BeatSkillz『RetroVOLT』80年代シンセポップとインダストリアルシンセをフィーチャーしたサンプルベースシンセ(VST/AU/AAX)

BeatSkillzのVSTi『RetroVOLT』が、PluginBoutiqueの9周年記念企画で、80%OFFのセールになっています。

通常価格:99ドル → セール特価:19ドル(80%OFF)

RetroVOLTのセールページ

おそらく最安かなと思います。(*3月1日 (月) 夕方まで。)

RetroVOLTは、80年代シンセポップとインダストリアルシンセサウンドをフィーチャーしたバーチャルインストゥルメント(サンプルベースのシンセ)・プラグインです。

ざっと見動画(46秒):

Beatskillz RetroVOLT – Samplesizer
スポンサーリンク

RetroVOLT:80年代シンセポップとインダストリアルシンセサウンド

RetroVOLTは、80年代シンセポップとインダストリアルシンセサウンドをフィーチャーしたバーチャルインストゥルメントです。

開発元のBeatskillzでは、80年代テイストのバーチャルインストゥルメントといえば「Retro Key」や「Synthwave keys」がありますが、RetroVOLTはこれらロンプラー音源とは違い、ロンプラー+シンセエンジンの機能を持った製品です。

サウンドデモ動画(7分):

RetroVOLT – Sound Demos

製品紹介動画(8分・日本語字幕可能可能):

RetroVolt by Beatskillz | Tutorial & Review of Key Features | New VSTi Plugin Synth

レビュー動画(26分・日本語字幕可能可能):

@Beatskillz RetroVOLT VST REVIEW

RetroVOLTについて

RetroVOLTは、80年代シンセポップとインダストリアルシンセサウンドをフィーチャーしたバーチャルインストゥルメントです。

RetroVOLTの特徴

このRetroVOLTには、2オシレーター(サンプルマップ)アーキテクチャで作られた500以上のファクトリープリセットと、様々なフィルター、エンベロープ、LFO、10スロットの本格的なマルチエフェクトシステムを搭載したフルシンセエンジンが含まれています。

アルペジエーターも搭載されており、ステップ・シーケンスでサウンドをさらにモジュレーションすることができます。

Beatskillzは、Roland、シーケンシャル回路、Oberheim、Yamaha、Waldorfなどのシンセサイザーで構成されたシンセコレクションを入手し、入念にマルチサンプリング(マルチベロシティとマルチキーゾーン)しました。

これらのシンセを様々なプリアンプや(時には)コンプレッサーに通し、豊かな音色を生み出すことができました。

これらのオシレーターは、コンピュータで生成された「静的な」波形ではなく、実際のシンセから取り込まれたディープ・サンプリングされたダイナミックなサウンドです。

ファクトリーのプリセットバンクは、「Bank A」と「Bank B」、「Bank C」の三つのバンクで構成されています。

  • Bank A:アグレッシブな「Thick cutting」(厚切りな)サウンドで、全帯域を埋め尽くすことができます。

  • Bank B:より繊細で「リッチ」なサウンドのプリセットです。

  • Bank C:シンプルでピュアなサンプルマップベースのサウンドで構成されています。

ユーザーは(望むならば)自分のサウンドを開発したり、サウンドデザインのためにシンセのアーキテクチャを使用するための出発点としてこれらを使用することができます。

このシンセには自動プリセットジェネレーターもあります。

プラグインのトップメニューにある「Dice」アイコンを押すだけで、無制限にプリセットが生成されます。

Retrovoltには、これまでどこからも繰り返されることのなかった新しいサウンドが含まれています。ジャンルを問わず、素晴らしい音楽を作るための新鮮なインスピレーションを与えてくれることを願っています。

RetroVOLTの機能

  • マルチサンプル、マルチゾーン、マルチベロシティを使用したパワフルなシンセエンジン

  • 有名な “ラダー “フィルターを含むフィルター・タイプ

  • アンプとフィルター・エンベロープ、ベロシティ・カーブ編集、LFOSなど

  • ユーザーパターンの保存が可能なフルアルペジエーター/シーケンサー

  • コンボリューション・リバーブを含む10種類の同時エフェクトを搭載したエフェクト・セクション

  • 500以上のファクトリープリセットを収録

  • サンプル・マップとパラメーターを無制限に組み合わせられるオート・プリセット・ジェネレーター

  • すべてのパラメーターにミディコントローラーをアサイン 右クリックしてアサインするだけの簡単操作で使用できます。

RetroVOLT:グローバル・パラメーターの機能

  • ベンドレンジ ここでは、1 つのノブでピッチベンドの範囲を上下に設定することができます。許容される範囲は、+/セミトーンです。

  • Vol: Retrovolt シンセから出力される最終的なボリュームレベルを調整します。全体の出力を-inf~+12dBの範囲でトリムまたは増加させます。

  • Mono/Poly: このスイッチでシンセ全体をモノフォニック楽器またはポリフォニック楽器にします。

  • Reset(リセット)。このシンセのすべてのパラメーターをデフォルト値にリセットします。これは、スクラッチから独自のパッチを開発したいときに便利です。

  • ページナビゲーション(Main/Arp/Fx)。編集したいページ、メインページ、アルペジエーターページ、エフェクト処理ページを選択します。

  • サンプルマップのキーレンジコントロール。オーバーラップしたサンプルマップAとBの再生可能な範囲を選択します。

メインページ

オシレーターAとB(サンプル・マップ)

メインページのこのアクションでは、ファクトリープリセットとして用意されているサンプルマップから、オシレーター A と B の様々なサウンドとカテゴリーを個別に選択することができます。

これは、サンプルベースのマップを使用して、シンセで波形を選択するのと同じようにサウンドを作るための出発点となります。

提供されているサンプルマップは、再生可能な範囲で複数のサンプルを含むより複雑なもので、多くの場合、マルチベロシティのサンプルが含まれています。A と B のサンプルマップのオン/オフを切り替えるスイッチがあります。

ユニゾン(AとB)

これはオシレーターの複数のコピーを追加して、古いヴィンテージアナログシンセのようなサウンドに「厚み」を加えます。

VOL & PAN (A & B)

オシレーターの音量とパンニングをコントロールします。

Transpose Pitch Semi & Fine (A & B)

サンプルマップ(オシレーターA、B)のキーを半音単位で、または、SEMI & Fineを使用してセント単位で細かくトランスポーズすることができます。

ビブラート(AとB)

これは、初期のアナログシンセサイザーに見られる伝統的なピッチモジュレーションエフェクトです。

これは、テンポコントロールに “Speed”、”Depth”、”Sync “を持つ LFO を使用して、ビブラートエフェクトのスピードと深さを変更します。

付属のボタンを使って、オシレーターAとBごとにビブラート効果「ON/OFF」にします。

エンベロープ(A、B)

オシレーター(AまたはB)のボリューム、エンベロープをコントロールするセクションです。

ADSRは、サンプルマップ(オシレーター)のアタック、ディケイ、サステイン、リリースをコントロールします。

カーブ(曲線・A & B)

サンプルマップ(オシレーター)のラウドネスに影響を与えるベロシティカーブを切り替えることができます。このカーブは、V.Curveボタンをダブルクリックして、マウスを使って好みのカーブを描くこともできます。

トレモロ (A & B)

このセクションには、Speed、Depth、Sync to Tempo の 3 つのコントロールがあります。

これもLFOで、サンプルマップのボリュームを最小値から最大値までモジュレーションします。

フィルターセクション(AとB)

有名なヴィンテージ・シンセサイザー・フィルターをモデルにした非常に正確なLoパス・ラダー・フィルターを含む10種類のフィルターが搭載されています。

10種類のフィルター:

SVF LoPas、SVF HiPass、SVF Notch、SVF Band Pass、1 Pole Lowpass、1 Pole HiPass、BiQuad LoPass、BiQuad LP Rez、BiQuad Hipass、Ladder LoPassのスイッチオン/オフ。

フィルターカットオフ、レゾナンス、フィルターのA D S R、フィルターモジュレーション量のコントロールは、Rate、Depth、Tempo Syncコントロールを備えています。

