〔$69→$5〕Glitchmachine Polygonが93%OFF!(合成サンプラープラグイン)

  

Polygonは、エレクトロニックミュージックの制作と実験的なサウンドデザインを対象とした合成サンプラー・プラグイン。

  

93%OFFのセールになっています。

通常価格:69ドル → セール特価:5ドル

   

  

Polygon

Glitchmachines POLYGON – Sound Design Sampler – Intro Demo

    

一応「サンプラー」と呼んでいますが、その内実は変態サウンドメーカー「Glitchmachine」らしいノイジーなぶっ壊しエフェクター系統のプラグインです。

Glitchmachineは、コンポジット(合成)・サンプラーだと説明しています。

  

Polygonその斬新な特性と、素早く前向きなデザインで、Polygonはコンポジットサウンドエフェクトの作成を容易にするためにゼロから考案されました。

Polygonのクリーンで論理的なインターフェース、広範なモジュレーションオプション、独特の音のフィンガープリントは、クリエイティブなサウンドデザインに欠かせないツールです。

Polygonにはサンプルの大規模なライブラリが備わっています。

サウンドデザインを始めるための120のプリセットが付属しています。

さらに準備を整えたら、Glitchmachines社の専用パックからサンプルをロードして、Polygonのソニックパレットを劇的に増やすことができます。

もちろん、既存のサンプルをロードして、Polygonをニーズに合わせて完全にカスタマイズすることもできます。

 

Glitchmachines CATARACT – Walkthrough Video

 

Polygonの中心には、

グラニュラーモードと、フォーカスおよびループ範囲スライダーを備えたさまざまな再生およびループモードを備えた4つのSamplerモジュールがあります。

 

このモジュールは、8つのLFO、4つの可変スロープ付きモジュレーションエンベロープ、2つのマルチモードフィルタ、3つのエフェクトプロセッサ、サブオシレータ、およびさまざまなグローバルパラメータによってサポートされています。

Polygonのすべてのコンポーネントは、そのモジュレーションマトリックスと連携して動作するため、動的(ダイナミック)な結果を比較的簡単に実現できます。

  

サブオシレータは事実上Polygonの5番目のボイスです。

これは、Polygonの最終的な出力を、頻繁に必要とされるマスと低周波成分の影響で補強するために実装されました。

柔軟性を高めるために、このオシレータはパルス幅変調で正弦波モードと方形波モードのどちらでも動作可能です。

これらは、フィルタとエフェクトのルーティングオプションを提供し、変調マトリクスに完全に統合されています。

他のサンプラモジュールと同様に、必要に応じてサブオシレータを簡単に無効にすることができます。

 

  

特徴

  • 4モノラルサンプラーモジュール
  • グラニュラーモード
  • 4つのModエンベロープと8つのLFO
  • 3 FXプロセッサー
  • サブオシレータ
  • Mod Matrix&RND ISOスイート
  • 120種類以上のプリセットと1種類以上のGBのサンプル

     

Glitchmachines POLYGON – FREE Update Version 1.2

  

Glitchmachine Polygonのセールページ