iZotope『Insight 2』最適なミキシングの助けになるインテリジェントなオーディオ分析プラグイン(最新メーター&アナライザー)

iZotope社のオーディオ分析総合ツール(最新メーター&アナライザー)プラグイン『Insight 2』が過去最安値タイの80%OFFのセールになっています。

高性能なメーター&アナライザーは、ミキシング・マスタリングを行う方には必須のツール。

まだコレといったツールを持っていない方やこの分野の最先端な機能を導入してみたい方は、このセールの機会にチェックしてみると良いでしょう。

2021年7月23日:短期セールです。

(去年の年末に付けた過去最安値が復活しています。)

通常価格:199ドル → セール特価:39ドル(80%OFF)

*セールは8月2日(月曜日)18時頃まで。

スポンサーリンク

Insight 2:音楽制作とポストプロダクションのためのインテリジェント・メータリング

Insight 2は、ポストプロダクション・スタジオ、ミュージック・スタジオで使用できる総合的なメータリングとオーディオ分析のプラグインです。

ミキシングやマスタリング中の変更点の視覚化、問題のあるミックスのトラブルシューティング、ダイアログの明瞭度のモニタリング、放送のラウドネス基準へのコンプライアンスの確認に最適です。

このInsight 2では、リアルタイムのビジュアルモニタリングと色分けされたアラートにより、ミックスの潜在的な問題を即座に検出することができます。

見たいメーターを選択したり、お好みのターゲットを設定したり、現在のワークフローに合わせてウィンドウのサイズを変更したりして、表示をカスタマイズできます。

また、DAW内のあらゆるオーディオトラックをInsight 2にルーティングして、ラウドネス、レベル、明瞭度、位相、周波数の内容などを素早くチェックすることもできます。

ポストプロダクションや音楽制作の各段階に合わせたレイアウトとターゲットが用意されているので、最初から最適なミックスを作成することができます。

最高の精度でオーディオをモニタリングすることで、オーディオのミキシングとマスタリングの時間とコストを節約できます。

Insight 2で常にミックスに目と耳を配りましょう。

(Insight 2はNetflixのラウドネス仕様に対応しました。)

解説動画

iZotopeによる紹介動画 全3巻(日本語):

【Insight 2】ミックス、マスタリングに必要な情報を視覚化する「Insight 2」の使い方(1/3)
【Insight 2】ミックス、マスタリングに必要な情報を視覚化する「Insight 2」の使い方(2/3)
【Insight 2】ミックス、マスタリングに必要な情報を視覚化する「Insight 2」の使い方(3/3)

ilodolly from Merry bad endingさまの日本語による紹介動画(9分50秒):

【プラグインレビュー】iZotope "Insight2" をざっくりレビューしました

包括的な紹介動画(9分・英語ですが日本語自動字幕の使用が可能です):

iZotope Insight 2 Overview

iZotope『Insight 2』の詳細

あらゆるミックスで使用できるオーディオ可視化ツール『Insight 2』

Insightのは、どのようなセッションにもフィットするようにカスタマイズ可能な「メーター類のセット」が装備されています。

このメーター類で、ラウドネス、明瞭度、スペクトル・バランスなど、ミックスのあらゆる側面について貴重な視点を得ることができます。

放送コンプライアンスのためのラウドネスの測定、映画のクリアなダイアログの確保、複雑な7.1.2 Dolby Atmosセッションの管理など、Insight 2はその仕事に適したメータリングツールとして機能します。

ダイアログ(会話)を明瞭に聴かせるために

Insightを活用して、ダイアログ(会話)が混ざり合って失われないようにしましょう。

Insight 2 に備わる新しい「Intelligibility Meter」は、会話レベルの設定から当て推量を排除し、聴衆がリスニング環境に関係なく、会話をどのように体験するかをより明確に示します。

会話が十分に明確であることを確認する視覚的なベンチマークを使用し長ら、自信を持ってミックスすることができます。

音楽制作やポストプロダクションに最適

  • 見た目をリニューアル

  • V1からより使いやすいように再設計されました

  • 現在のラウドネスの基準を装備

  • Dolby Atmos 7.1.2までのマルチチャンネルをサポート

  • Intelligibility Meterを使用して、ミックス中のダイアログがクリアであることを確認します。

  • メーターとウィンドウのサイズを小さくしたり大きくしたりすることができます。

  • レベルメーターには色付きの警告を装備

  • iZotope Relayとのプラグイン間通信を拡張

V2からの新しいスタイル

更新されたルック&フィール

Insight 2は、他のiZotopeファミリーに合わせてデザインを一新しました。最も重要なターゲットが強調され、Insight 2が一目で見やすくなりました。

