【 47,000円→10,870円】3つのYAMAHA製シンセエミュバンドル「Gospel Musicians Synth Bundle」77%OFF

よろしければシェアお願いします

かなり珍しいセール。VSTBUZZ経由で来ています。

Synth Bundle」のセール。

心の奥底を揺さぶる数々の音源を世に送り出している名デベロッパー「Gospel Musicians(米国)」のシンセ3本勝負。

みんな大好き!(私のようなおっさんはとくに大好き)な、往年のYamahaのシンセのエミュレーション(90年代)。

あの時、あの場所、あの場面のサウンドが鮮やかによみがえります。

  

  

『Gospel Musicians Synth Bundle』
Gospel Musiciansのシンセバンドルシリーズは、現代的な音楽制作にもしっかりフィットするように開発されています。(特に、Funk、Pop、RnB、Soulなどに。)

the BlueBeast – Yamaha EX5 Library for UVI Workstation

この「Synth Bundle」はその名の通り(Gospel Musicians社製の)シンセサイザーのバンドル製品です。

Synth Bundle」には、以下の3つの製品が収録されています。

3つの製品ともにYAMAHAのシンセサイザーをプラグインとして実現した製品群です。

  • Yamaha EX5
  • Yamaha SY99 / Yamaha TG77
  • Yamaha SY85 / Yamaha TG500

これらのシンセをプラグイン上に実現しています。

Yamaha SY99(1991年)

   

Yamaha SY85(1992年)

 

Yamaha EX5(1998年)

  

*シンセバンドルシリーズは、無料のUVI社製のプレーヤー『UVI Workstation』で使用できます。(Kontaktを所有していない方には特に便利です。)

  

 

元の価格:384ユーロ(約47,000

セール特価:89ユーロ(約10,870円)(77%OFF)

     

シンセは当分買わないつもりでいたのですが、流石にこれは我慢できない。。

  

The BlueBeast – Yamaha EX5 €139

TGX-99 :: Yamaha SY-99/SY-77 Virtual Instrument Library

YAMAHA EX5をプラグイン上で実現した『the BlueBeast』。

  BlueBeast® is a regisered trademark of Jamal Hartwell

実機のYAMAHA EX5はこんな感じです

⬇️

YAMAHA EX5 Demo & Review [English Captions]

  

というか、氏家さんのデモが素晴らしすぎる。。

 

Gospel Musicians社のThe BlueBeastの説明(意訳)

the BlueBeastは、Gospel MusiciansPure Synth Platinumと同様の素晴らしい構造と柔軟性を維持するために、Yamaha EX5でこれまでに作成された中で最も徹底的なバーチャルインストゥルメントエミュレーションとサンプルライブラリをプリセットしました。

生の波形とVLインストゥルメントへのフルアクセス、ならびにANシンセエンジンの完全なエミュレーションを可能にしています。

これらはサンプルではありません。

これはEX5AN1の完全シンセシス・エミュレーションです。

FFTとミップマッピング・シンセシスを使用して、AN1波形を補間しました。

(ヤマハの往年のシンセサイザー「AN1x」から愛されていたのと同じ)EdgeSync、およびFeedback機能を維持しながら、FFTおよびミップマッピングシンセシスを使用してAN1波形を補間しています。

したがって、あなたは、「Yamaha EX5」と「Yamaha AN1x」の2つのシンセが1つになったシンセを目の前にしています。

最後に、UVIの力と洗練されたシンセシスおよびサンプリング技術を通して、私達はEX5からのFDSPエンジンに求められている多くのものを実装することに成功しました。
Ring Modulator
やパルス幅モジュレーション、FULL FMシンセサイザー(FDSP Self-FMだけではありません)など。

追加ボーナスとして、私達は、人々がEX5について最も愛した「EX5のエレピのフルレンジ」を含めました。

BlueBeastでは、オリジナルのサウンドの85%近くを作成できるはずであり、多くの場合、高品質のエフェクトとUVIが提供するシンセシス技術により、より良いプリセットを作成できるようになります。

プリセットに関しては、オリジナルのハードウェアからの256のファクトリープリセットを収録しています。

あなたは、リアルハードウェアの古き良きノスタルジー・フィーリングをBlueBeastから感じることができるはずです。

  

 

参考記事:

(風流音色まねゑもん様)

 implant4さんで、ワークステーション機YAMAHA EX5を試奏させていただきました。チェック中の個体だったようなのですが、とにかく美品だったので...

(Studioきのんち様)

YAMAHAEX5です。1998年に発売された当時のヤマハハイエンドシンセで複数の音源システムを搭載したハイブリット音源を搭載してます。当時の希望小売価格が298,000円。近所のハードオ◯にシルバーバージョンのEX5Sも見つけたのですが60,000円とちと高いので見送りまして、オークションにてノーマルバージョンを35...

