【無料】Decomposer『Sitala』V2 ベータ版をリリース〔ドラムツール(サンプラー)〕

 

ドラムツール(サンプラー)のSitalaのV2 ベータ版がリリースされました。この製品はどなたでも無料で取得できます。

また面白いことに(あくまでもテスト版らしいですが)Linux版も用意されています。

スポンサーリンク

Sitala

以下は、V1の動画ですが参考にしてみてください。

 

Free VST – Decomposer Sitala – Drum Sample Player

 

Awesome FREE Drum Sampler Sitala

 

Sitalaは無料のドラムプラグインおよびスタンドアロンアプリです。

Sitalaの魅力はその美しさとシンプルさです。 そして、高速かつミ音楽的。

6つのノブ。16個のパッド。ドラッグアンドドロップ。 楽器のように演奏可能です。

 

Sitala Beta 2の新機能 — 2019年12月4日リリース:

 

ドラッグアンドドロップキット管理

簡単にサンプルを移動したり、パッドをコピーして交換したりできます

作成したものをユーザーキットライブラリに保存し、頻繁に使用するキットにすばやくアクセスします。

内蔵ファイルブラウザ

新しいファイルブラウザは、サウンドプレビューのドロップダウンから、またはパッドを右クリックして使用できます。

新しい808キット

ベルリンのトッププロデューサーの1人が808をサンプリングして、Sitalaの新しいデフォルトキットを作成しました。

 

これが無料は素晴らしい。。

 

Sitalaの機能

16の割り当て可能なパッド

ファクトリーキットまたは独自のサウンドを使用してください。各サンプルのダイナミクスとピッチが分析されるため、コントロールがより直感的で音楽的になります。

作成したキットをユーザーキットライブラリに保存できます。

サウンド管理のドラッグアンドドロップ

単一のサンプルまたはサンプルのグループをSitalaのパッドにドロップします。

フォルダー内のすべてのサンプルをプレビュー可能

矢印ボタンを使用して、現在のフォルダー内のすべてのサンプルを順に切り替えます。

Shape

全体の音量を一定に保ちながら、サウンドのアタック、長さ、サステインを調整します。

圧縮

サステインを増やしてサウンドをパンチの効いたものにします。自動ゲインメイクアップは、ダイナミクスを連鎖させながら全体の音量を維持します。

チューニング

現在の音が周波数スペクトルのどこにあるのかを正確に示しながら、ピッチは最大1オクターブ上下します。

トーン

音の高低を強調します。ミッドレンジを強調またはスクープして、サウンドをミックスに配置します。各サウンドのピッチコンテンツに基づいて適応します。

ボリューム/パン

サウンド全体の音量を調整し、ステレオミックスの左右のどちらかに配置します。

編集可能なMIDIマップ

MIDI Learnは、Sitalaの各パッドのトリガーと各コントロール値のマッピングをセットアップします。

デフォルトのマッピングは、クロマティックピッチ、白鍵、またはGeneral MIDIに提供されています。

VST、AudioUnit、およびスタンドアロン

最も人気のある2つのプラグイン形式で、またはスタンドアロンアプリケーションとして利用できます。

プラグインはステレオ出力またはパッドごとに1つのステレオ出力をサポートするため(16ステレオ出力の場合)。

 

Linuxパッケージに関する注意:

将来、他のLinuxディストリビューション用のパッケージをリリースする可能性がありますが、このパッケージはテストされており、Ubuntu LTSで動作することを意図しています。 他のディストリビューションの失敗を当社に報告しないでください。 それはまだ実験的と見なされており、macOSおよびWindowsパッケージと同じ一連のテストを実行していません。

 

コメント