【12/11夕方まで】iZotope『Dialogue Match』リリース&イントロセールで最大50%OFF(最新ダイアログ用ポスプロダクションツール)

  

    

iZotopeからポストプロダクション系の新しい製品『Dialogue Match』がリリースされました。

 

異なる環境やマイクで録音された音源の音質をほぼ自動的にマッチさせるツールです。

(だだし、今のところはPro Tools11のみで使用が可能です。)

 

すでに国内海外の音楽業界大手のサイトなどでたくさん解説記事が出ているので、自分もゆっくり勉強中です。。

 

セール情報としては、イントロセールで最大50%OFFになっています。(11月12日の夕方までの短期セールです。)

 

*セール情報にすぐ飛びたい方はこちらをクリックすると移動できます。

 


           

以下に『Dialogue Match』の概要についてメモしておきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Dialogue Matchとは?

 

  

従来、さまざまな環境で録音された、またはさまざまなマイクを使用してキャプチャされたオーディオクリップを同じ雰囲気に一致させるプロセスには、数時間のEQ調整とリバーブを駆使した骨が折れる作業が必要でした。

 

iZotope『Dialogue Match』は、異なるオーディオファイル間で、リバーブ、EQ、アンビエンス(雰囲気)の状態(コンテンツ)を即座に学習して転送する機能を備えています。

そのため、シーン間の空間感と雰囲気を維持し、視聴者をその場に留めることができます。

   

 

Dialogue Match』の各機能 

 

EQ

   

Dialogue Matchは、iZotopeの強力なEQマッチングメカニズムを使用して、リファレンスファイルのスペクトルプロファイルの包括的なレプリカを作成します。

 

参照としてクリップを選択してから、ダイアログのトーン部分をすばやく一致させ、別のダイアログに適用します。

 

Dialogue Match EQモジュールには以下が含まれます。

  • 量:処理されたオーディオファイルのドライ/ウェット比を制御します
  • 音の柔軟性と汎用性を実現する最大8つの周波数帯域ノード
  • 各バンドノードの5つの形状:ベル、ハイパス、ハイシェルフ、ローパス、およびローシェルフ
  • 簡単なA-to-B比較のための各バンドノードの個別の有効化/バイパスコントロール

 

 

リバーブ

 

Dialogue Matchのリバーブモジュールは、『iZotope機械学習の最新の革新』と『Exponential Audio リバーブ』を組み合わせた業界初の製品です。

Dialogue Matchは、オーディオファイルの反射を分析することで、一致するリバーブプリセットを即座に生成し、両方のファイルを同じ仮想空間に配置します。

直感的なパラメーターコントロールを使用してリバーブを調整できます。

 

  • 独立したウェット/ドライコントロールでリバーブトーンのバランスを調整
  • Bypass:Reverbモジュールを有効または無効にします
  • Early Reflections:最初のリバーブ反射のレベル(ゲイン)と時間(長さ)を制御します
  • テール:リバーブテールのプリディレイ、レベル、アタック、および時間(長さ)を制御します
  • リバーブの種類:チャンバー、ホール、またはプレートの反射から選択して、プロジェクトに適したリバーブを調整します
  • 出力フィルター:リバーブ信号の高域および低域フィルタリングを提供します
  • 密度:リバーブをより正確に微調整できるように色付けします

  

 

Ambience(雰囲気)

  

Dialogue Matchは、iZotope社「RX」のアンビエンスマッチングテクノロジーの力を活用して、対話録音のより包括的なプロファイルをキャプチャおよび作成します。

2回の簡単なクリックで、任意の数のオーディオファイルで本物のノイズフロアパリティを実現します。

 

Dialogue Matchは、EQおよびリバーブデータに加えて、ファイルのアンビエンス(雰囲気の)データ(バックグラウンドノイズ)を学習することで、より詳細で包括的なプロファイルを作成し、ターゲットファイルにより正確かつ正確に適用できます。

スペクトログラムディスプレイとトリムスライダーを備えたAmbienceモジュールを使用すると、俳優のパフォーマンスにリアリズムの最終層をフォーカスして、比類のない深さと信頼性を実現できます。

 

 

『Dialogue Match』動画による解説

動画の方がわかりやすいかと思います。。

   

 

Dialogue Matchの紹介:iZotopeオーディオポストプロダクションプラグイン『Dialogue Match』(2分)

 

Introducing Dialogue Match | iZotope Audio Post Production Plug-in

     

Dialogue Matchは、3回クリックするだけで環境と空間の連続性をシーンに提供するPro Tools Audiosuite用の全く新しいプラグインです。

Dialogue Matchは、ダイアログオーディオファイルを分析し、ファイルの音響プロファイル(リバーブ、EQ、およびアンビエンスデータ)を学習し、そのプロファイルを別のダイアログに直接適用します。

