〔作曲支援ツール〕「AutoTheory 4」44.99ドル

よろしければシェアお願いします

 

4月17日(水):セール復活しています。
  

Mozaic Beats社のAutoTheory 4は、コード進行制作ツール

コード進行アシスト系のツールはいくつかの製品がありますが、この「AutoTheory 4」はバージョンを重ねてきただけあり洗練されています。

機能はコード進行だけに留まらず、メロディー、ベースライン、アルペジオの作成も可能です。

  

Plugin BoutiqueのJoshua Casper氏の解説動画

AutoTheory 4 by Mozaic Beats | Review of Features & Tutorial

   

  

AutoTheory 4の主な特徴

コードジェネレーター

たった1つの指で、複数のグループからのコード、ストローク、リピート、ベロシティエフェクトを行うことが出来ます。

 
スマートスケール

手を同じ位置に保った状態でもスケールは各コードの選択に移ります。

   
Multi Arp

現在のコードの複数の1指のアルペジオを使って即興演奏を行うことが可能。

コードエディタ

各コード内の音色をカスタマイズして、ユニークなボイス、インバージョン、拡張コードを作成します。

 
デバイス出力

単一のキーボードまたはQWERTYから複数のインストゥルメントを同時に制御します。

 
シーケンサー

複数のトラックとシーンを録音してから、キーやその他のパラメーターをポストレコーディングします。

 

AutoTheoryはプラグインではありません。 スタンドアローンで機能できます。

キーボード(またはパッド)コントローラーからMIDIを受信し、DAWに8つの仮想MIDIコントローラーを送信します。

DAW内では、通常のMIDIコントローラーと同じように、DAWをアクティブにして楽器に割り当てます。

AutoTheoryのSequencerはDAWとも同期します。

 

AutoTheory 4は、アルペジエーター、コード進行、シーケンシサー、メロディー、Basslinesとカバー出来る範囲が広いのが特徴です。

 

標準価格:59.99ドル

(ついこの間までは、定価が99.99ドルでしたが、定価自体が値下げされたようです。)

セール価格:44.99ドル

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク