【半額】BeatSkillz『SampleX』簡単操作でヴィンテージハードウェアの味を作り出すツール

BeatSkillzのビットクラッシャー・プラグイン『SampleX』がセールになっています(通常価格:69ドル → 39ドル:44%OFF)。

2020年10月21日:セール復活で、価格下がっています。

(通常価格:69ドル → 34ドル:50%OFF)

SampleXは、正確にモデリングされたサンプラーエミュレーターエフェクトです。往年のハードウェアマシンが持つのザラザラしたサウンドなど作ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SampleX:ビットクラッシャー

Introducing SAMPLEX – Sampler Emulator

SampleXは、ビンテージ・サンプラーの正確にモデリングされたエミュレーションです。

サンプル・レート、ビット・レート、エイリアシング、インプット・ドライブ、フィルターの設定で、さまざまなサンプラーのサウンドを自分でデザインすることができます。

SampleXの内部には複数のサンプラー・エミュレーション・プリセットが収録されています。複数のサンプラー・エミュレーション・プリセットが含まれています。

ざっと見動画(3分48秒):

SampleX – Sampler Emulator ( Sound Demo )

オーバービュー動画(9分40秒):

Sample emulator – SampleX – OVERVIEW

SampleXの概要

ヴィンテージサンプラーエミュレータ『SampleX』

クリーンで完璧な音を求める音楽ツールが発達した現代では、昔のマシンのようなギトギトした音を求める声が突如として盛り上がっています。

かつてそのような探求は、EMU SP1200やAKAI s900/950などのような古くて原始的なサンプラーやサンプルドラムマシンを手に入れることでした。この流行により、これらのマシンの入手率は数万ドルにまで上昇しました。

プロデューサーやアーティストがこれらのボックスに求める音は、通常、低いビットレートとサンプルレートで、結果としてエイリアスされた音や、現在私たちがそれらを「アーティファクト」と呼んでいるような音になっています。

ビンテージマシンのこれらの制限は、今では非常に望まれ、求められているサウンドになっています。しかしながら、サンプルレートの低減とビットクラッシャーだけでは、実際にはまだ古いマシンのようなサウンドにはなっていません。

Beatskillzは、実際の回路を研究し、A/Dコンバーター、プリアンプ、アナログとデジタルのフィルター、プロセスに至るまで、各ステージを再現し、サンプラーをエミュレートするだけでなく、多くのサンプラーやヴィンテージチップをデザインできるプラグインを開発しました。

BeatSkillzがDSPを内蔵しているサンプルレート補間システムは、96kHzから2kHzまでの任意のサンプルレートをダイヤルすることができます。また、値を入力することも可能です。

BeatSkillzは、よく知られているラダーフィルターのレゾナンスを非常に正確にエミュレートしており、アナログシンセのようなウォームなフィルターサウンドを得ることができます。

また、S900の入力ドライブも慎重にエミュレートし、サウンドの多様なバリエーションに必要な全てのパラメータを提供してくれます。

特徴

A/Dサンプル部

Bits Control(ビット数コントロール):

このコントロールでビットレートを設定します。範囲は現代の24ビットの右ダウンから4ビットに変化します!

また、ビット表示のLCDをダブルクリックして、手動で希望の値を入力することもできます。

SR コントロール(サンプルレート):

このコントロールでビットレートを設定します。範囲は現代の24ビットから4ビットまで変化します! また、ビット表示の LCD をダブルクリックして、手動で希望の値を入力することもできます。

エイリアスとドライブセクション

SHIFT:

ヴィンテージサンプラーの “エイリアシングされた/鳴り響く “サウンドを得るための重要なプロセスは、サンプルのピッチを下げることでした。

ビンテージサンプラーの効果はここでエミュレートされており、ユーザーは実際にサンプルのピッチを変更することなく、聴きたいエイリアシングサウンドを正確に「ダイヤルイン」することができます。”ダブルクリックして値を入力するか、ダイヤルで操作します。

DRIVE(On / Offスイッチ&コントロール):

ビンテージサンプラーでは、A/Dコンバーターの前にプリアンプをオーバーロードさせて駆動音を得ることがよくありましたが、BeatSkillzではそのようなことはありません。

BeatSkillzではS900のサウンドを忠実に再現し、サチュレーションとDriveを再現して、ビンテージサンプラーのサウンドに近づけました。

ダブルクリックして値を入力するか、ダイヤルを使用してください。

アナログ・フィルター・エミュレーション

フィルタータイプ(レッドオン/Offスイッチ):

数多くのレコーディングで使用されている人気のヴィンテージアナログモノラルシンセをBeatSkillzが忠実に再現しました。レゾナンス付きの24DB/octローパスフィルターです。レゾナンスを上げると自己発振してオリジナルのような音色になります。

ローファイやヒップホップなどの温かみのあるダークなトーンに最適です。やみつきになること間違いなしです。赤い光のスイッチでオン/オフを切り替えられます。

フィルター周波数コントロール:

ローパスフィルターのカットオフ周波数を設定します。20 kHz から 20 Hz の範囲です。

RES コントロール:

スライダーコントロールでローパスフィルターの共振を設定します。0 から 1.0 の範囲で設定します。極端な設定をすることで、本物のアナログフィルターのように自己発振モードにすることができます。

ミックス&インプット/アウトプットセクション

ウェット / ドライ:

ウェットコントロールは「影響を受ける」信号の量をコントロールし、ドライコントロールはオリジナル/クリーンな信号をミックスします。これにより、入力されたオーディオに適切な量の処理をミックスすることができます。
イン / アウト。IN コントロールは入力オーディオのゲインを増減させ、OUT コントロールはプラグインで処理された後の出力オーディオ信号のゲインを増減させます。

プリセットとファイル管理

BeatSkillzは、エミュレートしているオリジナルのサンプラーと同じようなサウンドになるように、SampleXの様々な設定を慎重に調整しています。

また、自分のプリセットを簡単に保存したり削除したり、友達と共有することもできます。

レアなサンプラーをお持ちですか?

SampleXを使って可能な限り近づけて、友達やBeatskillzユーザーに配布してみてください。

メーカーページリンク

システム要件

Mac

  • OSX High Sierra 10.13.6以降(カタリナ対応
    インテル Corei 3以降
    2GBのメモリ/300MBのハードディスク容量
  • スクリーンの解像度:1024×768
    VST3、AUまたはAAX 64ビットホスト

Windows

  • Windows10以降
  • VST3 または AAX 64 ビットホスト
  • AMD Athlon 64またはそれに相当するもの
  • 2GBのメモリ/300MBのハードディスク容量
  • スクリーンの解像度:1024×768

セール情報

通常価格:69ドル

セール特価:39ドル(44%OFF)

2020年10月21日:34ドル(50%OFF)!