 

 

 

TGX-99 -Yamaha SY99 / TG77 €139

TGX-99 :: Yamaha SY-99/SY-77 Virtual Instrument Library

TGX-99」は、Yamaha SY99のエミュレーション。

 

  

実機のYamaha SY99はこんな感じです

⬇️

YAMAHA SY99 Demo&Review [English Captions]

 

 

Gospel Musicians社のTGX-99の説明(意訳)

TGX-99は、Pure Synth PlatinumプラットフォームをベースにしたヤマハのSY-99 / TG-77バーチャルインストゥルメントサンプルライブラリです。

PSPとしての驚くべき構造に合わせて、実際のハードウェアからの生のサンプル波形をすべて含めました。

波形と2つのフィルタ、1つのオシレーターに2つのLFOを組み合わせる4つのオシレーターが搭載されています。

ARPとゲートは、選択したテンプレートに応じて、グローバルまたはオシレーターごとのエフェクトと、グローバルおよびオシレーターごとのエフェクトがあります。

TGX-99は多くの点で実際のハードウェアのそれに匹敵します。(追加されたモジュレーションソース、エフェクトの数と質、そしてより大きなポリフォニーです。)

TGX-99の目的は、実際のハードウェアの感覚を実質的にあなたの手に委ねることです。

SY99はヤマハのキーボードのどれでも最も洗練されたそして高度なFMエンジン(AFMRCM)のうちの1つを含んでいたので、我々はこれを再現することができませんでした。

実際には誰もできません。

そこで、それを補正するために、サンプリング、シンセシス、そして洗練されたUVスクリプト技術を使って、実際のハードウェアからオリジナルの128のファクトリープリセットを再作成しました。

ハードウェアを所有するのに可能な限り最も現実的なエクスペリエンスを提供するために、ユニットの実際のリバーブをモデル化することさえできました。

ハイライト

  • 純粋なA / D変換のためにApogee Rosetta 200を使用して96kHz / 24ビットでサンプリング
  • iZotope MBIT + Advanced Ditheringを使用して44kHz / 16ビットにディザリン
  • FLAC Lossless圧縮を使用して、ストリーミング、ロード、およびRAMの最適化を高速化します。
  • 個々のドラムサウンドを除いた生の波形の完全なセットを含みます
  • ドラムキットのサウンドはプリセットパッチに含まれています
  • ハードウェアのリバーブユニットのモデル化されたインパルスレスポンス
  • ハードウェアのオリジナルの128の工場出荷時のプリセットと64Wave Romプリセットを含みます

Yamaha SY-99は今までで最も注目に値するシンセサイザーの1つでした。

それは1つの機械の中でシンセシスとサンプルを組み合わせる最初のシンセサイザーの一つでした。

SY-99は、DXシンセサイザーよりもさらに高度なFMシンセシス(AFM)、さらにヤマハがRCMと呼んだものを使用した本格的なDX7でした。

このシンセはEX5の前身でした。

SY99は実際にはすべてのFM DXシンセサイザーと完全に互換性があります。

そしてあなたがそれにサンプルの大規模な選択を追加するとき、あなたはいくつかの素晴らしいサウンドを作成することができます。

今日まで、SY99はこれまでで最高のサウンディングシンセの1つとして君臨しています。

信じられないほど表現力豊かなEPからディープムーグスタイルのベースサウンドまで、SY99はサウンドのスペクトル全体にわたって変化するサウンドの素晴らしい武器庫を持っています。

これはおそらくこれまでで最も愛されてきたシンセの1つであり、そして今、我々はコストのほんの一部のためにあなたにその歴史の一部をもたらすことができます。

   

参考記事:

Yamaha SY99(しゅーたのブログ様)

Yamaha TG77(キーボーディスト、脱初心者を目指す様)

 

 

TGX-85 – Yamaha SY85/TG500€121

TGX-85 – Yamaha SY85/TG500 VST Plugin Virtual Sound Library

  

Yamaha SY-85の実機

Yamaha SY85-(demo sounds)

   

  

Yamaha TG-500の実機

Yamaha TG500 demo

 

Gospel MusiciansSynth Bundle」のセールページ

Gospel Musiciansの音源は、サンプリングだけじゃなく、シンセな感触も大切にしているところが素晴らしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 「氏家プレーヤー」が欲しい より:

    「UVI Workstation」や「Kontakt」もいいけど、
    自分はプラグインで「氏家プレーヤー」が欲しいね~。

    暇なときにこれをオートプレイにしておくと
    パソコンに入れてる音源を、さも氏家さんが弾いてるように
    勝手に鳴らしてくれるプラグインです。

    氏家さんって新製品のプロモーションとかで
    興味深々に楽しそうに延々と弾きまくるよね~。
    →そんな感じの「氏家プレーヤー」です。www

    AIに学習させてMidiでプレイバックさせればすぐできそうな気がするけどなー。
    アレンジにマンネッタ時にもトラックにドロップすれば
    あーら不思議!氏家さんAIが永遠にアレンジし続けてくれます。www

    (おわび:本題から話が脱線してすいませんでした)

    • sawayaka trip より:

      「氏家プレーヤー」が欲しいさま、ありがとうございます。

      冗談抜きで、その製品渇望します。毎日ゴキゲンで音楽人生が送れるはず!