シンセ:discoDSP『OB-XD 2.0』リリース(Oberheim OB-Xベースのシンセ。V2も無料で使えるっぽいです。)

discoDSPのOberheim OB-Xをベースにしたシンセサイザープラグイン『OB-XD』のバージョン2がリリースされました。

V2になりましたが、引き続き無料で使用できるようです。

discoDSPのホームページ上では49ドルの表示がありますが、製品の説明書きのところに小さく「無料で使用できるよ!」と書いてあります。

しかし、これが無料って。。

Mac・Windoows・Linux・スタンドアローンで使用できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

discoDSP『OB-XD 2.0』

紹介動画:(以下の2つ共にV1のデモ動画です。まだV2のデモ動画はないようです。。)

DiscoDSP OBXD その1〜基礎操作編〜|初心者でもわかる 操作方法 解説
Free Plugin Friday | DiscoDSP OB-Xd

OB-Xdについて

OB-XdはOberheim OB-Xをベースにしています。

OB-Xdは、オリジナルのサウンドと動作を再現しようとしています。

しかしながら、オリジナルはいくつかの重要な点で非常に制限されています。そのため、このシンセでには、オリジナルのデザインに多くのものを追加し、また変更したりしています。

OB-Xdは、オリジナルと同じくらい良く、豊かなサウンドを目指して設計されています。

OB-Xdは、そのサウンドの大きな部分を占めるマイクロランダムデチューンを実装しています。

概要

オリジナルの完全なコピーではありませんが、いくつかの機能はより良いものになっています。

連続ブレンド可能マルチモードフィルター(12 dBモードのHP-Notch(BP)-HPおよび24 dBモードの4-1ポール)。

また、OB-X世代の多くのシンセと同様に、OB-Xdには内部エフェクトがないため、コーラス、リバーブ、ディレイなどの追加処理を使用して、サウンドとテクスチャを大幅に強化できます。

オリジナルのOB-Xdを提供してくれた2Datさんと、この素晴らしい製品を継続する権利を与えてくれたSoshi Studioさんに感謝します。

また、素晴らしいスキンを作ってくれたKVRアーティストの皆さんにも感謝しています。

OB-Xdデスクトップには制限がなく、無料でご利用いただけます。

さらなる開発をサポートするために購入してください。ソースコードはGitHubでGPLライセンスで公開されています。

OB-Xd v2.0での変更点

  • 7倍高速なGUIコントロール。
  • Linuxビルド。
  • スタンドアロンアプリ。
  • 署名および公証されたインストーラー。
  • 安定性と互換性を高めるために、JUCEフレームワークを5.4.7に更新しました。
  • 2.0互換性を持つようにバンクを更新しました。
  • イルッカロスマダークテーマ。
  • MacOS Catalinaのサポート。
  • MIDI CCラーニング。
  • MIDI CCサポート。
  • パラメータのリファクタリング。
  • XMLベースのスキニングとHiDPI(Retina)対応のGUIテーマ。
  • Windows、Mac、Linux用のOB-Xd(VST / VST3 / AU /スタンドアロン)は、49米ドルのオプションの寄付で無料ダウンロードとして入手できます。