iZotope / Exponential Audio『R4』(用途の広いリバーブ・プラグイン)*299ドル→39ドル

iZotope(Exponential Audio)の最高級ステレオリバーブ・プラグイン『R4』。広範囲な領域をカバーする(汎用性の高い)フル装備のステレオリバーブプラグインです。

*セールは2021年 5月14日(金曜日夕方)まで。

スポンサーリンク

R4:強力な操作性能を備えたステレオリバーブ

R4の解説動画(日本語):

【R4チュートリアル】個性豊かな響きを生み出す軽量多機能リバーブ「R4」の使い方

iZotope R4とは

音楽に個性と深みを加える最上級なリバーブ『R4』

R4は、元々はリバーブの王様「Exponential Audio」が開発していたクラシカルな暖かさで定評のあるリバーブハードウェアユニットを備える最上級のリバーブプラグインです。

(Exponential AudioはiZotopeの傘下になっています。)

クリエイティブコントロールとCPU効率の高いアルゴリズムリバーブが特徴で、明快さを損なうことなくミックスをリバーブを加えることができます。

歴史的なハードウェア・リバーブ・ユニットのすべてのクラスを備えているだけではなく、現代のプラグイン開発技術でしか実現できない多くの新機能を搭載した強力なリバーブプラグインです。

デモ動画:

Meet R4: Reverb Royalty from Exponential Audio
Review – R4 Reverb Plug-in By Exponential Audio
Exponential Audio – R4 – Mixing With Mike Plugin of the Week

R4の概要

パワフルなコントロールを備えた豊かなステレオリバーブ

R4は、伝統的なリバーブ・ハードウェア・ユニットの歴史的な暖かさに加え、創造的なコントロールの幅を広げました。

明瞭さを損なうことなくミックスを彩るリバーブで、音楽に個性と深みを加えましょう。

あまり伝統的ではないプロジェクトでは、WarpやFreezeなどのクリエイティブなエフェクトを使用して、認識できないほどの反射を混乱させたり、聴衆を驚かせるような捻じれた時間エフェクトを作成したりすることができます。

ヴィンテージリバーブとコンテンポラリーなデザイン

何十年もの間、オーディオ・エンジニアはリバーブ・ハードウェア・ユニットの暖かさと色を頼りに、ミックスに生命力と充実感を与えてきました。

R4は、ビンテージ・ハードウェアの古典的な反射を、現代のDSPテクノロジーのコントロールと多様性で実現しています。

包括的なパラメーター・ツールセットと現代的なクリエイティブ・エフェクトを備えたR4は、試行錯誤されたリバーブ・トーンに新たな一歩を踏み出しました。

クラシックなリバーブと現代のテクノロジーの融合

R4は更新されたR2アルゴリズムを使用して、ビンテージリバーブハードウェアの特徴をDAWにもたらし、レトロなトーンとモダンなフィルタリングとゲインコントロールを組み合わせて、ビンテージリバーブの経験を更新します。

Freezeで時間と空間を止める

また、Warpモジュールのオーバードライブとコンプレッションと組み合わせることで、ドラマチックなサスティーンリバーブ・ドローンや映画のようなランプ・エフェクトを作ることができます。

リバーブをもう少し音楽的に

R4は、セッションのテンポに同期する機能を備えています。

また、R4のグローバル・プリディレイ、リバーブ・ディレイ、ダイナミック・テール・サプレッションは、音楽とシームレスに統合され、リバーブをグルーブの中に配置して、あらゆる音楽のコンテキストでバランスのとれたミックスを実現します。

主な特徴

  • 豊かなステレオリバーブアルゴリズム

  • コンプレッションとオーバードライブによるワープコントロール

  • Freezeでアンビエントなドローンとテクスチャを作成

  • テンポによって調整可能なプリディレイとリバーブ・ディレイ

  • コーラスとゲートモジュールで音楽的な効果が得られます

  • 5つのアーリー・リフレクション・パターンとホール・アルゴリズムを追加

  • ダイナミックなテールサプレッションにより、ミックスの大きな部分のリバーブを下げることができます

  • 1,200以上のプリセット(ルーム、プレート、ホール、チャンバーなど)

  • ユーロコントロールのサポート

音楽制作情報サイトSoundonsoundさまのレビュー記事リンク:

https://www.soundonsound.com/reviews/exponential-audio-r4

リバーブを、アコースティックな空間の現実的な再現ではなく、主にミックスのサウンドを良くするためのツールと考える場合、R4はあなたが待ち望んでいたプラグインなるでしょう。

長所:

  • ヴィンテージ・デジタル」を意図的に取り入れた、パワフルで多彩なアルゴリズム・リバーブ。
  • パワフルなモジュレーション、サチュレーション、ゲーティング、ダッキング機能により、R4は従来のリバーブでは不可能だったものをはるかに超えたものになっています。
  • 最も過激な設定でもミックスでうまく機能する傾向がある。

欠点:

しかし、一方でもしあなたがクリアで自然なバーチャル空間を好むならば、Exponential社のNimbusの方が適しているでしょう。

Nimbusの詳細

音楽制作情報サイトPro tools Expertさまのレビュー記事リンク:

https://www.pro-tools-expert.com/logic-pro-expert/logic-pro-blog/2017/03/10/review-exponential-audio-r4.html

Exponential Audio R4は、他の3つのプラグインに散りばめられたExponential Audioの全ての賢さの集大成だと思います。R4は、他の3つのプラグインと合わせて、ほぼすべての機能に加えて、さらに多くの機能を備えています。

R4には1200以上のプリセットが用意されており、最終的なサウンドの95%を実現してくれます。インターフェイスの中央にあるシンプルで基本的なコントロールを調整すれば完了です。最小限の手間で、ワールドクラスの素晴らしいリバーブを実現しました。

フリーズ機能、テールサプレッション、アーリーリフレクションとテールセクションのための独立した幅のコントロール、高度なモジュレーション機能は、価格に見合った価値があると思います。

もしあなたがこのブランドを初めて使うのであれば、R4は他の4つのExponential Audio製品の中で最初に選ぶモデルとして最適です。

この製品は、他のリバーブと同じ機能をすべて備えていますが、それ以上の機能も備えています。Exponential Audioのリバーブは、フル装備のキャデラックを運転しているような気分になります。リバーブに興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

システム要件

オペレーティングシステム

  • Mac:OS X 10.8 – macOS 10.15
  • Windows:Win 7 – Win 10

ハードウェア要件

  • CPU:2GHz以上のマルチコアプロセッサ
  • RAM:2GB以上
  • 表示:1024×768以上

プラグインのフォーマット

  • AAX、AU、VST、VST3(全フォーマット64ビットのみ

チャンネルフォーマット

  • モノラル
  • ステレオ

認証方法

  • iLokライセンスマネージャが必要
  • iLok2、iLok3、またはiLokマシンライセンス

重要な注意事項

  • Exponential Audio製品はiZotopeの製品ポータルではご利用いただけません。
  • Exponential Audio製品1ライセンスにつき1台のiLokコンピュータのアクティベーションが提供されます。

メーカーページリンク:

https://www.izotope.com/en/shop/exponential-audio-r4.html

参考記事リンク:

https://www.izotope.com/en/learn/learning-exponential-audio-plug-ins-for-music-production-through-presets.html

セール情報

通常価格:299ドル

セール特価:39ドル

2021年2月:299ドル→29ドル