ウインドウのサイズ変更可能

2つのメーターフレームの間をクリックしてドラッグすることで、メインウィンドウの個々のメーターのサイズを簡単に変更することができます。

さらに、メイン・ウィンドウのサイズを最小のメーターと同じくらいに変更できるようになりました。

レイアウトのカスタマイズ

Insight 2はカスタマイズ可能で柔軟性に富んでいるので、完璧なセットアップが可能です。

お好きなメーターを表示したり、サイズを変更したり、特定のポストや音楽制作の設定のためにデザインされた多くのレイアウトの中から1つを選択することができます。

新機能

新機能のIntelligibility Meter(明瞭度メーター)について

ダイアログレベルの設定は、主観的で状況に応じたものになります。しかしこれではいけません。

Insight 2の「Intelligibility Meter」を活用すれば、ダイアログレベルの設定から推測を外し、オーディエンスがどのようにダイアログを体験するかを明確に把握することができます。

iZotope独自の強力なDSPを使用して、ミックス内のレベルがダイアログを明確に聞き取れない場合に判断します。

Insight 2に新たに追加されたこの「Intelligibility Meter」は、ダイアログが他のミックスのラウドネスによって影になっているかどうかを判断するガイダンスを提供します。

iZotope Relayやその他の互換性のあるプラグインを使用して、ダイアログトラックから情報を取得し、ミックスの他の部分と比較してダイアログの位置を最適化します。

低ノイズから高ノイズまで、さまざまなターゲットとなるリスニング環境を選択して、そのような空間のリスナーに対してダイアログの明瞭度がどのように保たれているかを確認することができます。

これで、どのような音源でもダイアログトラックの音量とクリアさを簡単に確認できるようになりました。

マルチチャンネル対応

Dolby Atmos 7.1.2までのサラウンドサウンドでオーディオを分析します。

現在のラウンドネス基準に合わせて配信できます

EBU R128、BS.1770-1、BS.1770-2/3/4、ATSC A/85、OP-59などのラウドネス目標を設定します。

サウンドフィールド

ステレオまたはサラウンドでのオーディオのチャンネルの広がりを分析します。

スペクトグラム

Spectrogramでは、オーディオを3Dの地形的な平面上に表示することができます。

カスタムUI

任意のメーターを表示したり、サイズを変更したりして、自分だけのワークスペースを作成します。

iZotope Relay:セッションを超えたコミュニケーション

任意のトラックやバスのオーディオをRelayを使ってInsight 2にルーティングし、詳細な分析を実行できます。

どのプラグインを使用しても柔軟性があり、革新的な新しいツールのメリットをミックス全体で享受することができます。

同梱のiZotope Relayプラグインを使えば、ミックス全体に対してトラックがどのようにスタックしているかを明確に把握することができます。

Relayプラグインが接続されているチャンネルは、Intelligibility MeterとInsight 2のSpectrogramで表示されるので、ミックスの残りの部分とトラックを視覚的に比較することができます。

Relayは、iZotopeのVisual Mixerプラグインとも互換性があり、トラックのレベル、パン、幅をビジュアルな空間で調整することができます。

重要:Visual MixerはNeutron 2 Advancedでは別売りで、Insightには含まれていません。

Relayの機能

  • 互換性のあるiZotope製品(インテリジェントメーター、トーンバランスコントロール、マスキングメーター、Visual Mixerなど)とのプラグイン間通信

  • ディレイ・オフセット:マルチマイク・ソースを調整し、トラックの位相の問題を修正します。

  • フェーズインバート:ミックス内のトラックの位相を素早く比較・対比

  • Sum to Mono:ステレオオーディオデータを試聴して、それがどのようにモノラル・リスニング・フォーマットに変換されるかを確認します。

  • チャンネルを入れ替えます:任意のステレオトラックの左右のチャンネルを切り替えて、ステレオイメージを試聴したり、バランスの問題をチェックしたりすることができます。

  • ハイパス・フィルター:Relayのシンプルなハイパスフィルターを使って、トラックのサブ周波数コンテンツをクリーンアップしてコントロール

Meters in Insight 2

画面上部のメーター選択ボタンでメーターを簡単に表示または非表示にできます。

Insight 2には、以下のメーターが含まれています。

  • ラウドネス
  • レベル
  • 音場
  • ヒストリー
  • 明瞭度
  • スペクトル
  • スペクトログラム

システム要件

オペレーティングシステム:

Mac. OS X 10.8.5 (Mountain Lion) Pro Tools 10のみ、OS X 10.9.5 (Mavericks) – macOS 10.15 (64ビットのみ)
Windows:Windows 7 – 10

プラグインのフォーマット:

AU、AAX、AAX-AS RTAS、DPM-AS、VST2、VST3

サポートされているホスト:

Ableton Live 9 – 10、Cubase 9.5、Digital Performer 9、FL Studio 12、Logic Pro X、Nuendo 8、Pro Tools 10 – 12、Reaper 5、Reason 10、Studio One 3 – 4

セール情報

通常価格:199ドル

セール特価:39ドル(80%OFF)最安タイ

*上記の製品を購入時に、iZotopeのリバーブ製品(99ドル)が無料でプレゼントされます(7月いっぱい有効):

主なセール価格の推移:

  • 2020年2月:199ドル→43ドル
  • 2020年12月199ドル→39ドル