ADRをプロダクションオーディオに、ブームマイクをlavオーディオに、ローカライズされたオーディオをプロダクションオーディオに数秒で一致させます。

  

  

  

  

  

  

Dialogue Matchを使用してADR(アテレコ)をプロダクションダイアログに一致させる方法(3分30秒)

 

How to Match ADR to Production Dialogue with Dialogue Match | iZotope Post Production

  

プロダクション・ダイアログのようにADR(アテレコ)のサウンドを作成することは、ダイアログエディターや再録音ミキサーの使い勝手が難しい課題です。

Pro Tools AudioSuiteプラグインのDialogue Matchを使用して、数回クリックするだけで、ブームやlavオーディオのようなドライADRサウンドを作成する方法を学びます。

      

       

 

  

  

Dialogue Matchの使用方法(7分27秒)

 

How to Use Dialogue Match | iZotope Audio Post Production Plug-in

   

Pro Tools AudioSuiteプラグインであるiZotopeのDialogue Matchは、シンプルなインターフェースから数回クリックするだけで、シーンの環境と空間の連続性を提供します。

Dialogue Matchワークフローを最適に構成する方法を学び、完全にサイズ変更可能なインターフェイスを見てみましょう。

     

      

 

   

Dialogue Matchを使用してダビングまたはローカライズのためにダイアログ一致を使用する方法(3分17秒)

 

How to Use Dialogue Match for Dubbing or Localization | iZotope Audio Post Production

    

作品が他の言語に「吹き替え」られると、元の作品の世界で視聴者を維持することが難しくなる可能性があります。

新しい音声の才能は、異なる言語とまったく異なる録音環境でラインを演奏する必要があります。これにより、ローカライズされた台詞が映画用に録音されていないように聞こえます。

 

このビデオでは、Pro Tools AudioSuiteプラグインであるDialogue Matchを使用して制作ダイアログに一致させることで、ローカライズされたドライADRサウンドを可能な限りオリジナルの制作の世界の一部にする方法について説明します。

  

  

  

  

Dialogue MatchでブームとLavalierオーディオを一致させる方法(3分30秒)

 

How to Match Boom and Lavalier Audio with Dialogue Match | iZotope Audio Post Production

  

ラベリアマイクからキャプチャされたダイアログは、ブームマイクの録音よりもわかりやすいことがよくありますが、パフォーマンスが録音された環境の空間的な感覚が欠けている場合があります。

(Pro Tools AudioSuiteプラグインである)Dialogue Matchを使用して、ブームトラックの雰囲気をラベリアレコーディングに適用する方法を学びます。

ラベリアトラックの明瞭さを損なうことなく次元を追加することは、かつてないほど容易になりました。

   

    

     

Dialogue Matchの特徴

 

 

シーンに合わせたダイアログトラックのカスタマイズ

Dialogue Matchは、ダイアローグ(対話)のレコーディングのリバーブ、EQ、アンビエンスデータを学習します。

その後、プロファイルを他のダイアログ録音に適用して、複数の環境にわたってシーンの音声の一貫性を確保できます。

   

  

グローバル機能

  • 各モジュールの高度な制御とバイパス制御
  • 完全にサイズ変更可能なUI
  • グローバルスナップショットとリファレンスプロファイルの保存と読み込み
  • 参照および適用プロファイルのスペクトル表示

  

リバーブモジュール

  • ウェット/ドライコントロール
  • 初期反射レベル
  • アーリーリフレクションズタイム
  • テールアタック
  • テールレベル
  • テールプリディレイ
  • テールタイム
  • チェンバーリバーブ
  • ホールリバーブ
  • プレートリバーブ
  • 出力フィルター
  • 密度制御

  

EQ モジュール

  • ドライ/ウェットコントロール
  • EQノード
  • ベルノード形状
  • ハイパスノードの形状
  • ハイシェルフノードシェイプ
  • ローパスノードの形状
  • Low Shelf Node Shape

  

Ambienceモジュール

  • トリム
  • スペクトログラム表示

 

 

『Dialogue Match』ストーリー

2019年、iZotopeはリバーブプラグインのExponential Audio製品ラインをオーディオソフトウェアのコレクションに追加しました。

Exponential Audioの創設者であり、有名なリバーブの専門家であるMichael Carnesと協力して、iZotopeは、さまざまなマイクやさまざまなスペースでキャプチャされた場合でも、複数の対話録音を1つのシーンに合わせるという頭痛の種を解決するために新たな開発に着手しました。

