9/1まで【半額セール】Signum Audio『BUTE LOUDNESS ANALYSER』(現代的音楽制作に必須のYoutubeやiTunesなどのラウドネス問題にも対処する高機能アナライザー)

Signum Audioが開発している評価の高いアナライザー『BUTE Loudness Analyzer』が半額のセールになっています。

Buteは、YoutubeやiTunes、Spotifyなどのラウドネス関連の問題に定期的に対処し、ワークフローを合理化したいプロフェッショナル向けに設計された直感的なプラグインです。

Signum Audioは著名なゲーム開発企業「Rockstar North」でオーディオ開発をしていた二人のエンジニアによって設立されたスコットランド・エディンバラに拠点を置くデベロッパーです。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BUTE ラウドネスアナライザー

BUTE Loudness Analyzerは、正確で美しいラウドネスアナライザー。

ラウドネス標準がますます多くの放送およびストリーミングプラットフォームで採用されるにつれて、ラウドネスメーターは、本格的なオーディオプロデューサーにとって非常に貴重なツールになっています。

BUTE Loudness Analyzerは、柔軟なカスタマイズが可能で、自動リメーター、滑らかなインタラクティブナビゲーション、そして音量を意識したミキシングやマスターエンジニアのためのリロード可能なセッションデータなど、様々な先進的な機能を備えています。

デモ動画

紹介動画(1分40秒・YOUTUBEの自動日本語字幕機能が使用可能な動画です):

Signum Audio: Bute Loudness Analyser

三分間のコンパクトなチュートリアル(日本語字幕可):

A Quick Overview of Bute Loudness Analyzer

おなじみブラジルの音楽プロデューサージョシュア・キャスパーさんによるButeの使い方動画(8分・YOUTUBEの自動日本語字幕機能が使用可能な動画です):

Mastering for Youtube | Bute Loudness Suite Stereo by Signum Audio | Mastering Tutorial

ジョシュア・キャスパー氏によるこのチュートリアルでは、Signum AudioのBute Loudness Suite Stereoから実用的な情報を得て、あなたの音楽/マスタリングオーディオトラックがYoutubeの目標ラウドネスレベルの基準を満たしているかどうかを確認する方法を説明します。

このマスタリングVSTプラグインを使って、iTunes、Spotify、Tidal、Pandoraなどのストリーミングサイトに対応したマスタリングをすることができます。

また、世界中の放送規格にも対応しています。もちろん、あなたの特定のターゲットがプリセットにない場合は、プラグインの設定で簡単に自分のターゲットを作ることができます。

このビデオで紹介されているように、ステレオバージョンとサラウンドバージョンがあり、テレビや映画のためにこの技術を探している人のために作られています。

“Signum Audioのハイエンドラウドネスソリューションは、目の肥えたミキシングやマスタリングエンジニアにとって必要不可欠です。

全ての信頼できる放送やストリーミングプラットフォームでラウドネス基準が導入され、これらのツールは放送、ラジオイメージング、サウンドデザイン、ゲームオーディオや音楽のプロデューサーに使用されており、品質に妥協することなくラウドネスに準拠したオーディオを提供しています。

BUTE Loudness Analyzerの概要

放送やストリーミングのプラットフォームでラウドネス規格が採用されるようになるにつれ、ラウドネスメーターは、放送、音楽、ゲーム、ポッドキャスト、映画などの制作に関わらず、本格的なオーディオ制作者にとって貴重なツールとなっています。

ラウドネス基準を満たすことで、オーディオをストリーミングや放送用に最適化し、オーディオのダイナミクスを維持することができます。

BUTE のラウドネスアナライザーは、開発元のSignum Audio社のラウドネスソリューションの中核であり、最新のラウドネス管理ソフトウェアです。

BUTE-Ifully Crafted

BUTE ラウドネスアナライザーは、オーディオファイルを正確かつカスタマイズ可能に読み取り、比類のないレベルの洞察力を提供するために開発されました。

さらに、自動再測定、カスタマイズ可能な警告、インタラクティブなナビゲーションの概要、ラウドネスに敏感なミキシングやマスターエンジニアのためのリロード可能なセッションデータなどの高度な機能も搭載しています。

よりスマートなミキシングとマスタリング

高精度のメータリング・アルゴリズムにより、あなたのオーディオがクライアントの配信仕様を満たし、あるべきサウンドを実現することを安心してお楽しみいただけます。

便利なワークフロー機能(機能タブで詳細をご覧いただけます)、メーターの読み取り、最新の放送・ストリーミング規格をプリセットとして搭載したラウドネスメーターは、ミキシングやマスタリングの旅をよりシンプルにしてくれます。

BUTE Loudness Analyzerに適した用途

ミキシングとマスタリング:

  • 一貫したマスターを作成する
  • 「レベルシフト」とダウンストリームクリッピングを回避する
  • オーディオ/音楽を正確に表現する
  • 動的コンテンツの測定と改善

ポストプロダクションと放送:

  • 広範囲に実装されたプリセットで目標レベルを簡単に達成
  • 規制へのコンプライアンスを保証および証明する
  • 対話、音楽、効果のバランスをとる
  • ライブブロードキャストおよびストリーミングレベルを正確かつ効率的に管理する
  • ストリーミングコンテンツのダイナミクスを最適化する

ゲーム用オーディオ:

  • 効果音と会話のバランスをとる

特徴

  • すっきりとした機能を備えたクリーンで包括的なユーザーインターフェイス
  • オーバーシュートをキャッチする統合されたTrue Peakブリックウォールリミッター
  • 有益なグラフ表示
  • 短期および瞬間的なラウドネス、真のピーク、および従来のRMSの読み取り値を簡単に切り替える
  • よりスマートなワークフローのために行った調整を反映するDAW同期と自動再測定
  • 最新のラウドネス規格と推奨事項に対応する幅広い内蔵プリセット
  • 履歴の概要とアラートにより、注意が必要な領域を簡単に確認してナビゲートできます
  • 独自のパラメーターを指定できるカスタムアラートシステム
  • 柔軟でスケーラブルなので、グラフまたは数値ビューを表示できます
  • 10時間以上のデータを処理できます
  • 再読み込み可能なセッションデータ
  • 計測データの保存、読み込み、エクスポート
  • WindowsおよびMacで利用可能
  • VST / VST3 / AU / AAX(Audio Suiteを含む)との互換性
  • Pro Tools 12.5以降

システム要求

  • オペレーティングシステム:Mac OSx 10.9 Lion以降/ Windows 7以降
  • フォーマット:VST / VST3 / AU / AAX(AudioSuiteを含む)
  • アーキテクチャ:Pro Tools 64ビットのみ、他のすべては32ビット/ 64ビット互換

メーカーページリンク:

Signum Audio
Pioneering audio software tuned to the industry.

musicradarのレビューリンク:

Signum Audio Bute Loudness Suite review
Scottish developer expands its loudness analyser

革新的で使いやすく強力なアナライザーとTrue Peakリミッター。

長所:

  • すばらしいメーターリング
  • 履歴ビュー機能が非常に便利
  • 幅広いスタンダードがサポートされています
  • 非常に透明

短所:

  • リミッターを切り替えると、履歴が消去されます
  • 再生中にリミッターをバイパスすることはできません

セール情報

BUTE Loudness Analyzerは、ステレオ版とサラウンド版があります。

*Stereo版の過去最安は今年春に付けた29ドル。Surround版の過去最安は今年春に付けた39ドルなので最安ではないですが、このサマーセールでどちらも半額まで下がってきています。

**セールは8月31日ごろまでの予定です。