V. フィルターのカーブまたはベロシティカーブは、キーベロシティを介してフィルターカットオフをモジュレーションすることもできます。

ボタンをダブルクリックすると、カーブとデプスにもアクセスできます。

ARP ページ

アルペジエーターのページには、ベロシティ、ノートレント、ピッチオフセットの3つのレーンがあります。

これらのパラメータは、最大値から最小値までの範囲で、1ステップごとに異なる値でステップシーケンシングすることができます。

  • STEPSの数は、コントロールで2から32まで変更可能です。

  • Tempoコントロールは、アルペジエーターの時分割を1/1~1/64Tの範囲で設定します。

  • SWING コントロールは、演奏するシーケンスのスイングファクターを 0%~100%の範囲で設定します。

  • OCTAVE コントロールは、アルペジエーターが演奏できるオクターブ数を -2 オクターブから +5 オクターブの範囲で設定します。

  • INCREMENT コントロールは、-12 から +12 までの値の範囲でステップをスキップすることができます。

このメニューでは、シーケンサーがステップを演奏する際の演奏の一般的な方向を選択することが可能で、いくつかのオプションが用意されています。

このメニューでは、設定番号を選択して “Disk “アイコンを押すことで、最大20個のステップシーケンス/アルペジエーターパターンを保存することができます。

FXページ

エフェクトセクションには、10個の同時エフェクト処理モジュールが含まれており、ユーザーに多くのトーンシェーピング&サウンドデザイン機能を提供します。

コーラスからコンボリューション・リバーブ、EQサチュレーション、その他のエフェクトまで、すべてがこのセクションに含まれています。

コンボリューション・リバーブには、複数の素晴らしいサウンドのインパルスが含まれています。

各エフェクトモジュールは、オンまたはバイパスすることができ、モジュールをクリックすると、それぞれのパラメータコントロールが表示されます。

エフェクトモジュール 4バンド・パラメトリックEQ/コンプレッサー/シェイパー/LEGATO/リミッター/サチュレーション/リバーブ/ディレイ/コーラス/フェイザー

オートメーションとコントローラの割り当て

パラメータを右クリックしてから、MIDIコントローラ上でチョーサーコントロールを動かしてアサインします。

オートメーションは、お使いのDAWの能力に応じて、ほとんどのコントロールを直接DAWに録音することができます。

自動プリセット・ジェネレーター

このシンセサイザーには、自動でプリセットを生成してくれる非常にユニークな機能が搭載されています。

トップバーの “DICE “アイコンを押すと、コントロール上にランダムな設定を生成し、ランダムなサンプルマップを選択することができます。

この機能は、ユーザーをサウンドデザインの世界へと導き、このシンセサイザーの全ての機能を使って新鮮なサウンドをデザインするための新しいユニークな出発点を与えてくれます。

あなた自身のプリセットをデザインしたい場合には、この機能を使えば、いくつかの嬉しいサプライズをもたらすことができます。

システム要件

  • Windows:Windows 10以降(64ビットのみ)
  • Mac:OSX High Sierra 10.13.6以降(64ビットのみ)
  • インテル i3 以降 / AMD Athlon 64 または同等の 2 GB RAM / 300 MB HD
  • 画面解像度:1024×768
  • VST2, VST3, AU, AAX 64ビットホスト

RetroVOLT用の追加サウンドバンクを無料配布

開発元のBeatSkillzでは、RetroVOLT用の追加サウンドバンクを無料配布しています。

デモサウンド(4分):

Free G's Bank for RetroVOLT ( Link in the Desc. )

追加サウンドバンク「G’S BANK」について

(必要条件:RetroVOLT本体)

以下のプリセットが含まれています。

  • コマンドーのテーマ
  • ナイトライダーのテーマ
  • エアウルフのテーマ
  • ヤーブローとピープルのドント・ストップ・ザ・ミュージック
  • その他のプリセット

ダウンロードリンク

RetroVOLT - BeatSkillz

セール情報

通常価格:99ドル

セール特価:19ドル(80%OFF)

*上記の製品を購入時に、『AAS Objeq Delay』(139ドルのディレイ&フィルタ・プラグイン)が無料でプレゼントされます(2月いっぱい有効):