 

 

Dialogue Matchは、まったく新しいリバーブマッチングテクノロジーを導入するだけではありません。

izotopeのEQとアンビエンスマッチング技術と、Exponential Audioリバーブの優れたエンジニアリングおよび音質を組み合わせています。

その結果、ある録音から環境プロファイルを抽出し、Exponential Audioリバーブエンジンを使用して別の録音に直接適用するツールが作成され、面倒なオーディオ編集の時間が数秒に短縮できるようになっています。

 

 

Dialogue Matchは、iZotope / Exponential Audioコラボレーションを通じて実現可能な最初の例にすぎません。

iZotopeは、Michael Carnesがデジタルオーディオプロダクションの限界を押し上げることに専念するiZotopeチームの一員として、音楽やポストプロダクションのためのさらに強力で刺激的なソフトウェアイノベーションを提供する態勢を整えています。

 

 

  

Dialogue Matchの仕組み

  1. Dialogue Matchが「参照ファイル(音声ソース)」のプロファイルをキャプチャします
  2. 編集が必要なファイルのプロファイルをキャプチャします
  3. エフェクト設定を微調整してレンダリングします

 

 

 

  

なぜ『Dialogue Match』が必要なのか?

 

Dialogue Matchは、ラべリアマイク(小型のピンマイク)のサウンドをブーム(スタンドマイク)のサウンドにすばやく一致させることができます。

 

音質に妥協することなく、ラベリアの明瞭さに、ブームマイクのスペースと雰囲気を加えます。

 

 

Dialogue Matchが、ADR(アフレコ)を自動的に取得してミックスに配置する

スタジオで録音されたダイアログのパフォーマンスは、制作に合わせてオンロケーションサウンドを即座に再生できるようになりました。

 

 

ローカライズされたオーディオをプロダクションに一致させる

ローカリゼーションプロジェクトを迅速に完了するために、元の会話の音響プロファイルを外国語の吹き替えに適用します。

 

       

     

システム要求

 

オペレーティングシステム:

  • Mac: OS X 10.9.5 Mavericks–macOS 10.14 Mojave
  • PC:Windows–Windows10

 

注: Dialogue MatchはまだMacOSのCatalinaをサポートしていません。

iZotopeは、近い将来この製品をサポートする予定です。macOS 10.15 Catalinaの互換性テストが進行中です。現在のところ、iZotopeは、サポートの適格性を維持するために、ユーザーがアップデートを控えることを推奨しています。

  

プラグイン形式:

  • AAX AudioSuite *(64ビット)のみ

サポートされているホスト:

  • Pro Tools 11.x以降*

重要な注意: Dialogue Matchは、オフライン処理用の現在のバージョンのPro ToolsのAudioSuiteとしてのみ使用できます。現在、Media Composer、またはPro Tools 11以降以外のホストアプリケーションでの使用はサポートされていません。

     

   

iZotope本家サイトの『Dialogue Match』のページ(英文)

Dialogue Match Overview | Instant dialogue cohesiveness
The next revolution in dialogue mixing has arrived. Give your scenes environmental and spatial continuity in seconds with Dialogue Match.

 

 

 

『Dialogue Match』とクロスグレードセールの概要

 

 

特別割引になるクロスグレードには以下の製品から可能です。

各クロスグレード権がある製品は割引率に違いがあります。

クロスグレード後も、クロスグレード元のご所有の製品は継続して使用できます。

 

 

  1. 『RX 1~7 Standard版』からの『Dialogue Match』へのクロスグレード
  2. 『RX 1~7 Advanced版』からの『Dialogue Match』へのクロスグレード
  3. 『RX Post Production Suite 1、2、または3』からの『Dialogue Match』へのクロスグレード
  4. 任意のiZotope製品(StandardとAdvanced)からの『Dialogue Match』へのクロスグレード
  5. 任意の『Exponential Audio Surround Reverb』からの『Dialogue Match』への」クロスグレード  (PhoenixVerb Surround, R2 Surround, Stratus, Stratus 3D, Symphony and Symphony 3Dを含む)

       

      

    


  

の3つは50%OFFです。

    

例えば、Exponential Audioのサラウンド系リバーブ製品(Surround Reverb)を(なんでも良いので)持っている方は、50%OFFで『Dialogue Match』が手に入ります。(今回は、これが一番割引率が高い。)

  

 

4番の『任意のiZotope製品(Standard や Advanced)からの『Dialogue Match』へのクロスグレード

これは対象になる方が多いと思います。iZotopeのStandard版製品やAdvanced版製品の何がかしらを持っていればクロスグレード権が発生します。ただし10%OFF。。