【79ドル→29ドル】『Goliath』(3つのセクションで鮮やかな色合いを追加できるレトロテイスト・チャンネルストリップ)63%OFF

Tone Empireのレトロ系チャンネルストリップ『Goliath』が63%OFFになってます。

Goliathは、3つのセクションで鮮やかな色合いを追加できるサチュレーションプラグインです。

79ドル → 29ドル(63%OFF)

Goliathとは

Goliath – Retro Channel Strip plugin – Tone Empire

Goliathは複数の機能を搭載するチャンネルストリッププラグインです。

3つのセクションに別れています。

  • 「Tone Colors」と呼ばれるサチュレーションセクション

  • エンベロープのセクション

  • EQセクション

この3つのセクションを組み合わせて音作りをしていきます。

特に「Tone Colors」が特徴的で、

  • シルバー:Solid State

  • ゴールド:Tube

  • チタニウム:Tape

の3種類の個別のサチュレーションを選ぶことが可能。

Goliathの解説動画 :

Tone Empire Goliath Tutorial | Coloring Synths with Saturation
Goliath:三つの異なるテイストのサチュレーションを搭載

ゴールド」と「シルバー」は、クリーンなスタイルのサチュレーション。

チタニウム」は、オーディオにテープ・ハーモニックとパンチの効いたサチュレーションで味付け。

「ピークレベルを上昇させずに見かけ音量を大きくして、サウンドをミックスでカットスルーさせたり、暖かい輝きをサウンドに追加させることが出来ます。

これらの3つの非常に明確なフレーバーを加えて、「入力/ドライブ」コントロールと「ルーフ(天井)」のコントロール、トーンコントロールを与えることができます。

これらの機能で、狙ったスイートスポットと細部を調整しやすくなります。

システム要求

プラグイン形式:

  • Mac OSX – VST / AU / AAX(ラッパー付き)(64ビット/ 32ビット)

  • Windows – VST / AAX(ラッパー付き)(64ビット/ 32ビット)

Mac:

  • OSX 10.13以降
  • Intel i3
  • 2 GB RAM / 300 MB HD
  • 画面解像度:1024×768
  • VST2、AU、またはAAX(ラッパー付き)32ビットまたは64ビットホスト

Windows:

  • Windows 7以降
  • AMD Ryzenまたは同等のもの
  • 2 GB RAM / 300 MB HD
  • 画面解像度:1024×768
  • VST2、AU、またはAAX(ラッパー付き)32ビットまたは64ビットホスト