザインの可能性が広がります。

  • ミックス&ロック。ドライ入力とエフェクト信号のバランスを調整します。LOCK ボタンを押している間は、プリセットをロードしても Mix パラメーターは変化しません。

  • モノラルイン、ステレオアウト Eos はモノイン/ステレオアウト、またはステレオイン/ステレオアウトのコンテキストで使用することができます。入力信号がモノラルであってもステレオリバーブ出力を生成します。

  • 完全にリサイズ可能なHi-Dpi/Retina GUI。Eos 2のベクトルベースのGUIは解像度にとらわれず、どのシステムや解像度でも同じように表示されます。郵便切手からポスターサイズまで、視覚的なニーズに合わせてUIのサイズを(インスタンスごとに)簡単に変更することができます。

Eos 2(通常価格:59ドル)

Replicant 2:ディレイ

A Quick Play With Audio Damage Replicant 2

Replicant 2は、オリジナルのバッファーエフェクトの一つで、今でも最高のものの一つです。

バージョン2では、ループをさらに分割するためのスタッターエフェクトが追加されました。これはグリッチ・セプションのようなものです。

単純なディレイやパンニングエフェクトから、大規模なランダムビートのマングリングまで、Replicantは今日のエレクトロニックミュージックのスタイルに合ったプラグインです。

スタッター・バッファとフィルタードロップは簡単にプログラムでき、包括的なランダム化機能は、必要に応じて独自の機能を提供してくれます。あなたのプロダクションにチャンスを加えたいと思っているなら、このプラグインが最適です。

機能

  • 1/128分音符から小節全体までのテンポベースのディレイとループエフェクト。

  • スタッターでは、1/16384分音符(「トーン」とも呼ばれます)までの細分化が可能です。

  • 7つの独立したランダム化コントロールにより、微妙な変化や極端な音の狂いに対応、グローバル・ランダム化ボタンを含む

  • 好みのランダム・シーケンスを保存できるユニークな “ホールド “機能

  • 時間の経過とともに変化するローパスとハイパスの共鳴フィルター

  • 時間の経過とともに変化するパンの位置

  • ランダム化されたイベント全体または個々のリピートのための2つの独立した方向モード

  • エフェクトをライブで演奏するためのMIDIノートまたはフロントパネルでのループイベントのトリガー

Replicant 2(通常価格:49ドル)

セール情報

通常価格:304ドル

セール特価:149ドル(50%OFF)